関連する動画

【IA】 ユメノ信 

ユメノ信 歌:IA

眩く、遠く、寂しくて
キミから何を見つけたの?
何もわからず立ち止まってった
蔑む人の、笑い、声
キミには何もできなくて
独り泣くのもできなかった

差し伸べる儚き手握り締め
気付いたんだ独りは嫌なんだ!

信じた夢見たあの先は
今キミには何が見えてるの?
見つけただけど辿り着けない
ねぇ、教えてその理由を
逃げたくて怖くて振り向けず
今僕には何が出来てるの?
いつから僕は此処にいるの?
ただ笑って笑って欲しいんだ

歯痒く、だけど、知りたくて
二人で歩み続けたい
そんな言葉が言えなかった
悔しくてキミの側に寄り添い
何も言わず歩んでくれる
そんなことでも嬉しかった

何気ない優しさを知りそして
気付いたんだ手を取り叶えるんだ

逃げては見えないこの先も
今僕にも見つけられてるの?
この手はキミに届いてるの?
ねぇ、教えてその笑みを
夜が明け日が暮れ繰り返し
もう、見慣れた 場所さえわからない
戸惑いながらも手を引いて
ただ解って判って欲しいんだ

僕にも見えていたんだ
キミが笑う意味も
差し伸べるその意味も
悔しくてだけど、嬉しくて
その手を取り二人で

信じた夢見たあの先が
今キミには何が見えてるの
今なら笑って向き合える
もう、理由は要らないんだ
初めて感じたこの気持ち
でも僕には何故か懐かしく
何時だって僕は此処にいるよ
ただ分かって笑ってくれたんだ

手を差し伸べてその先へ

夏空ゆうれい

■No.211.3

  夏空ゆうれい

A1
気がついたら 隣にいた
泣き虫なわたしの腕を
離さないで 引いてくれた
笑顔の素敵な女の子の

B1
言葉も姿も笑顔も
周りのみんなは見えないって
大人はそんなの嘘だって言うけど

夏が廻(めぐ)るたび出会えた
思い出を重ねてゆけた
夏影 蜃気楼みたいな
空の下

A2
素足(すあし)のまま かけっこした
かくれんぼは 苦手でも
同じ季節 過ごしてきた
わたしによく似た女の子を


B2
たとえて言うなら そうだねきっと
向日葵みたいな夏のゆうれい
大人はそんなの嘘だって言うけど

夏が廻(めぐ)るたび出会えた
約束を重ねてゆけた
夏影 紫陽花色(あじさいいろ)した 日々に

S
大好きと 伝える言葉はいらなくて
いつまでも一緒だと 無邪気にそう思っていた

C
夏がまた廻(めぐ)るたび 思い出を重ねよう
夏がまた過ぎるたび ひとつまた年をとろう
気が付けば 少しずつ その背丈 ずれていく
その声が 輪郭が 思い出が ぼやけてく

A3
気がついたら 隣にいた
泣きじゃくるわたしの頭
背伸びをして 撫でてくれた
これがきっと 最後の夏

B3
裸足の草原 かけっこ
向日葵畑のかくれんぼ
大人はそんなの嘘だって言うけど

夏が廻(めぐ)るたび繋いだ
この温もりきっと嘘じゃない
夏影 蜃気楼みたいな日々

S
大好きと 大好きと 溢(あふ)れる想いは
透明な夏の空に 溶けて消えていった
届くのかな あの空まで

また夏が来る 今年も あぁ
「大好きだよ」と 伝える空


■説明など
小さなセカイ系です

忘れられた女王~オルビダ・ヒストリア~

失われた空 凍て付く王国
光閉ざす雲 一つの宣告

(幾年を隔てようと、この雲を消せはせぬ。
 かの女王の命こそが、ただ一つ我が望みと。
 呪われし盟の元に、差し出され消えて逝った、
 美しき女の名を、語り継ぐ声も無く。)

望まないわ ただ一人の生は 嗚呼
(犠牲は 許し難くて)

美しき地よ
正しさを望むならどうか(正しさを望むから嗚呼)
(黒く塗り潰した)

世界が
(偽りで飾る)
記す ヒストリア
(真を歪めた 正しきヒストリア)
私は
(真実の歴史)
何時か 開かれる
(世界は目を伏せ誰にも開かれぬ)


忘れ雪解けて 返り咲く光
神々を讃え ハレルヤは響く

(民草か貴女のみか、何れ一つ与えよう。
 凍て付いた城の中に、永遠を祝福せん。
 かの女王を弑せしは、魔術師の手には非ず。
 畏れ惑う臣民の、振り上げたギヨティーネ。)

望まないわ ただ一人の生は 嗚呼
(彼等は 信じられずに)

美しき人
優しさを望むならどうか(優しさを望むから嗚呼)
(黒く塗り潰した)

世界を
(己らを飾り)
隠す ヒストリア
(祈りを歪めた 正しきヒストリア)
私を
(偽りの中に)
何時か 思い出す
(刻んだ罪ごと痛みを思い出せ)


(女王を殺せ)与えましょう
(奴に差し出せ)捧げましょう
(ギロチンに掛け)この命は
(こうべを落とせ)惜しくは無い
(我らの咎か)私だけは
(我らの罪か)貴方達を
(許されぬなら)赦しましょう
(歴史を閉ざせ)愚かな人


(千年の繁栄に、影を落とす呪い一つ。
 森に済む魔術師の、他に誰も知るは無し。)

千年を超えた今も囚われた魂は、
王国の影の中で眠り祈り続け……


貴女は
(世界に閉ざされ)
記す ヒストリア
(知る者無くした 悲しきヒストリア)
私は
(安らぎを与え)
何時か 見出される
(世界は目を伏せ赦しを受け入れる)

世界は
(La 偽りを捨てて)
記す ヒストリア
(真を束ねた 〝正しき〟ヒストリア)
私は
(La 真実の歴史)
嗚呼 此処にいる
(貴女は開かれ全ては此処にいる)

rest your soul……

rest our Queen……





・読み

うしなわれたそら いてつくおうこく
ひかりとざすくも ひとつのせんこく

(いくとしおへだてようと、このくもおけせわせぬ。
 かのじょおうのいのちこそが、ただひとつわがのぞみと。
 のろわれしめいのもとに、さしだされきえていった、
 うつくしきおんなのなお、かたりつぐこえもなく。)

のぞまないわ ただひとりのせいわ ああ
(ぎせいわ ゆるしがたくくて)

くすしきちよ
ただしさおのぞむならどうか(ただしさおのぞむからああ)
(くろくぬりつぶした)

せかいが
(いつわりでかざる)
しるす ヒストリア
(まことおゆがめた ただしきヒストリア)
わたしわ
(しんじつのれきし)
いつか ひらかれる
(せかいわめおふせだれにもひらかれぬ)


わすれゆきとけて かえりざくひかり
かみがみおたたえ ハレルヤわひびく

(たみぐさかあなたのみか、いずれひとつあたえよう。
 いてついたしろのなかに、えいえんをしゅくふくせん。
 かのじょおうおしいせしわ、まじゅつしのてにはあらず。
 おそれまどうしんみんの、ふりあげたギヨティーネ。)

のぞまないわ ただひとりのせいわ ああ
(かれらわ しんじられずに)

くすしきひと
やさしさおのぞむならどうか(ただしさおのぞむからああ)
(くろくぬりつぶした)

せかいお
(おのれらおかざり)
かくす ヒストリア
(いのりをゆがめた ただしきヒストリア)
わたしお
(いつわりのなかに)
いつか おもいだす
(きざんだつみごといたみおおもいだせ)


(じょおうおころせ)あたえましょう
(やつにさしだせ)ささげましょう
(ギロチンにかけ)このいのちわ
(こうべおおとせ)おしくわない
(われらのとがか)わたしだけわ
(われらのつみか)あなたたちお
(ゆるされぬなら)ゆるしましょう
(れきしおとざせ)おろかなひと


(せんねんのはんえいに、かげおおとすのろいひとつ。
 もりにすむまじゅつしの、ほかにだれもしるわなし。)

せんねんおこえたいまもとらわれたたましいわ
おうこくのかげのなかでねむりいのりつづけ……


あなたわ
(せかいにとざされ)
しるす ヒストリア
(しるものなくした かなしきヒストリア)
わたしわ
(やすらぎおあたえ)
いつか みいだされる
(せかいわめおふせゆるしおうけいれる)

せかいわ
(La いつわりおすてて)
しるす ヒストリア
(まことおたばねた ただしきヒストリア)
わたしわ
(La しんじつのれきし)
ああ ここにいる
(あなたわひらかれすべてわここにいる)

rest your soul……

rest our Queen……

リセットザワールド

■No.191

  リセットザワールド

嘘だらけのこの世界
作り物の真実に
嘆き悲しんでる
君に答えをあげよう

さぁ塗りつぶしてあげよう
喜びも悲しみでも
苦しみと一緒に
全部リセットしてあげよう

記憶を消す能力(ちから)
神様のミス・間違い
真っ白く塗りつぶして
全部白紙にする能力(ちから)

嘘だらけのこの世界
作り物の現実に
嘆き苦しんでる
君に救いをあげよう

顔も知らない father
売女みたいな mother
全部投げ捨て この世界をリセットしてしまおう

こめかみに銃声を
撃ち放ち塗り潰す記憶
幸福な幻想を
今すぐ君達に教えてあげよう

嘘だらけのこの世界
逃げ場も無い部屋の中
手首の傷 見てる
君に未来をあげよう

さぁ塗りつぶしてあげよう
喜びも悲しみでも
後悔と一緒に
全部リセットしてあげよう

記憶を消す能力(ちから)
神様のミス・間違い
全部デバックした後で
新しい世界作ろう

嘘だらけのこの世界
作り物の幸福で
嘆き苦しんでる
君に救いをあげよう

ドラマの中の 愛
火傷だらけの 腕
全部忘れて この世界をデリートしてしまおう

こめかみに銃声を
撃ち放ち書き換える心
索漠な救済を
今すぐ君達に与えてあげよう

Love'n Lovie さよなら世界
Bye Re:Bye リセットしよう
Love'n Lovie 大嫌いだよ
Bye Re:Bye また来世でね

喜びも悲しみでも
記憶なんて無くなれば
全部リセットすれば
苦しみだって無くなる

世界を消す能力(ちから)
神様のミス・間違い
全部 私さえも
取り替えて捨ててしまえ

こめかみに銃声を
撃ち放ち塗り潰す記憶
幸福な現実を
今すぐ私にも教えてくれ

こめかみに銃口を
押し当てて溢れてく涙
幸福な幻想を
あの日の私にも教えて欲しかった

嘘だらけのこの世界
作り物の現実に
嘆き苦しんでる
私に出口を下さい

君と同じように
喜びも悲しみでも
苦しみと一緒に
全部リセットして下さい

記憶を消す能力(ちから)
神様のミス・間違い
全部白紙にした
何度目かのこの世界

嘘だらけのこの心
作り物の現実に
嘆き悲しんだら
新しい世界へ行こう



■説明など
リセットガールなセカイ系で書いてみました

ヤンデレ万歳

▲TOP