投稿作品

ハーツストーリー80

第六章 悲劇 パート3
 ウェッジ率いる二千の決死隊が無謀なる尾根越えを開始したのは十月も下旬に到達した頃合いである。平地では実りを迎える季節だが、高地では一足先に、まるで駆け去る様に秋が過ぎ、時折木枯らしのような冷たな風が吹き始める。尾根は果てしなく広がり、その果ては何時までも見通せない。大きく伸びる頂にしがみついたかと思えば、その直後に奈落までも続くような谷底への道を歩む。常識では考えられぬ行軍であった。現在でこそ、ミルドガルド山脈は各地からの登山道が整備され、ある程度の経験と装備さえ整えていれば誰であっても踏破できる山となっているが、それは先人たちが道なき道を切り開いた結果であり、革命戦争当時、ウェッジらが目指そうとする道のりを歩んだ経験のあるものは一部の狂人と魔道を求める魔術師が僅かに存在する程度、獣すら姿を現わさぬ超高地にはけもの道程度のガイドすら存在しない、まさしく未踏の地であった。
 そのミルドガルド山脈は地質学により、その発生のいきさつが現代から起算して五十年ほど前に発覚している。古代人類がその姿を現すより遥かに以前に、旧黄の国の領域は大陸から分離された孤島であったという。それがミルドガルド大陸に衝突し、大陸を押しのけ、やがては最高標高四千メートルを越える大山脈に発達したのである。山頂付近での発掘調査によれば、少し掘るだけで貝類や魚類の化石が発見される。これがかつてこの山脈が海底の底に眠っていたことの確たる証拠であるという。また、高度二千メートル以下は深い森林に覆われ、複雑で豊かな生態系を構成しているが、それ以上の高度より獣らは徐々に姿を消し、三千メートルを越える頃には木々も姿を消し、残るのは岩場にへばりつくように生息するハイマツの群生と小型の昆虫類、それに僅かな鳥類ばかりとなる。彼らの姿も山頂付近では姿を消す。残されたものは太古より変わらぬ姿を抱く、まるで異界に訪れたかのような殺風景な岩石ばかりであった。
「ホント、」
 ウェッジが言った。声を出しながら、息を深く吸う。

閲覧数:143

2017/09/10 03:40

ハーツストーリー74

第五章 祖国奪回 パート4
 ゴールデンシティ総督府、言わずと知れた黄の国王城の歴史は創設者たるファーバルディ大王の時代にまで遡る。当時のゴールデンシティ周辺は至る所に芦が生える湿地帯であったという。だからこそ、当時大陸を支配していたフラン帝国をして重要な拠点とは見なされなかったのである。当時の中心部は現在のグリーンシティ周辺であった。フラン帝国以前のアテネア王国が旧緑の国を中心に設立されたからであり、その後釜となったフラン帝国もグリーンシティ周辺を拠点としたためである。当時のゴールデンシティ周辺は正確には統一国家の存在しない、原野だけが広がる人口過疎地帯であった。
 だからこそ、ファーバルディ大王は反帝国に足る戦力を着々と蓄えることができたのである。一説によればミルドガルド大陸西方に位置するグランド諸島出身の海賊とも噂されるファーバルディ大王はゴールデンシティを端として、現在のルータオからザルツブルグに至るまでの、旧黄の国北方地帯を支配し一大領主としてその名を上げた。後の歴史は誰もが語ることである。青の国を設立したスノッリ、緑の国を設立したエッダと共闘してフラン帝国を撃破、ミルドガルドは三国時代へと突入する訳である。
 さて、余談が過ぎた。ゴールデンシティ総督府である。
 現在の形となったのは第五代国王レイシアの時代であると言われている。ファーバルディ大王の治世下では敷地も狭く、また天主も存在してはいなかった。それを歴代の国王が徐々に改築し、拡大し、湿地を埋めたて、開墾し、そしてレイシアの代に天主が完成し、現在の姿となったのである。とはいえ、その後も改築自体が終わることはなく、リンの施政下であってもスクラップアンドビルドを繰り返していた、まさに生きる建築物であった。

閲覧数:139

2016/12/30 00:11

カイトとみんなと新年会!

閲覧数:462

2012/01/09 10:52

小説版 悪食娘コンチータ 第三章(パート4)

悪食娘コンチータ 第三章 暴食の末路(パート4)
 翌朝十月十三日の早朝五時、オルスはほんのりとした寝不足を感じながらも夢うつつから覚めて、はっきりとその瞳を見開いた。グリスと約束した時刻は六時だったか。三十分ほどすれば出立しなければならないな、とオルスは考えてベッドから降り、昨晩の内に用意しておいた旅装に着替えはじめた。剣が必要だとかグリスが言っていたから、一応帯刀はしてゆく予定だったが、甲冑までは必要だろうか。オルスは昨晩未解決のままにうやむやにしていたその問題に対して軽い思考の末に、必要がないな、という結論を出した。別に戦争に赴くわけではない。目的地が何処であるのかも聞いてはいないが、旅の護衛というならば重装備は必要ないだろう。
 それにしても、とオルスは考える。リンダーバル男爵の言葉ではないが、フレアも旅の護衛ならば別の衛兵程度、すぐに用意できるものではないだろうか。そもそもフレアの父親は内務卿であられるマーガレット伯爵であるというのに。
 ぼんやりと、朝食代わりに固いパンをかじりながらオルスはそう考えたが、別に自分があれこれと考えたからといって何かが分かるわけでもないし、半ば強制的にとはいえ、オルスが赤騎士団に入隊して以来、初めて獲得した長期休暇を物見遊山で過ごせるのならばそれはそれで構わない。何より、あのフレアが道中同行しているというのだから。
 そこまでオルスは考えて、ぶんぶんと大げさに首を横に振った。

閲覧数:294

2011/12/18 15:36

小説版 悪食娘コンチータ 第三章(パート1)

悪食娘コンチータ 第三章 暴食の末路(パート1)

 王立学校講師兼一般内務官であるグリス=アキテーヌの元には、彼が好むと好まざるとを問わず、様々な人間が自然の内に訪れる。裁判制度や警察制度がまだ確立されていないこの時代において、民衆からの不満の解消や治安維持、それに揉め事、権利義務の主張などを申し出る機関は一つしか存在していなかった。即ち、グリスの属する内務省である。正確に言えば、黄の国における省庁は大別して二つしか存在していない。内政全般をつかさどる内務省に、軍事と外交をつかさどる軍務省、この二つである。それでは一体、内政とは何か。即ち、人を育てること。民衆を統率すること。収穫高を上げること。治安を維持すること。数え上げればきりが無い。治安業務に関しては、実行力を伴うために一部軍部との共同が図られてはいるものの、基本的な動作は内務省に一任されており、文官では対処できない状況や、日々の巡回警備だけを軍務省が担当している、ということが実情であった。
 さて、そのような忙しい日々を送るグリスの元に、一人の田舎娘が訪れたのは九月も後半を迎えた頃合であった。さて、こうしてグリスの元に上奏を行う民衆の数は少なくは無かったが、王都の民衆の喧嘩沙汰とも違う、果たして一体、いかにも田舎から出てきたばかりらしいこの少女が何を目的としているものかと、ちょっとした興味を抱きながら、グリスは緊張に身を固めている少女に向かってこう訊ねた。
 「初めまして、お嬢様。私が担当のグリス=アキテーヌです。」

閲覧数:368

2011/11/26 12:11

悪食娘コンチータ 扉絵

閲覧数:365

2011/11/26 12:08

▲TOP