藍流さん

【お知らせ】テキスト投稿が非常に使い辛いため、こちらでは歌詞や音源のUPとコラボ関係のみに縮小、以後の小説投稿はすぴばる&ピクシブへ移行します。

タグ「シェアワールド・響奏曲」の付いた投稿作品(13)

懐古 -響奏曲・Interlude-

 何だか、子供の頃に遊んだ『ひみつ基地』にいるみたいな気分にさせる部屋だなぁ。
 此処へ来ると、カイトはいつもそんな風に思う。天井まで届きそうな本棚と正体のよく判らない怪しげな瓶詰めの並ぶ試料棚に囲まれ、中央には大きな作業机がどんと据えられて、その上にはいつでもいろんなものが所狭しと広げられている、メイコの研究室。机上に留まらず床の上にもごちゃごちゃと散らばるそれらは、例えば作りかけの術具やその材料となる素材だったり、新たな術の構築式を書きつけた羊皮紙であったりする。雑然としていて、でも何処かあたたかくて、カイトは結構この部屋が好きだった。
 『塔』は、その名の通り敷地いっぱいに建ち並ぶ幾つもの塔を持っている。術士達が暮らす居住塔、資料庫付設の研究塔、術具制作の工房がある開発塔……最奥にひときわ高くそびえるのは、管理者達の座する中央塔。そんな中、メイコの研究室は開発塔の端にあった。だっていちいち工房借りに行ったりするの面倒じゃない――とは、研究塔から出る時に彼女が残した言葉だ。
 本来工房として使う事が前提の開発塔は、丈夫だが些か寒々しい。堅固な石を組み上げて魔術で補強した壁は、のっぺりとしていかにも作業室的だ。けれどこの部屋では、並んだ棚と巨大な石盤によってそんな壁が隠され、冷たい床には絨毯が敷かれ、更には休憩用だと上等の長椅子まで持ち込まれて、すっかり心地良くカスタマイズされてしまっていた。
 余談だが、壁に据えられた幾つもの石盤は、メイコに命じられてカイトが制作したものだ。直感的な閃きに依るところの大きいメイコが、術具や術式のアイディアを部屋の何処でもすぐさま走り書きできるようにと設計し、カイトに作らせた。

▲TOP