こまにさん

あまりにも好印象なアイコン、jam様に制作していただきました。ありがとうございます。

関連する動画

こまにさんへ 勿忘草 娘視点

A1
らーらら らららー らららら らららららー
この世  を去った 父のと  思われる

ららららー らららー ららららー らららーらー
日記を   見つけ  勝手に   読んで く

A2
らーらら らららー らららら らららららー
その   日記は  こと細  かに日々を

ららららー らららー ららららー らららーらー
綴った   もので  小説    のよう で


らららららー  らら ららららー
挟まれた    忘  れな草

らららららー らーらららー
あたたかな  青色

<でもそれはどこか寂しげで>テロップ

二番
A1
らーらら らららー らららら らららららー
押し花が      されてた 日の日記は

ららららー らららー ららららー らららーらー
読みすす  めれば  すすめる  ほどに


らららららー  らら ららららー
手に持った   忘  れな草

らららららー らーらららー
何故だか   切 なくて


三番
A1&A2
らーらら らららー らららら らららららー
ふと気  づくと  目の前に 女性が

ららららー らららー ららららー らららーらー
「其の想  ひあり  がたし」と 言い消 え 


ららららー らららー らら ららららー
手に    持って  忘  れな草 

らららららー らーらららー
父の墓    に 添えた

<あたたかくも寂しい色>テロップ

こまにさんへ 勿忘草 娘視点

A1
らーらら らららー らららら らららららー
この世  を去った 父のと  思われる

ららららー らららー ららららー らららーらー
日記を   見つけ  勝手に   読んで く

A2
らーらら らららー らららら らららららー
その   日記は  こと細  かに日々を

ららららー らららー ららららー らららーらー
綴った   もので  小説    のよう で


らららららー  らら ららららー
挟まれた    忘  れな草

らららららー らーらららー
あたたかな  青色

<でもそれはどこか寂しげで>テロップ

二番
A1
らーらら らららー らららら らららららー
押し花が      されてた 日の日記は

ららららー らららー ららららー らららーらー
読みすす  めれば  すすめる  ほどに


らららららー  らら ららららー
手に持った   忘  れな草

らららららー らーらららー
何故だか   切 なくて


三番
A1&A2
らーらら らららー らららら らららららー
ふと気  づくと  目の前に 女性が

ららららー らららー ららららー らららーらー
「其の想  ひあり  がたし」と 言い消 え 


ららららー らららー らら ららららー
手に    持って  忘  れな草 

らららららー らーらららー
父の墓    に 添えた

<あたたかくも寂しい色>テロップ

勿忘草(わすれなぐさ) こまにさんへ


主旋律:此の 世に有らず   なりても 想ひ続け
副旋律:  我     然にても 募とはゆきはべり

主旋律:然し 想ふ人          うるはし   異人なりき
副旋律:  彼   彼の(あのと読みます) 白き花のごと    き

主旋律:其    れ   なら ばと   彼ら の幸   祈る
副旋律: 有らず世 の者は 此の世にてづから出だしては ならない


「―彼見守るのみ。只其れのみの日々送りはべりたりき。―
(彼を見守るだけ。ただそれだけの日々を送っていました。)」


主旋律:ある  日のこと           想ふ人     病魔に襲はれ
副旋律:  あの    彼の(かれのと読みます) 病の床に就き     き

主旋律:わ   れ   なら   ば   彼女   治    さる
副旋律: 彼女と 彼の幸  祈らば と我は てづから 出だしき  


「―死にたりても此の目にてなむじ見れたこと嬉しく思ひはべり。―
(死んでしまってもこの目であなたを見れたことを嬉しく思います)」


主旋律:てづ  出だしし    彼の 笑顔は 戻りはべり  き
副旋律:  から    ことにて彼女も 治りはべるなりけれ ど 

主旋律:わ   が    身 は      消えゆ  きはべ    りき
副旋律: せめて この世に いるるあひなりに  と「忘らず」投げし花  

勿忘草(わすれなぐさ) こまにさんへ


主旋律:此の 世に有らず   なりても 想ひ続け
副旋律:  我     然にても 募とはゆきはべり

主旋律:然し 想ふ人          うるはし   異人なりき
副旋律:  彼   彼の(あのと読みます) 白き花のごと    き

主旋律:其    れ   なら ばと   彼ら の幸   祈る
副旋律: 有らず世 の者は 此の世にてづから出だしては ならない


「―彼見守るのみ。只其れのみの日々送りはべりたりき。―
(彼を見守るだけ。ただそれだけの日々を送っていました。)」


主旋律:ある  日のこと           想ふ人     病魔に襲はれ
副旋律:  あの    彼の(かれのと読みます) 病の床に就き     き

主旋律:わ   れ   なら   ば   彼女   治    さる
副旋律: 彼女と 彼の幸  祈らば と我は てづから 出だしき  


「―死にたりても此の目にてなむじ見れたこと嬉しく思ひはべり。―
(死んでしまってもこの目であなたを見れたことを嬉しく思います)」


主旋律:てづ  出だしし    彼の 笑顔は 戻りはべり  き
副旋律:  から    ことにて彼女も 治りはべるなりけれ ど 

主旋律:わ   が    身 は      消えゆ  きはべ    りき
副旋律: せめて この世に いるるあひなりに  と「忘らず」投げし花  

▲TOP