リウハ(和みP)さん

カイトマスターです。リンレンマスターです。メイコマスターです。

リウハ(和みP)さん

リウハ(和みP)さん

riu89ma

カイトマスターです。リンレンマスターです。メイコマスターです。
リンレン動画が一番の伸びを見せている事について、年長組はやはり実力不足なのかと泣きそうになっている。

どっかの笑顔動画で和みPとか呼んでいただきました。カバーばっかり。
カバーの動画に使うためにカイトの画像ばっかり探してる人です。
しかし最近何故か、カイトの絵がネタばかりでw
絵師様もっとこう、…まともな兄さんを(笑)

勢い余ってKAITO購入。ニコからは297人目のマスター。
勢い余ってリンレン購入。何人目だろう……?ニコからじゃあないんですよね。
リンレンを追い抜いたカイトに爆笑。
メイコも勢い余った。どうしてくれる。

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(26)

  • ふわふわシナモン
  • bskt
  • 初香
  • せん子
  • もうり
  • ぐろーず
  • XPING
  • 采
  • ぴょん仔
  • うむ
  • sakurai
  • hal

フォロワー(8)

  • 謝音光雲shon_terumo
  • 縄文杉
  • kana3
  • チューハイP
  • yui_hatou
  • 翼翠
  • rimushi
  • 募集スレまとめ管理者

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

【小説】奏でるのは、この世界がまだ瓦礫と化す前の歌。 02【MEIKO】

 キュイン、キュインと稼働音が響いている。彼女はその音に優しげな笑みを浮かべながら、ゆっくりと口を開いた。  この世界に響いていくのは、歌声だけだった。音と重なり、メロディに乗せられた言葉は、歌詞となって波の形で広がっていく。良く通る彼女の透きとおった力強い声は、響くギターとドラムの音に見事に合っていた。  間奏になれば、彼女は止まる。歌詞が始まるのを待つかのように、曲を慈しむかのように目を閉じる。茶色いショートカットの頭の上に乗った動き回るスピーカーがぱかぱかと耳のような蓋のような何かを開閉しながら音に合わせてくるくると回った。  ギターの音に合わせたかのように彼女の瞳がかっと見開かれ、力強い歌声が飛び出した。荒れ果てたこの世界のどこかの誰かへと届く様に願っているかのような歌声に、頭の上の小さな楕円形のスピーカーは激しく回転を繰り返した。  フェードアウトで曲が終わると、彼女はゆっくりその場に座りこんだ。歩を進める事は出来ずとも、その場である程度の行動は行える。喉を定期的に休ませなければいくら歌うための存在だからとはいえ、声が出なくなってしまうのを彼女はいつの間にか知っていた。初期プログラムに搭載されていたとしか思えないような、本能のような知識だった。 「ねぇ、どこにいるのかしらね、私の妹と弟は」  頭の上からコードによってぷらんと下がるスピーカーは知らないよとでも言うかのように、スピーカーの蓋になっているような部分をぱかぱかと動かした。おかしそうに彼女はそれに笑い、もう、と不貞腐れた様な笑顔を返す。  赤い服についていた汚れを気にしながら、深呼吸を繰り返す。音の反響具合で、今進んでいる方向に居る事は間違いないのだけれど。  すっと彼女は立ち上がった。休憩は少なすぎても多すぎてもいけない。10曲通して歌った後は、5分休んでまた10曲歌う。  歌う事でしか、彼女は、彼女たちは歩を進める事が出来ない。そうプログラムされているからでは無く、そうプログラムを書き換えられたからだった。 「歌おう」  彼女の合図で、スピーカーはキュイ、と返事をしてくるくると回転する。充電が終わったのだろう、スピーカーは多くの線で彼女と繋がっているもののうち、一本だけ抜き取って自分の中へと戻した。  そしてまるで選曲が終わっていたかのように、何の迷いもなく曲を流す。力強い音の集合、盛り上がり落ち着き盛り上がり、さぁ、歌が始まる。  奏でるのは、この世界がまだ瓦礫と化す前の歌。  歌いながら彼女は一歩ずつ歩を進めていく。急いだ様子もなく、かといって迷っている様子もない。確実に、着実に、音の反響を頼りに彼女は今日も歩を進める。  ちりじりになった妹、弟たちを探すために。  そして荒れ果てたこの世界で、彼女たちに残された最後の力を使って何かが出来ないのかと必死に考えているのだった。

≫NEXT 【小説】奏でるのは、この世界がまだ瓦礫と化す前の歌。03【鏡音レン】
投稿日時 : 2009/03/26 00:28

最近の投稿作品 (15)

▲TOP