関連する動画

【曲が付きました】Rainy days


Rainy days 雲がかかる 
少しずつ空は暗く 
悲しむ心へ 響く空の歌


目を閉じて聞こえる 悲しい雨の歌
黒い雲はお日さま隠して
傘もささず1人 寂しい雨の街
水溜まりに溺れてしまおう


瞳を濁す どしゃ降りの雨がやがて
すべて流してゆくから


Rainy days 夢の終わり 
はじまりの空は青く 
塞がる心に 虹が架かるよ
Rainy days 涙拭いて 
雨上がり空は澄んで
暗闇の心に 今 光射すから


心の奥の もやもやの雲はやがて
雨に流れてゆくから


Rainy days 夢の終わり
はじまりの空は青く
塞がる心に 虹が架かるよ
Rainy days 涙拭いて 
雨上がり空は澄んで
暗闇の心に 今 光射すから


Rainy days 明日へ向かう
晴れ渡る空が見える
疲れた瞳は 少し眩しい
Rainy days 前を向いて
手を取り合い共に歩こう
青空の向こうには 未来が待っている

虹を架ける Rainy days



*ひらがな


レイニーデイズ くもがかかる 
少しずつそらはくらく 
かなしむこころへ ひびくそらのうた


めをとじてきこえる かなしいあめのうた
くろいくもはおひさまかくして
かさもささずひとり さびしいあめのまち
みずたまりにおぼれてしまおう


ひとみをにごす どしゃぶりのあめがやがて
すべてながしてゆくから


レイニーデイズ ゆめのおわり 
はじまりのそらはあおく 
ふさがるこころに にじがかかるよ
レイニーデイズ なみだふいて 
あめあがりそらはすんで
くらやみのこころに いま ひかりさすから


こころのおくの もやもやのくもはやがて
あめにながれてゆくから


レイニーデイズ ゆめのおわり
はじまりのそらはあおく
ふさがるこころに にじがかかるよ
レイニーデイズ なみだふいて 
あめあがりそらはすんで
くらやみのこころに いま ひかりさすから


レイニーデイズ あすへむかう
はれわたるそらがみえる
つかれたひとみは すこしまぶしい
あめあがりは まえをむいて
てをとりあいともにあるこう
あおぞらのむこうには みらいがまってる

にじをかける レイニーデイズ

【曲が付きました】幸せのカタチ

A
囁く声がする 『君は今、幸せ?』と
笑顔のまま頷いて 涙が一粒流れた

A
眠ると夢を見る 大好きな本の夢
ありきたりなお話は 私が求める幸せ

B
外へ続く扉が
今そっと開かれる
夢に見た本の世界
目の前に広がって

S
風が青い空吹き抜ける
白い雲を追いかけてく
愛する人どこにもいない
自由という名の幸せ

ここではもう辛く悲しい
明日も知らずに独りで夢を見る

A
『誰でも幸せを選ぶことが出来るよ』
外の世界望むなら 此処へは戻れないけれど

B
愛し愛させれること
大切に思う・・・だけど
この世界では鎖で
篭に繋がれてる

S
朝は太陽と目覚めたい
夜は空の星眺めたい
もしも願い叶うのならば
悪魔に心取られていい

終わりの無い夢の中で
始まることさえ失くして夢を見る

B
ずっと大切だった
でもいつも苦しくて
愛し君背中向けて
夢の中駆けてく

S
繋がりの無い空眺めて
笑顔でありがとう言うよ
選んだ幸せ噛み締めて
涙が一粒流れてた

選んだもの私だけの
幸せのカタチ抱きしめおやすみ

*ひらがな

A
ささやくこえがする 『きみはいま、しあわせ?』と
えがおのままうなずいて なみだがひとつぶながれた

A
ねむるとゆめをみる だいすきなほんのゆめ
ありきたりなおはなしは わたしがもとめるしあわせ

B
そとへつづくとびらが
いまそっとひらかれる
ゆめにみたほんのせかい
めのまえにひろがって

S
かぜがあおいそらふきぬける
しろいくもをおいかけてく
あいするひとどこにもいない
じゆうというなのしあわせ

ここではもう つらくかなしい
あしたもしらずに ひとりでゆめをみる

A
『だれでもしあわせをえらぶことができるよ』
そとのせかいのぞむなら ここへはもどれないけれど

B
あいしあいされること
たいせつにおもう・・・だけど
このせかいではくさりで
かごにつながれてる

S
あさはたいようとめざめたい
よるはそらのほしながめたい
もしもねがいかなうのならば
あくまにこころとられていい

B
ずっとたいせつだった
でもいつもくるしくて
いとしきみせなかむけて
ゆめのなかかけてく

S
つながりのないそらながめて
えがおでありがとうというよ
えらんだしあわせかみしめて
なみだがひとつぶながれてた

えらんだもの わたしだけの
しあわせのかたち だきしめおやすみ

▲TOP