ナホトムさん

しがないオタクを営む金もないが趣味としてほそぼそ色んなことに手を出してみたいと思っているオタク。

ナホトムさん

ナホトムさん

ochoco

しがないオタクを営む金もないが趣味としてほそぼそ色んなことに手を出してみたいと思っているオタク。

ピアプロバッジ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

LOVE minus HEART equal I

花びらが一枚落ちる 今 私何かをなくしたみたい  本を開く ページは目次 水を与えられない哀れな雑草みたい 陽(ひ)も肥(ひ)も何もかも断たれ あるのは呼吸だけ CO2を吸い込み 溜め息を吐き出した 春の温もりが包んでくれていた 夏至 冬至 180度回転 積もる雪が 秋の紅葉(こうよう)を消し去る 私を色付かせてくれるのは誰? 淡い水色絵の具を垂らし 白のチョークをかすらせた 真ん中を走って行くのは飛行機 彼は尻尾に消しゴムを括り付け キャンパスに一線の消し跡を残した 平均台を歩くように 畳の縁をなぞるように 日も日も追い掛けた 速度の違う 不協和音 ドとシは CとH フラットした歩調は シャープには追い付けない 濃い橙はアクアを上塗り チョークと消しゴムは ほんのり染まる 広い宇宙を駆け回る彼は何処(いずこ)? 自ら網をかぶったの 柄(え)は短く切って 兜虫を見つめるあなたに持たせた 蝉は甲高い悲鳴を上げながら 籠にさえ入れてもらえず 7日間で死にました 水族館で泳ぐ魚群はとても綺麗で 一緒にクロール ガラスを触れた 出口のない水槽に人が入れば エンゼルフィッシュに逃げ場はないの 捕まえようと尾鰭を擽ると 彼は途端に泡になり 人は私を物珍しそうに見ていました 尾鰭が付いたのは私の方で 海の外に 世界が広がる ある日溺れた王子を救えば 声を失い マーメイドは泡沫  本を閉じる 花びらはとうとう全てが土に還りました 裸の雌しべを守るものは何もなく 彼女は灯(ひ)の火(ひ)に身投げをしました  ページが燃えて最終章 愛 という字から 心 がデリートされていた

ストーリーは全てIの主観
投稿日時 : 2011/10/28 11:01

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP