こまにさん

あまりにも好印象なアイコン、jam様に制作していただきました。ありがとうございます。

関連する動画

オクソコ

壊れそうな君の心を 僕の音で包んであげよう 透明に透き通った 君の声には適わないけど
いつか君を 好きにさせる…なんてね こんな時まで自分勝手
そんな僕をみてくれる? 互いの視線は合うのかな
ねぇねぇ聞いて 助けたいよ 嘘っぽく聞こえてしまう

信じなくてもいいよ 揺るぎない事実があれば ほら別に嫌っていいよ 嘘だよ本当は 信じてほしいし好きになってほしい 出過ぎた願いで 更に君を傷つける? ならしまい込んで隠しておこう

掬われたい君の心を 僕の好きで包んであげよう 真っ赤に染められた 君の想いを覆い隠そう
いつか君を 僕のものに…なんてね 叶わないのに馬鹿らしい
そんな僕を受け止めて 互いに支えあったりしたいな
ねぇねぇ聞いて 好きなんです 嘘っぽく聞こえてしまう

信じなくてもいいよ 揺るぎない事実があれば ほら別に嫌っていいよ 嘘だよ本当は 信じてほしいし好きになってほしい 出過ぎた願いで 更に君を傷つける? なら取り出して棄ててしまおう

悲しむことはないんだよ 優しい君のためならば 痛みも何も怖くない 嗚呼、でも 忘れたくないな

信じなくてもいいよ 揺るぎない事実があれば ほら別に嫌っていいよ 嘘だよ本当は 信じてほしいし好きになってほしい 出過ぎた願いで 更に君を傷つける? ならしまい込んで隠しておこう そっと ずっと

勿忘草(わすれなぐさ) こまにさんへ


主旋律:此の 世に有らず   なりても 想ひ続け
副旋律:  我     然にても 募とはゆきはべり

主旋律:然し 想ふ人          うるはし   異人なりき
副旋律:  彼   彼の(あのと読みます) 白き花のごと    き

主旋律:其    れ   なら ばと   彼ら の幸   祈る
副旋律: 有らず世 の者は 此の世にてづから出だしては ならない


「―彼見守るのみ。只其れのみの日々送りはべりたりき。―
(彼を見守るだけ。ただそれだけの日々を送っていました。)」


主旋律:ある  日のこと           想ふ人     病魔に襲はれ
副旋律:  あの    彼の(かれのと読みます) 病の床に就き     き

主旋律:わ   れ   なら   ば   彼女   治    さる
副旋律: 彼女と 彼の幸  祈らば と我は てづから 出だしき  


「―死にたりても此の目にてなむじ見れたこと嬉しく思ひはべり。―
(死んでしまってもこの目であなたを見れたことを嬉しく思います)」


主旋律:てづ  出だしし    彼の 笑顔は 戻りはべり  き
副旋律:  から    ことにて彼女も 治りはべるなりけれ ど 

主旋律:わ   が    身 は      消えゆ  きはべ    りき
副旋律: せめて この世に いるるあひなりに  と「忘らず」投げし花  

勿忘草(わすれなぐさ) こまにさんへ


主旋律:此の 世に有らず   なりても 想ひ続け
副旋律:  我     然にても 募とはゆきはべり

主旋律:然し 想ふ人          うるはし   異人なりき
副旋律:  彼   彼の(あのと読みます) 白き花のごと    き

主旋律:其    れ   なら ばと   彼ら の幸   祈る
副旋律: 有らず世 の者は 此の世にてづから出だしては ならない


「―彼見守るのみ。只其れのみの日々送りはべりたりき。―
(彼を見守るだけ。ただそれだけの日々を送っていました。)」


主旋律:ある  日のこと           想ふ人     病魔に襲はれ
副旋律:  あの    彼の(かれのと読みます) 病の床に就き     き

主旋律:わ   れ   なら   ば   彼女   治    さる
副旋律: 彼女と 彼の幸  祈らば と我は てづから 出だしき  


「―死にたりても此の目にてなむじ見れたこと嬉しく思ひはべり。―
(死んでしまってもこの目であなたを見れたことを嬉しく思います)」


主旋律:てづ  出だしし    彼の 笑顔は 戻りはべり  き
副旋律:  から    ことにて彼女も 治りはべるなりけれ ど 

主旋律:わ   が    身 は      消えゆ  きはべ    りき
副旋律: せめて この世に いるるあひなりに  と「忘らず」投げし花  

▲TOP