りつさん

りつさん

ritsu_617

(プロフィールはありません)

依頼受付中

比喩が好きで、心情や情景を表すようなものを書いてます。
が、時々爆発したようにピュアで前向きな歌詞やダークで病んだ歌詞も書きたくなります。
投稿作品を見ていただいて、私の言葉選びを気に入っていただけた方、
ぜひ私に歌詞入れのお手伝いをさせて下さい。よろしくお願いします!

最終更新日時:2019/07/28 00:07:19

ピアプロバッジ

フォロー(10)

  • YOTY
  • 遼佑
  • yama。
  • ぺんすて
  • wk2013
  • 樹-Tatsuki-
  • パフ
  • COBA x5884x
  • zizi
  • いか

フォロワー(16)

  • くろちょび
  • YOTY
  • taulin
  • 道馬鎭夫
  • まるち
  • イズナ
  • ふるとけい
  • TubeSoling
  • yama。
  • HODAKA03
  • 白騎士
  • wk2013

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

Complex Vita

【Complex Vita】 a どうして君だけが そんな顔して生きていけるんだろう a 僕だけが何度も 躓いた道をいとも簡単に b 眠って目覚めてを繰り返すうちに 時計を見ることをやめた 不変の現状に意味があるというなら 気休めでいいから手を差し伸べて s 大人になった証は 鮮やかな衣装で形づくった それでも置き去りにされた幼さに 気づいてしまうんだ また夜が明ける a どうして君だけを 「他の誰か」にできないんだろう a 快楽に遊ばれ 「翌日」には背中向ける癖に b 成功者が語る武勇伝なんてさ 着飾るためだけのフィクション 這い上がれないのが弱さだというなら そんなふうに容易く生きていかないで s 大人になった瞬間(とき)を 華やかな笑顔でここに残した それでも取り残された傲慢さに 呆れてしまうんだ また夜が更ける c 妬み僻み羨む前にするはずのことは もう頭には残ってなくて 惨めになるから 悔しくなるから お願い、僕の傍で笑ったりしないで s 大人になったときから 覚悟を背負ったつもりになってた それでも立ち止まる度に思うんだ 「僕だけが何も見つけられないまま」 s 大人になったんだから 手折られた心を強く持ってた また君がそんな僕を超えていくから 嫌になって心ごとを投げ捨てる それが僕だ そんな僕だ 低脳で窮屈で困憊な これは僕のVitaなんだ

思いのままに。
なんで君だけがそんな容易く正しく生きていけるの?
投稿日時 : 2021/05/13 14:04
▲TOP