ReAgさん

ReAgさん

reag

音楽沼に住んでいる両生類。
曲もちょこちょこ作るけど、作詞が本業だと思ってる。

もっと見る

依頼受付中

作曲・編曲は受付していません。(歌詞提供のみ)

最終更新日時:2021/03/09 23:41:22

ピアプロバッジ

フォロー(34)

  • 水 空
  • kirikali
  • 鶏 
  • ピアプロ運営
  • わかな【音楽学校卒業後】
  • multi1100
  • kumasu
  • zexis_09
  • きー
  • 九九十九
  • さはら
  • ふにゃふにゃP(九条はこ)

フォロワー(13)

  • hmmmst
  • kirikali
  • multi1100
  • zexis_09
  • 九九十九
  • ふにゃふにゃP(九条はこ)
  • Rist
  • かぴばら
  • poohta
  • udagawa901
  • 彩古あまつか鉄人
  • リフォ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

  • 花想、残滓、夏の記憶

    Youtube動画 https://www.youtube.com/watch?v=pduQdf6v3QQ

    Title: Flowers, remnants, memories of summer

    It is a song that was created with the thought of the person who preceded the summer OBon(*1) season.
    Thank you.

    *1 Obon is a commemorative period when Japanese people hold a memorial service for their ancestors.

    Lyrics and arrangement: ReAg

    twitter:https://twitter.com/soundface
    niconico:https://www.nicovideo.jp/watch/sm37351597



    夏のお盆シーズンに先立った人を思いながら作った楽曲です。よろしくお願いします。

    作詞作曲編曲:ReAg(twitter:soundface)

    twitter:https://twitter.com/soundface
    ニコニコ動画:https://www.nicovideo.jp/watch/sm37351597


    「花想、残滓、夏の記憶」

    夏の匂いを思い出した そこで話した冬のオーロラ
    用水路横 花に神楽 打ち上がる喧騒も 傍にいる

    袖は青藍 金魚掬い 思い描いた冬の二人も
    灯籠に込め 夜を往け 立ちくゆる煙に 色は融け

    白い百合が散っていた 暮れた日差しに揺れていた
    いつの間に日は経って 往ってしまって ねぇ まだ
    戻らないことも 知っていた 懸ける未来を笑っていた
    「これから」だって 言ってみたって ねぇ 燃え尽きるよ

    石菖が揺れて思い出した そして願った冬のオーロラ
    銃創 靴音 君を憂う 大丈夫 これからも 傍にいる

    君の憶い出の 傍にいる

    白い百合が散っていた 明ける日差しに揺れていた
    これからもうきっと 逝ってしまって ねぇ 僕は
    戻れないことも 知っていた 駆けて今頃笑っていた
    「これまでだ」って 知ってしまって ねぇ 君に逢いたい

    夏の匂いを思い出した いつか見たいと言ったオーロラ
    用水路横 花に神楽 去り際に絆され 色は融け

    共に生きた貴方と紡いだ詩
    巡る季節を独り 縁取ってみる

    白い百合が散っていく 晴れた日差しに揺れている
    これからもうずっと 逢えないんだね ねぇ ねぇ
    戻せないことも 知っていて 欠けた昨日を笑っていて
    「これからも」って 歌ったことを ねぇ
    忘れるまでは泣いていて

    もっとみる

  • 【重音テト】花想、残滓、夏の記憶【UTAUオリジナル曲・映像付】

    ニコニコ動画 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37351597

    残そうと足掻きながら残せなかった貴方を歌う。夏の残滓に貴方の記憶が交錯した気がした。「同一ストーリーの楽曲たち」シリーズの最後です。これらの楽曲全てを、とある友人に捧げます。君の声は本当にF#だったんだ。サビは人間が歌うには高いけど、悩んだ結果だったりします。イラストはendlesscatさまに頂きました。ありがとうございます。

▲TOP