【勝手小説】ママがサンタを殴った【クリスマス企画(もどき)】

投稿日:2010/12/24 23:26:48 | 文字数:730文字 | 閲覧数:210 | カテゴリ:小説

ライセンス:

クリスマス・イヴだからとやってみた。
この物語がフィクションでありますように。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あてんしょん!!
これはほぼ日P様の「ママがサンタを殴った」を勝手に小説化したものです。
苦手な方はUターン推奨です。



ある年の、クリスマス・イヴのこと。
「―――! ――――!」
「・・・―――。 ――――・・・」
私がふと目を覚ますと、ダイニングから誰かの言い争う声がした。
気になってダイニングを覗き込むと、ママと誰かが言い争っていた。
「サンタ、さん・・・?」
ママと言い争う相手。それは、赤い服を着たサンタクロースだった。
立ち入れないその雰囲気に、私はそれをただ物陰から覗くだけだった。
サンタさんは床に正座して、ママに必死に謝っていた。煙突はないからと変なところから入ってきて、ほとんどお家に帰ってこないパパの代わりに怒られているんだろう。
サンタさんが顔を上げたその瞬間、ママの平手が飛んできた。

慌てて部屋に逃げ帰った私は、ベッドの中で泣いていた。たった今見た光景を思い出すだけで身体が振るえるのは、きっと寒いだけじゃない。
いつものママじゃないママが怖かった。
それに、ママがサンタさんと喧嘩したらプレゼントが貰えないかもしれない。それも怖かった。
本当は違う言い方をするかもしれないけど、とにかく怖かった。
今年はリリちゃん人形のお家をお願いしたのに。
お布団をしっかり被って目を閉じると、やがて眠気が私を包んだ。



クリスマスの朝。目を明けてみると、枕元にはプレゼントがあった。中身は、お願いしたリリちゃん人形のお家。
だけど、その日から我が家には、パパの姿が消えていた。ママに聞いてみても、何も教えてくれなかった。

クリスマス・イヴの夜に、ママがサンタを殴っていた。
ちょうどそれは、私がパパを最後に見た日のこと。

最近歌詞も書くようになったので、小説書きというより文字書きですw
誕生日を記念して雪歌ユフさんをお迎えしました!
全然使えてませんが、いつかユフさん曲を作ってあげたいです。
そしてゆくゆくは鏡音をお迎えするのです。
気が向いたら作品も見ていってくださると嬉しいですoyz
メッセとかブクマとかくれると狂喜しますw

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    ちょっと、「なにこれ泣ける」タグつけてくれたの誰ですか?
    初めてタグいじりされた!
    なんか嬉しいです!
    ありがとうございます!

    2010/12/25 19:38:39 From  零奈@受験生につき更新低下・・・

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP