lushiaさん

閲覧有り難うございますヽ(*^。^*)ノ イラストは動画以外に使用しないでください。

関連する動画

最奥の花【カタナイスVer.】
from ニコニコ動画

最奥の花[さいおうのはな]

くゆらす煙に 透ける銀の月
奏でる音色と 誘う衣の艶[つや]
織り成す闇夜に 交わす 吐息を
抱く腕の中 閉じ込める

卑しい口付け
浅い掻き傷(もっと抉って)
引き返せない(深くで)

堪[たま]らない その 痛みは証

今宵 侍[はべ]らす褥[しとね]で
滑り込ませる 指先のように
絡めて捕らえる 最奥[さいおう]の花

押し隠す 乱れるこころの
綻ぶ傍[そば]で 寄り添いながら
眩[くら]む白さをただ 汚したい


流れる雲間に 揺らぐ金の月
連ねる睦言 濡れて撓[しな]る肌
迎える夜明けを 厭[いと]うその間際で
きつく腕の中 閉じ込めて


さまよう眼差し
褪[あ]せる焦燥 (もっと重ねて)
戻れないから (底まで)

うち捨てて さえ 求めた証

夜毎[よごと] 啜る密の味
探り這わせる 舌先のように
欺[あざむ]き転がす 最奥の華

組み伏せて 暴いたこころの
露わな芯に 囁きながら
滲む深紅にただ 染まりたい


狂い咲いて
手折る花が
奈落に沈む

縺[もつ]れ合う この 想いの証


今宵 溺れる褥で
滑り込ませる 指先のように
擽[くすぐ]り嘖[さいな]む 最奥の婀娜[あだ]

さらけ出す 哀れな劣情
溢れる愉悦 貪りながら
烟[けぶ]る紅蓮で嗚呼 飾りたい


**********


くゆらすけむりに すけるぎんのつき
かなでるねいろと いざなうきぬのつや

おりなすやみよに かわすといきを
いだくうでのなか とじこめる

いやしいくちづけ
あさいかききず (もっとえぐって)
ひきかえせない (ふかくで)

たまらない その いたみはあかし

こよい はべらすしとねで
すべりこませる ゆびさきのように
からめてとらえる さいおうのはな

おしかくす みだれるこころの
ほころぶそばで よりそいながら
くらむしろさをただ けがしたい


ながれるくもまに ゆらぐきんのつき
つらねるむつごと ぬれてしなるはだ

むかえるよあけを いとうそのまぎわで
きつくうでのなか とじこめて

さまようまなざし
あせるしょうそう (もっとかさねて)
もどれないから (そこまで)

うちすてて さえ もとめたあかし

よごと すするみつのあじ
さぐりはわせる したさきのように
あざむきころがす さいおうのはな

くみふせて あばいたこころの
あらわなしんに ささやきながら
にじむしんくにただ そまりたい


くるいざいて
たおるはなが
ならくにしずむ

もつれあう この おもいのあかし


こよい おぼれるしとねで
すべりこませる ゆびさきのように
くすぐりさいなむ さいおうのあだ

さらけだす あわれなれつじょう
あふれるゆえつ むさぼりながら
けぶるぐれんでああ かざりたい

黄金の翅[きんのはね]

弛[たゆ]まずに続く時の最中 その物語は始まり終わる
いずれ咲き散る花の記憶に 映り溶け込むひとときの夢


儚さばかりが 絶えずに注ぐ
虚ろなからだに 開いた穴から
ただ鳴るだけの 音の羅列を
今宵も捧ぐは 箱庭の主[あるじ]

繰り返すだけの 希薄な音色
いびつな頤[おとがい] 複眼[め]を逸らし 伏せる
瞼の裏に 思い描いた
面差しはいつも 変わらぬ姿

継ぎ目の裏に 隠し果[おお]せた
ぎこちなく 抱え込む 願い

卑しく苦い 秘密もいつか
欲しいなら全部 お前にあげるよ


硝子檻[がらすおり]越し 添わすてのひら
触れがたく伝う 温もりは淡く
寄り添う傍から ただすり抜ける

かりそめの感情[こころ] 撫でる言葉で
憐憫を誘い 叶わずに朽ちた
乞われて歌う束の間の 恋に似ていた


引きちぎる翅[はね]が ちりぢりに舞い
黄金色[きんいろ]に透ける 過去も失せゆく
僅かな望みも 引き裂かれて
突き立てられる 終焉の楔

喉も舌も欠け 壊れた玩具
ゆがんだ口蓋 複眼[め]を凝らし 探す
唇が紡ぐ 繰り返す名は
見詰めてた世界に 届くことなく

ひび割れる四肢 擦れて落ちた
たわいなく 砕け散る 輝石

醜く脆い この身体でも
欲しいなら全部 お前にあげるよ


崩れる光に 伸ばすてのひら
指先に霞む 温もりを求め
彷徨う端から 零れてしまう

眼窩[がんか]の奥に 深く焼き付く
彩る想いで 掻き毟る虚[あな]が
あの夜に知るいとしさに 酷く焦がれた


剥がれて覗く 引き攣る音色
あさはかで 清廉な 祈り

堪らず濡らす この両眼でも
欲しいなら全部 お前にあげる


硝子檻越し 交わす眼差し
掻き消える音 温もりは遠く
躊躇う間際で 敢えなく滲む

違[たが]わず続き 永久[とわ]になぞらう
ときにいとわしく ときにうつくしい
あの夜に見たひとときの 夢に微睡む

誰が為の歌(Lushiaさまに捧ぐ)

薄雲射[さ]した 明けの陽と
清[さや]か遠のく 衣擦れの音
遣[や]る眼差しの 傍らに
歌交わすひとの 温もりもなく

転がり朽ちる枇杷[びわ]を
屠[ほふ]る鳥の嘴[くちばし]
啄[ついば]む果肉が この身と等しく 抉られる

摺[す]り合わす切なさと いとしさの
かすかな捻れを 指で撫で
重ならぬ端を ただ憂い
歌い捧ぐ 誰[た]が為のうた



凪[な]ぐ風の薫り 節の折
移ろいゆくのを 羨みながら
撫でる後朝[きぬぎぬ] 徒[いたずら]に
嗤[わら]うかのように 滑り落つ

憐れ詰られた花
失せる色のはかなさ
また巡る故の 時と同じと 知る筈が

撚[よ]り合わす寂しさと くるしさの
僅かな歪みに 瞼伏せ
馴染まぬ末[すえ]を ただ嘆き
歌い紡ぐ 誰が為のうた

********************

うすぐもさした あけのひと
さやかとおのく きぬずれのおと
やるまなざしの かたわらに
うたかわすひとの ぬくもりもなく

ころがりくちるびわを
ほふるとりのくちばし
ついばむかにくが このみとひとしく えぐられる

すりあわすせつなさと いとしさの
かすなかねじれを ゆびでなで
かさならぬはじを ただうれい
うたいささぐ たがためのうた



なぐかぜのかおり せつおのり
うつろいゆくのを うらやみながら
なでるきぬぎぬ いたずらに
わらうかのように すべりおつ

あわれなじられたはな
うせるいろのはかなさ
まためぐるゆえの ときとおなじと しるはずが

よりあわすさみしさと くるしさの
わずかなゆがみに まぶたふせ
なじまぬすえを ただなげき
うたいつむぐ たがためのうた

虚構の銃-La pistola della narrativa-

あと少し近付くだけで 擦[こす]れ合う皮膚の
知っているその体温 感じるよりも早く
頭蓋の中にいつまでも 強く残る記憶
それなのに最後だけ 知らない顔をする

こんなリスク[risk]こんなテイク[take]
笑い飛ばせ 今すぐ 破り捨てて
彷徨う視線を 惹き付けて
あの欲しがった熱を 奪え
瞬[まばた]いた 逡巡で
無くしたくないモノを 選べ

呑み込んだ苦痛の弾丸も いずれ 甘く
解き放たれ
叶わない夜に 穿たれた
脆い願い

硝煙を引き連れて 躙[にじ]る 靴音 響く
揺れる視界
泣きそうな顔で 突きつけた
 ”虚構の銃”[La pistola della narrativa]


もつれ込んだ闇のなかで 絡み合う指の
覚えてるその体温 変わらずに息を吐[つ]く
鼻腔擽る香りまで 狎[な]れ狎れしく馴染む
それなのに最後まで 優しい振りをする

こんなリアル[real] こんなフェイク[fake]
払いのけて このまま 傾[なだ]れ込んで
焦[じ]れる感情を 撫でつけて
待ち望む熱に手を 伸ばせ
見え透いた 動揺で
落としたくないモノを 掴め

吐き出す後悔の弾丸は もっと 酷く
憂い爛[ただ]れ
躊躇いの滲む 引き金に
淡い期待

定める照準から 伝う 鼓動が 速く
濡れる視界
項垂れて握る 手のひらの
 ”虚構の銃”[La pistola della narrativa]


こんなセルフ[self] こんなジョーク[joke]
放り投げて このまま ぶち壊して
逃げる身体ごと 引き寄せて
這い上がる衝動を 晒せ
叫ぶほど 祈るほど
手の届かないモノを 求め

銜え込む最後の弾丸が いつか 熱く
火照り悶え
崩れ落ちながら 目に映る
狂[ふ]れる世界

線条を刻みつけ 抉る 傷痕 深く
消える誓い
泣きながら喘ぎ 口付けた
 ”虚構の銃”[La pistola della narrativa]

最奥の花[さいおうのはな]

くゆらす煙に 透ける銀の月
奏でる音色と 誘う衣の艶[つや]
織り成す闇夜に 交わす 吐息を
抱く腕の中 閉じ込める

卑しい口付け
浅い掻き傷(もっと抉って)
引き返せない(深くで)

堪[たま]らない その 痛みは証

今宵 侍[はべ]らす褥[しとね]で
滑り込ませる 指先のように
絡めて捕らえる 最奥[さいおう]の花

押し隠す 乱れるこころの
綻ぶ傍[そば]で 寄り添いながら
眩[くら]む白さをただ 汚したい


流れる雲間に 揺らぐ金の月
連ねる睦言 濡れて撓[しな]る肌
迎える夜明けを 厭[いと]うその間際で
きつく腕の中 閉じ込めて


さまよう眼差し
褪[あ]せる焦燥 (もっと重ねて)
戻れないから (底まで)

うち捨てて さえ 求めた証

夜毎[よごと] 啜る密の味
探り這わせる 舌先のように
欺[あざむ]き転がす 最奥の華

組み伏せて 暴いたこころの
露わな芯に 囁きながら
滲む深紅にただ 染まりたい


狂い咲いて
手折る花が
奈落に沈む

縺[もつ]れ合う この 想いの証


今宵 溺れる褥で
滑り込ませる 指先のように
擽[くすぐ]り嘖[さいな]む 最奥の婀娜[あだ]

さらけ出す 哀れな劣情
溢れる愉悦 貪りながら
烟[けぶ]る紅蓮で嗚呼 飾りたい


**********


くゆらすけむりに すけるぎんのつき
かなでるねいろと いざなうきぬのつや

おりなすやみよに かわすといきを
いだくうでのなか とじこめる

いやしいくちづけ
あさいかききず (もっとえぐって)
ひきかえせない (ふかくで)

たまらない その いたみはあかし

こよい はべらすしとねで
すべりこませる ゆびさきのように
からめてとらえる さいおうのはな

おしかくす みだれるこころの
ほころぶそばで よりそいながら
くらむしろさをただ けがしたい


ながれるくもまに ゆらぐきんのつき
つらねるむつごと ぬれてしなるはだ

むかえるよあけを いとうそのまぎわで
きつくうでのなか とじこめて

さまようまなざし
あせるしょうそう (もっとかさねて)
もどれないから (そこまで)

うちすてて さえ もとめたあかし

よごと すするみつのあじ
さぐりはわせる したさきのように
あざむきころがす さいおうのはな

くみふせて あばいたこころの
あらわなしんに ささやきながら
にじむしんくにただ そまりたい


くるいざいて
たおるはなが
ならくにしずむ

もつれあう この おもいのあかし


こよい おぼれるしとねで
すべりこませる ゆびさきのように
くすぐりさいなむ さいおうのあだ

さらけだす あわれなれつじょう
あふれるゆえつ むさぼりながら
けぶるぐれんでああ かざりたい

-Identity Crisis-

とびっきりの毒を吐く
得意げな顔で滔々と
止め処も無くて 薄笑う

どちらもお互い様でしょう
どうしようもない昼下がり
取り敢えず今は 忘れて

這いつくばる境に添って
欲しがるまま 噛み砕き
乾いた舌で施した 愛撫

うすっぺらな身分証明
記載事項も消える寸前
縋る指が 震える

透かした光で見えなくなったら
このまま僕も消えるのですね



挨拶代わりに針を刺す
曖昧な嘘でのうのうと
相変わらずと 吐き捨てる

あちらもお困りなのでしょう
甘いコトばかり並べては
愛想笑いだけ お上手で

へばりついた仮面のような
冷めた頬に 口付ける
求める度に擦り切れた 愛情

破り捨てる身分証明
記載事項は消えて無くなる
解く指が 彷徨う

こぼした涙が見えなくなったら
そのまま僕も消してください



うすっぺらな身分証明
記載事項も消える寸前
縋る指が 震える

透かした光で見えなくなったら
このまま僕も消えるのですね



僕も消してください



**********



とびっきりの どくをはく
とくいげなかおで とうとうと
とめどもなくて うすわらう

どちらもおたがいさまでしょう
どうしようもない ひるさがり
とりあえずいまは わすれて

はいつくばるさかいにそって
ほしがるままに かみくだき
かわいたしたでほどこした あいぶ

うすっぺらなみぶんしょうめい
きさいじこうもきえるすんぜん
すがるゆびが ふるえる

すかしたひかりでみえなくなったら
このままぼくもきえるのですね


あいさつがわりに はりをさす
あいまいなうそで のうのうと
あいかわらずと はきすてる

あちらもおこまりなのでしょう
あまいことばかり ならべては
あそわらいだけ おじょうずで

へばりついたかめんのような
さめたほほに くちづける
もとめるたびにすりきれた あいじょう

やぶりすてるみぶんしょうめい
きさいじこうはきえてなくなる
ほどくゆびが さまよう

こぼしたなみだがいえなくなったら
そのままぼくもけしてください



うすっぺらなみぶんしょうめい
きさいじこうもきえるすんぜん
すがるゆびが ふるえる

すかしたひかりでみえなくなったら
このままぼくもきえるのですね



ぼくもけしてください

青空とたんぽぽ


さようなら、私は
幸せになりたい

ああ、私はきっとこの罪を
一生この両肩に乗せて生きていくのだろう
しかしそれでも私は
この鎖の呪縛を解きたかった

貴方の愛を奇跡に感じた
こんなにも愛されたのは初めてで
貴方は優しくて、とても私には素敵に思えた
例え世界が貴方を悪魔と罵ろうとも
貴方の笑顔が好きだった
その笑顔の為ならなんだって
できると思っていた
この身を盾に、剣に戦う強さが私にはあった

四角い箱の中
響く嗚咽
鈍い音と甲高い声
心の痣 膨れていく恐怖
誰も気がつかない
響く怒声
乾いた音と呻く声
この頬を流れる物は何?

それでも私は貴方を愛した
私には貴方しかいなかったし
貴方には私しかいなかった
異常な貴方を受け入れたのは
私だけだった
異常になった私は痛みと苦しみが幸せでした

壊れた私の心は
そのまま凍てついていった
周りの優しき声はただの雑音に
貴方の酷い言葉だけが私の全て
愛を囁く唇で
貴方は私を殺していった

いつしか私は貴方の人形
何でも言うこときくからだから
お願い許してごめんなさい
貴方の瞳が色を変えれば
私に何かをする術は何も無かった
ただただ謝るしか
私は自分を守る術を知らなかった

罵声と拳と貴方の足と
日々が過ぎる程、貴方は容赦がなくなった
最初は一度の鈍い音も
今では何十と数を重ねた
涙と血 薄れる意識
貴方は私の緋でさえも
何も感じないのだろうか
私の首をまるで真綿のように絞める貴方は
ああ
私が愛した貴方はどこへ行ってしまったの?

毎日がまるで監獄のようだった
隣にいなくても
貴方の視線を背中に感じた
いつでも貴方の顔色を伺って過ごした

私は気付いてしまった
私は貴方を愛していない
私は貴方が怖かった
怖い 怖い 怖い
助けて誰か助けて

貴方に殺されてしまう前に
貴方に耐えきれなくなった私は
最後の選択をした
それは逃避

逃げよう逃げてしまおう
私の心が無くなる前に
ごめんなさい
貴方の足跡が聴こえる気がして
夢中に裸足の足を動かした

振り向けば貴方はいないけど
少しだけ寂しいと思う
私の心はまだ貴方に囚われているのでしょうか?

さようなら、さようなら
貴方を裏切ることは至高の罪
永遠に背負っていくから
どうかさよなら

私はただ幸せになりたかった

貴方の呪縛から逃げた私が
最初に見たのは
ただただ広がる青空と
優しげに揺れる小さなたんぽぽ

※転用不可●青空とたんぽぽ【mixizm】Ver.2.1

さようなら、私はただ幸せになりたい


私はきっと ああ この罪を
この肩に乗せて生きていくのだろう
しかしそれでも私は
この鎖の呪縛を解きたかった

貴方の愛を奇跡に感じた
こんなにも愛されたのは初めてで
貴方は優しくて 素敵に思えた
例え世界が
貴方を悪魔と罵ろうとも


貴方の笑顔が好きだった
その笑顔の為ならなんだって
できると思っていた
この身を盾に
剣に戦う強さが私にはまだあった


四角い箱の中 響く嗚咽
鈍い音と甲高い声

心の痣 膨れていく恐怖
誰も気がつかない響く怒声

乾いた音と呻く慟哭
この頬を流れる物は何?

それでも私は貴方を愛した
私には貴方しか貴方には私しかいなかった


異常な貴方を受け入れられたのは
異常になった私だけ

壊れた私のこの心は
そのまま凍てついていった

周りの優しき声はただの雑音
貴方の罵倒だけが私の全て

愛を囁く唇で貴方は私を
無抵抗な私を殺していった




さようなら、私は痛みと苦しみで満足でした


私はもう 貴方の人形
何でも言うことなら聞くから
お願い許して ごめんなさい
他に身を守る術を知らなかった

貴方の瞳が色を変えたなら
ただ謝るしか術は無かった
貴方の罵声と乱暴な拳
日々が過ぎると
貴方は容赦がなくなってきた


最初は一度の鈍い音も
今では何十と数が重なって
涙と血液 薄れる意識
私の緋でさえも
何も感じないのだろうか


毎日が ああ まるで監獄のようだった
貴方の視線が背中突き刺す

傍にいなくても いつも貴方の
顔色を伺って過ごした

貴方は私の首を真綿のように絞める
愛した貴方はどこへ行ってしまったの?

それから私は気付いてしまった
貴方を愛していない
貴方は私の事を愛してはいない


私は怖かった 貴方が怖かった
怖い 怖い 怖い 助けて 誰か助けて

もう耐えきれなくなった私は
貴方に殺されてしまう前に

逃げよう逃げてしまおう
それが最後の選択
私の心が失くなる前に

貴方の足音が聞こえる気がして
夢中に動かした
夢中で裸足の足を動かした




振り向けば貴方はいないけど
少しだけ寂しいと思うこの心は

貴方に囚われているのでしょうか?
貴方を裏切ることは至高の罪

永遠に背負っていくからどうかさよなら
呪縛から逃れきった私が最初に見たのは

ただ広がる青空と
優しげに揺れている小さなたんぽぽ


さようなら、私はただ幸せになりたかった

「Dual Moon」

『Dual Moon』

(1)
水鏡に映る月に
よく似てる君の朧な姿

合わせ鏡の迷路の中で彷徨い歩く
君の透き通る瞳が僕を射抜く

導の花散らし君の目を塞ごう
振り向いた君に見透かされる前に

(2)
風の中に儚く舞う
蝶のように綺麗な蒼い瞳

穢れを知らぬ色に
手を伸ばされ身を引く
僕の心すらも映す鏡のようで

導の花散らし君の目を塞ごう
無垢な色を月影が染める前に


鏡(かご)の中 揺れるのは
君を誘う 月の花


君が迷路の奥 手招き出す自由(そと)に
気付く前に花を砕いてしまおう

導の花散らし君の目を塞ごう
錯落の心に気付かれる前に



-------譜割り版-------


みずかがみに うつるつきに
よくにてるきみの おぼろなすがた

あわせかがみの(めい)ろの なかでさまよいあるく
きみのすきとおるひとみが ぼくをいぬく

しるべのはなちらし きみのめをふさごう
ふりむいたきみにみ すかされるまえに


かぜのなかに はかなくまう
ちょうの(よう)にきれい なあおいひとみ

けがれをしらぬいろに てをのばされみをひく
ぼくのこころすらもうつす かがみの(よう)で

しるべのはなちらし きみのめをふさごう
むくないろをつきか げがそめるまえに


かごのなか ゆれるのは
きみをいざ なう つきのはな


きみがめいろのおく てまねきだすそとに
きづくまえにはなを くだいてしまおう

しるべのはなちらし きみのめをふさごう
さくらくのこころに きづかれるまえに

▲TOP