関連する動画

【GUMI】Common days【オリジナル曲】

「Common days」

ベッドのなか眠たい Morning
目覚ましがジリジリ呼ぶよ
ほろ苦いコーヒー飲めば
スッキリして元気に Ready go!
いつもよりハラペコ Midday
午後知らせおなかが鳴るよ
最高のごはんの時間
食後のおやつケーキで Bingo!

本日もお疲れ Midnight
くたくたなわたしを見ると
抱きしめてあげたくなるよ
大好きな自分に Hug&Kiss!
なにげないわたしの One day
グルグルと回り続ける
新しい刺激が欲しい
今に賭けるよ華麗に Jumping!

見過ごしてた今
流れてゆく
これでいいの?
今ならわかるよ

You get a Happy day Boring day 思い出してあなたのライフ
いつもどおりでいい ほら、そこにあるよ

失敗したなんだか Blue day
心色どしゃ降り気分
太陽を引っ張り出して
今度こそお願い Cheerful!
待ってましたお休み Sunday
大切な一日だから
思いっきり 遊ぼうじゃないか
こんな時こそ気分を Refresh!

明日に続く道
何度歩いただろ
変わらないな
それでも進むよ

You get a Honey day Bitter day どんな味もスパイスだから
嫌わないで さぁ、行くよ自分らしく

あっちにも こっちにも
なにもない
慌てないでいいよ
明日は今日から逃げたりしない

We love days making days of happiness ひとりだけじゃ足りない時は
みんな寄せ集めればいいよね

You get a Happy day Boring day Lucky day Brittle day 私のデイズ
(Honey day)     (Bitter day) 
変わらない毎日が
(Common days)
ほら ほら ここにあったよ
My Days Your Days

【初音ミク】time leap

「time leap」

忘れていた曖昧な時の中
取り返せばすべて楽になるのに
閉じ込められまた時を巻き戻す
繰り返せばまた全て失くしてしまう

いつもいつも 糸を手繰り
目の前で切れる
今日も明日もまた一から
時間を戻して

君を越えてまた走り出す
明日に見た幸せを
目覚めたのが何度目の今日でも
いつか見る明日へ

鍵が掛かる希望のドアを叩く
先へ行けばもう二度と戻れはしない

つらくつらく 泣きそうでも
時を戻すだけ
何もかもが終わるのなら
全てを返して

君を探しまた走り出す
明日が見えない時も
手繰り寄せた 手掛かりが今日なら 
直ぐに来る明日へ

君を越えてまた走り出す
明日に見た幸せを
目覚めたのが何度目の今日でも
いつか見る明日へ

君の元へ今走り出す
今はただそれだけで・・・
辿り着いた結末が何でも
君と見る明日へ

///////////////////////////////////////////////

「time leap」

わすれていた あいまいなときのなか
とりかえせば すべてらくになるのに
とじこめられ またときをまきもどす
くりかえせば またすべてなくしてしまう

いつもいつも いとをたぐり めのまえできれる
(きょ)うもあすも またいちから じかんを もどして

きみをこえて またはしりだす
あすに みたしあわせを
めざめたのが なんどめの(きょ)うでも
いつか みるあすへ

かぎがかかる きぼうのどあをたたく
さきへゆけば もうにどともどれはしない

つらくつらく なきそうでも ときをもどすだけ
なにもかもが おわるのなら すべてを かえして

きみをさがし またはしりだす
あすが みえないときも
たぐりよせた てがかりが(きょ)うなら 
すぐに くるあすへ

きみをこえて またはしりだす
あすに みたしあわせを
めざめたのが なんどめの(きょ)うでも
いつか みるあすへ

きみのもとへ いまはしりだす
いまは ただそれだけで
たどりついた けつまつがなんでも
きみと みるあすへ

【猫村いろは】いろはにホヘト

「いろはにホヘト」

いろはにほへとことん行くぞ
諦めたりしない!

どんな音を鳴らせば
みんな振り向いてくれるかな
少しでも希望があれば
聞こえるまで歌うよ

響かせろ
ガンガン飛ばせどこまでも
ステージで

いつまでも歌が歌える
もうドキドキがハウリング

もっとボリューム上げて
舞いあがれプリズム
回せ最高速のビートで
心を振るわせ
みんな見つめてる
いまがチャンスだ

いろはにほへ飛び越えてくぞ
全速で前進!

ドレミの音だけじゃ
全て伝えきれないんだよ
それでも伝えたいから
何度でも奏でるよ

打ち抜いて
バンバン放てどこまでも
音速で

輝ける場所があること
いまときめきのサイリュウム

ずっと夢に見ていた
キラキラなステージで
歌え追い越せないテンポで
飛び出せメロディー
マイク握りしめ
空へ届くように声あげて

いつまでも歌が歌える
もうドキドキがハウリング

湧きあがれ歓声
アンコールもいちど
騒げ世界を揺らすくらい
手と手が触れたら
その手を繋ごう
みんな環になれ

いろはにほへ止まれないから
いつまでもフルパワー!

いろはにほへとことん行くぞ
諦めたりしない!

イロハニウタ

/////////////////////////////////////////////

「いろはにホヘト」

いろはにほへとことんいくぞ
あきらめたりしない

どんなおとをならせば
みんなふりむいてくれるかな
すこしでもきぼうがあれば
きこえるまでうたうよ

ひびかせろ
(がん)(がん)とばせどこまでも
すてえじで

いつまでも うたがうたえる
もうどきどきがはうりんぐ

(もっ)とぼ(りゅ)うむあげて
まいあがれ ぷりずむ
まわせ さいこうそくのびとで
こころを ふるわせ
みんなみつめてる
いまが(ちゃ)んすだ

いろはにほへとびこえてくぞ
ぜんそくでぜんしん

どれみの おとだけじゃ
すべてつたえきれないんだよ
それでもつたえたいから
なんどでもかなでるよ

うちぬいて
(ばん)(ばん)はなてどこまでも
おんそくで

かがやける ばしょがあること
いまときめきのさい(りゅ)うむ

(ずっ)とゆめにみていた
きらきらな すてじで
うたえ おいこせないてんぽで
とびだせ めろ(でぃ)い
まいくにぎりしめ
そらへ とどくようにこえあげて

いつまでも うたがうたえる
もうどきどきがはうりんぐ

わき あがれかんせい
あんこおる もいちど
さわげ せかいをゆらすくらい
てとてが ふれたら
そのてをつなごう
みんな わになれ

いろはにほへとまれないから
いつまでもふるぱわ

いろはにほへとことんいくぞ
あきらめたりしない

いろはにうた

【初音ミク】season leap【オリジナル】

「season leap」

キミを始めて見た春も 太陽が照る夏も
どの季節 越えて 越えて 越えて 迎えに行くよ
紅く彩る秋も ほほが火照った冬も
季節越えてどこまでも 迎えに行くよ

忘れかけてた 記憶のカケラは
どの季節に 落としてきたのか
心の中で 大切にしてた
はずなのに 知らず知らず手放してた

通り過ぎた季節は 記憶を上書きする
その繰り返しが 私を連れ去った

花が咲き乱れる春も キミに恋した夏も
どの季節 越えて 越えて 越えて 探しに行くよ
月がきれいな秋も 風が冷たい冬も
季節越えてどこまでも 探しに行くよ

握りしめてた 私の涙は
こぼれ落ち 季節に足跡をつけた

通り過ぎた季節を 一つずつ振り返る
忘れた思い出 置いてかないように

全てが新しい春も 海が瞬く夏も
どの季節 越えて 越えて 越えて 見つけに行くよ
キミを忘れた秋も 夜がかがやく冬も
季節越えてどこまでも 見つけに行くよ

キミを始めて見た春も 君に恋した夏も
どの季節 越えて 越えて 越えて 迎えに行くよ
キミを忘れた秋も キミと笑えた冬も
季節越えてどこまでも 迎えに行くよ


//////////////////////////////////////////////////////////////////


「season leap」

きみをはじめてみたはるも たいようがてるなつも
どのきせつ こえて こえて こえて むかえにいくよ
あかくいろどるあきも ほほがほてったふゆも
きせつこえてどこまでも むかえにいくよ

わすれかけてた きおくのかけらは
どのきせつに おとしてきたのか
こころのなかで たいせつにしてた
はずなのに しらずしらずてばなしてた

とおりすぎたきせつは きおくをうわがきする
そのくりかえしが わたしをつれさった

はながさきみだれるはるも きみにこいしたなつも
どのきせつ こえて こえて こえて さがしにいくよ
つきがきれいなあきも かぜがつめたいふゆも
きせつこえてどこまでも さがしにいくよ

にぎりしめてた わたしのなみだは
こぼれおち きせつにあしあとをつけた

とおりすぎたきせつを ひとつずつふりかえる
わすれたおもいで おいてかないように

すべてがあたらしいはるも うみがまたたくなつも
どのきせつ こえて こえて こえて みつけにいくよ
きみをわすれたあきも よるがかがやくふゆも
きせつこえてどこまでも みつけにいくよ

きみをはじめてみたはるも きみにこいしたなつも
どのきせつ こえて こえて こえて むかえにいくよ
きみをわすれたあきも きみとわらえたふゆも
きせつこえてどこまでも むかえにいくよ

▲TOP