関連する動画

Singularity (シンギュラリティ)

知らない街を もし目指すなら
最初に地図が必要になる
そんな事からわかったんだ

道はヒビ割れて続くどこまでも
いつか誰かが通っただろう
草原は時間の風でゆれる

戻れないほど好きになった
奇跡かもしれない

やってみないとわからない
小さな歯車が動き出す
本当の事は誰も
まだ確かめてない

経験した事しかしないなら
こんな道えらぶ訳ない
チャンスを追いかけて
自分の全てを試す


道は永遠にあるわけじゃない
朽ちて壊れて いつかは消える
風の後は沈黙が残る

本当のモノを学べる場所は
ここ以外は思いつかない
またいつか誰かが来るのだろうか?

諦めきれない・・・
チャンスはもう来ないかもしれない

教えられ 励まされて
いつも誰かに導かれる
自分の頭でもっと考えなきゃ

無限にある扉から
使えるモノを選び出す
自分から動けば
新しい道が拓く


ボロボロで・・・まるでダメなところで
何度も失敗繰り返し・・・みえる

届きそうな・・・奇跡の瞬間
・・・偶然か?・・・必然か?

これでダメなら死んでもいい

教えられ 励まされて
いつも誰かに与えられて
考えてたつもりが
コピーと繰り返し

無限にある扉から
一つだけを選び出す
自分から動き出さなきゃ
はみ出すくらい

行ってみないとわからない
小さな歯車が光る
自分の頭でもっと考えなきゃ

経験した事しかしないなら
こんな道えらぶ訳ない
チャンスは逃さない
自分の全てを掛ける

秋空

(Aメロ)20+23+20+23
 吹き抜ける微風(そよかぜ)が私の髪を揺らす
 落ちてく涙を枯れ落ちた紅葉(こうよう)が受け止める

 潤いを託された団栗色(どんぐりいろ)の土は
 ほのかに暖かくて人の温もり包みこんで

(Bメロ)22+12+9
 でも私を包んでくれる人はもういなくて
 ただ思い出そうとしてる
 楽しかった日々を……

(サビ)23+13+23+14
 季節は秋に色づいて移ろう私の心
 忘れたくて忘れられない
 大切なあなたのことを今でも覚えているよ
 いつか帰ってきてほしいから……

(Aメロ)20+23+20+23
 鱗雲(うろこぐも)が静かに動いてくあの空は
 冷たいほど綺麗で美しくて哀しんでいる

 それは今の私を表しているようで
 知らないうちに避けるようにして生きていたのかな

(Bメロ)22+12+9
 それでも何か伝えたいのに伝えられなくて 
 堪え切れない愛しさは
 また涙へ変わる

(サビ)23+13+23+14
 肌を切るような寒い日はあなたのことを思い
 暖かい気持ちになれたの
 でも今はその存在も泡のように消えている
 私の心は冷たいまま……

(Cメロ)11+12+14+12
 あなたが消えて 私が残されて
 季節は巡り 思い出の秋が来た
 椛(もみじ)を拾い集めたあの日
 もう一度だけ戻りたい……

(サビ)
 季節は秋に色づいて移ろう私の心
 忘れたくて忘れられない
 大切なあなたのことを今でも覚えているよ
 いつか帰ってきてほしいから……

 いつでも待ってるから……

▲TOP