玩具屋カイくんの販売日誌(268)  謎の会社って?

投稿日:2016/02/21 21:14:54 | 文字数:835文字 | 閲覧数:65 | カテゴリ:小説

ライセンス:

レイムさんの話が深まってきました。彼女の知っていることは...?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

人の心を見透かすように話すレイムさん。
ミクさんは、少々面食らいながらも、思わず話にのめり込んで行った。

「事件が起こりそう、って...。いま、どんな感じなんですか」
問いかけるレイムさんに、説明するミクさん。

以前から、“勝手にしゃべりだす”とか、不思議なうわさがあった人形、“はっちゅーね”。
今回も、勝手に話し出して、しかもその妙な感じが...
「嫌な予感がするんです」
ミクさんは、おずおずと言った。

「そして、ふとここの“ニコビレ”の方々の事、思い出したんです」
2人の顔を見つけて続ける。


●そんな“変”な会社なの?

「あの、いつか、言われたんです。“月光企画”のことで、気になることがあったら、ここの人に聞くといいよ、って」
「誰に?」
問う紙魚子さんに、ミクさんは答えた。
「その、コヨミさんに、です」

「そう。コヨミさんにね。うん。そのアドバイスは、間違ってないと思うわ」
張り切るように、答えたのはレイムさんだ。

「月光企画。恐ろしくて、忌まわしい奴ら」
そう言い放つ彼女に、ミクさんはとまどった。

「あの...。あの会社って、そんな“変”な会社なの?」

「忌まわしい、ってのはちょっと言い過ぎよ。レイムちゃん」
いさめるように、苦笑いしながら紙魚子さんが、口をはさむ。
「あんたは、ヒドイ目にあってるからね、あそこに」


●すごい存在がいるの

レイムさんは、ちょっと落ち着いて、そしてまた続けた。
「ミクさん。あの会社と、仕事の話をされたんでしょう」
「ええ」
「その時、誰と会われたのかな?」

彼女は答えた。
「月光企画の社長の、オサカモトさんという、女性に」
「他には?」
「商品担当の、ベニスズメさんという女性、かな」
「それだけ?」
「ええ、たしか」

レイムさんは、ニヤッとして、人差し指を立てた。
「そのうしろに、いるのよ」
「うしろに?誰が?」

「ツクヨミさん、っていう、すごい存在がいるの」(-""-;)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP