関連する動画

さくらの下で、君に

愛した君とさよなら
降りしきる花の雨の下
ふり返り背中を見送った
「また…出会えるのかな」

まどろむ陽ざしのように
寄り添ってた日々が
ずっと続くと信じてた
僕が描いた理想の未来は
音を立てて崩れた

終止符に囚ざされ
しるべをなくし
心のゆき場も見えない
四月の吹雪に
記憶を凍らせてしまえば
忘れられるのかな すべてを

痛みだけ残したまま
この季節過ぎてゆくのかな
"誰かを愛しく思えるように"
さくら木に願った

愛した誰かに出会えたら
舞い踊る花の雨の中
溢れ出す想いを伝えよう
そっとくちづけして

大好きな君に出会えたら
舞い上がれ空の向こうまで
差し出すてのひら握りかえし
希望を唄うから



(ひらがな)

あいしたきみとさよなら
ふりしきるはなのあめのした
ふりかえりせなかをみおくった
またであえるのかな

まどろむひざしのよに
よりそったひびが
ずっとつづくとしんじてた
ぼくがえがいたりそうのみらいは
おとをたててくずれた

おわりにとざされしるべをなくす
こころのゆきばもみえない
しがつのふぶきに
きおくをこおらせてしまえば
わすれられるのかな すべてを

いたみだけのこしたまま
このきせつすぎてゆくのかな
だれかをいとしくおもえるように
さくらぎにねがった

あいしただれかにであえたら
まいおどるはなのあめのなか
あふれだすおもいをつたえよう
そっとくちづけして

だいすきなきみにであえたら
まいあがれそらのむこうまで
さしだすてのひらにぎりかえし
きぼうをうたうから

さくらの下で、君に

愛した君とさよなら
降りしきる花の雨の下
ふり返り背中を見送った
「また…出会えるのかな」

まどろむ陽ざしのように
寄り添ってた日々が
ずっと続くと信じてた
僕が描いた理想の未来は
音を立てて崩れた

終止符に囚ざされ
しるべをなくし
心のゆき場も見えない
四月の吹雪に
記憶を凍らせてしまえば
忘れられるのかな すべてを

痛みだけ残したまま
この季節過ぎてゆくのかな
"誰かを愛しく思えるように"
さくら木に願った

愛した誰かに出会えたら
舞い踊る花の雨の中
溢れ出す想いを伝えよう
そっとくちづけして

大好きな君に出会えたら
舞い上がれ空の向こうまで
差し出すてのひら握りかえし
希望を唄うから



(ひらがな)

あいしたきみとさよなら
ふりしきるはなのあめのした
ふりかえりせなかをみおくった
またであえるのかな

まどろむひざしのよに
よりそったひびが
ずっとつづくとしんじてた
ぼくがえがいたりそうのみらいは
おとをたててくずれた

おわりにとざされしるべをなくす
こころのゆきばもみえない
しがつのふぶきに
きおくをこおらせてしまえば
わすれられるのかな すべてを

いたみだけのこしたまま
このきせつすぎてゆくのかな
だれかをいとしくおもえるように
さくらぎにねがった

あいしただれかにであえたら
まいおどるはなのあめのなか
あふれだすおもいをつたえよう
そっとくちづけして

だいすきなきみにであえたら
まいあがれそらのむこうまで
さしだすてのひらにぎりかえし
きぼうをうたうから

初音ミク 「おでかけ」
from ニコニコ動画

おでかけ

暖かい風が春を連れて来て
まぶしさに心が目覚め
出かけよう キミと手をつないで歩こ
ふたりの好きな道を

せっかくだし もっと遠くまで行こうよ
日が暮れるまでに帰ればいい
ふたりでね食べるお弁当を持って
桜の丘へ行きたいね

今年見る桜はね 去年見たよりきれいで
来年もまた来よう 一緒に見たいね

青空を見上げて 転げ合うふたり
ずっと今が続け! そう思ってた
桜の木の下で
大好きなキミの肩に頭をすり寄せた
そんな春の日


大好きなキミが好きな町だから
わたしもこの町が大好き
まだ知らない素敵な場所へ行きたいね
ふたりの知らない場所へ

夕焼けが真っ赤に空を染めてしまう
日が暮れる そろそろ帰ろっか
帰り道は少し寄り道して行こう
夕食を食べて帰ろうよ

毎日ね思うんだ キミの笑顔が好きだよ
これからも いつまでも 独り占めしたい

一番星見つけ はしゃぎ合うふたり
ずっと今が続け! そう思ってた
同じ空の下で
大好きなキミの そっと出した手を握る
そんな夕暮れ


わたしがね 笑顔で毎日いられるのは
いつも隣にキミがいてくれるから

お月さまを見つけ 見つめ合うふたり
きっと今なら言える わたしの言葉で
何年先までも
大好きなキミの一番そばにいさせてね
そんなわがまま

▲TOP