関連する動画

夕景、リグレット / 音街ウナ [オリジナル:夕景ロック]

昔の記憶なんてとっくに消えていて
忘れたかった事さえも思い出せないや
あの日、君が僕に吐き捨てた言葉の意味は
曖昧なまま季節に溶けていったようで

剥がしたい 剥がれない
消したいくらいに消せない
君は云うよ「お別れだね」
口ずさんでたメロディ

離れたい 離れない
消えたい でもまだ消えない
だから僕が抱える孤独の色は

「誰にも理解され(わか)らないまま」

ねえ、
いつかのシークレット
教えてよ
忘れたはずの夕暮れの風景
時が経って、目を合わせることも
できないまま鮮やかに消えた空

ねえ、
瞬間、リグレット
今だけは
笑ってくれよ、嘘でもいいから
「嗚呼」
季節に見せられた残像に
僕だけが唯、取り残されていた

隙間風、窓に映った空の色は透明で
過ぎ去っていった体温は戻らないメモリー
今日の僕が吐き出した感情に意味は無くて
蒙昧なまま明日を迎えてくようで

忘れたい 忘れられない
終わりたいけれどまだ終わらない
僕は呟く、「行かないでよ」
惜日と君はトートロジー

失くしたい 失くならない
心に戻ってくるいつかの言葉
最低なまま傷を残して
「君には理解でき(わから)ないだろ?」

ねえ、
夕景はトワイライト
いつまでも
忘れられない、君がいた風景
時が経って、居場所探すことも
できないまま明後日に消えていく

ねえ、最後のストーリー
終わっていくよ
消えないように、叫んでたその声は
いつも
季節が溶けていく瞬間に
瞳に映る空を、滲ませていた

離れたい、離れない
消えたい でもまだ消えない
今はもういない筈の君の顔は
「僕には理解でき(わか)らないまま」

ねえ、いつかのシークレット
教えてよ
忘れたはずの夕暮れの風景
時が経って、目を合わせることも
できないまま鮮やかに消えていく

ねえ、
瞬間、リグレット
今だけは
笑ってくれよ、嘘でもいいから
「嗚呼」
季節に見せられた瞬間に
僕の心はあの日のままで揺れ動く

今はもう、聞こえない
また会える日まで「さよなら」さ
瞼に溢れる蒼
季節に見せられた残像に
僕だけが唯、取り残されていた

今、3分10秒を僕にくれよ / 音街ウナ [オリジナル]

筆を折ることを選んだ少女は
今日も浮かない顔で踏切の前に立ってた
ありふれた物語は終わった筈なのに
なぜだか涙が止まらないんです

寝る間も惜しむくらい、夢を描いていた
傷だらけの指先でなぞる虹の足跡を
我武者羅に走らせたペンと明日への焦燥が
思い出に変わっていくのが怖くて

「気づかないフリをして、雑踏に立つ私は
白く塗りつぶされた未来の地図を握った」
誰もがみんな主人公になれるわけじゃないこの世界で
「普通の人生」に怯えるしかなくて

夢を断つ君へ伝えたいことがあるんだ
今から3分10秒を、僕にくれやしないか
「くだらない」なんて笑わないでくれよ
だって物語はまだ終わりじゃないから


「誰にも望まれてないのは自分でも解っているの。
でも、間違い隠して日向の道なんて歩けないから」
間に合わせの黒い靴に、偽りのポートフォリオ
本当の自分はどこに消えてしまうんだろう

「臆病な私はレールを踏み外さぬように
幼き日の憧憬を 胸に秘めて呼吸(いき)をする」
やがてはすべて消えてしまう、昨日に戻れぬ空の下で
「いつかの後悔」が心、締め付けるよ

道迷う、君へ伝えたいことがあるんだ
今、抱えた憂鬱を 脱ぎ捨てられるならば
苦しさも全部、抱きしめられる日が来るよ
信じてる自分が心にいるなら
きっと描いた虹は広がるから

夢叶う未来(あす)へ 繋ぎたい想いはひとつ
「今から3分10秒を、未だ見ぬ今日の君へ」
「くだらない」なんて諦めないでくれよ
だって物語はここから始まるんだ


生きる意味を探して、生命を燃やす僕らの
明日は終わらないさ 鮮やかに陽は昇っていくよ

惜日 / 音街ウナと初音ミク[オリジナル:夕景ロック]

雨上がりの空はいつでも
心晴れやかな青空なのに
冷たくなった指先を広げて僕は只、独り
虚空を見つめてる

やがて枯れてしまう花びらに
受け止めきれないくらいの水を与え続けても
いずれ無駄になると分かっているのに、この手は何故か
傷つけても止められなくなっているんだ

「呼吸をやめて、最早――
何十年も経った気がするよ」
優しくされても僕は
心を無くしてしまってるから
誰にも理解されなくて眠れないや

僕にはまだ早すぎたの?
夢も、我儘も不安も押し殺すだけの毎日で
もう戻ることはない日々
誰も自分以外愛することのできないこの場所で
揺れる

「愛されたい」と願っていた
壊れた世界の隅っこで僕は
夕暮れに染まるよ

茜色、いつもの空は暮れて
青白く満ちた月が顔を出して夜を告げる
「孤独で震える僕の心の隙間も埋めてくれないか」なんて
問いかけても虚しさだけが募る

「生憎、僕は既に――
"希望"という感情、忘れてるから」
嘘をついてもいいのなら
あなたの期待に応えられるけど
それが許されないことはわかってるよ

嗚呼、仮初の幸せは
いつも都合の良い誰かの想い出に変わってくから
全て忘れてしまえばいい
僕も、自分以外愛することができないまま
ここで朽ちる

「愛されない」と解っていた
壊れた世界の真ん中で僕は
黄昏に抱かれて

「呼吸を止めて、どうやら――
何百年も経っていたようです」
嘘をついている僕は
心をなくしたフリをしてるから
誰のことも信じられないから言うよ

僕にはまだ早すぎたよ
夢も、我儘も理想も諦めるだけの毎日で
全て忘れてしまえるなら
僕は、僕すらも愛することのできないこの場所で息を止めたんだ

僕にはもう遅すぎたよ
いつか大切な誰かの想い出の中で生きられたら
もう戻ることはない日々の中で
誰も自分以外愛することのできないこの場所で
揺れる

「愛されたい」と願っていた
壊れた世界の隅っこで僕は
夕暮れに染まるよ

絶望、黄昏レ午後六時

心に一つだけ仕舞ってた「何か」を
思い出せないのは
ちっぽけすぎる自分を受け入れない
自尊心の証明

夕焼けの明かり 日常を営む声
窓の内側には、幸せが溢れてるのかな?

「自分のことしか考えてないのは、君が弱いからだ」
理路整然と語る声がしたよ あなた何様ですか?

今が厭になるほど流れる汗 嗚咽の空
消せない過ちだって
いつか忘れてしまえるのかな?

ガラス戸の中(うち)、溢れ出す
僕の嫌いな存在、空の彼方
「行けども暮れども同じこと」と
思っていたあの日々

存在
いつかの未来は今、遠い闇に消えてった
絶望
いつかの綺麗な 綺麗な

心に一つだけ残した「何か」を
忘れたくないのは
夢とか希望なんて文字の上に
乗れない僕の葛藤

どこにいるの?教えて
「ココニハ誰モイナイ」
ねえ、いま見つけたよ
「一人デ泣イテイル僕」
赤ク染マル街並ミヲ
駆ケ抜ケテ午後六時
行カナクチャ
「……けど何処へ?」

駅のホームに立って
ゆらゆらと揺らいでる感情
家路に着いてる僕は
見えない明日を恐れている

ガラス戸の中(うち)、溢れ出す
思い描いてた未来、「忘レタクナイ?」
黄昏に咲く夢の花を
抱きしめてた瞬間(とき)、いま

存在
いつかの希望は今、赤く朱に染まっていった
衝動
この手に煌めく夕日が

いつからだろう?ずっと
忘れようとしても
また今日も繰り返す
明日は笑えるといいな

春眠、暁に溺れる / 音街ウナと初音ミク[オリジナル]

どんなに日々が続いても忘れられないことは数多
消えない絵の具で描かれた、窓際の日常は
浮かんでは消えた陽炎に押しつぶされそうになっているんだ
僕が思うほど世界は、優しくなんかなくて

斜に構えた理想で見過ごした希望さ
いつまで経っても子供みたいで
"本当の自分”が見つからないんだ

伝えたい想いも、人より上手く言葉にできないから
僕はいつも一人泣くんだろう
季節に流され、明日もSleepy

春の風に舞う不確かな未来の肖像
いつも瞼を擦っているから見えなくなってるよ
猜疑心に埋もれて眠れない今宵はまた
いつか自分を見失うほどに忘れていくんだろう
暁に揺れてる空へ抱かれて溺れていく

真昼に夢を見てる僕は、ありふれた幻想抱いて
願い叶う前に目が冷めて、辟易とするような
曖昧な日々の残像に締め付けられて動けないでいるんだ
早く誰か解いてよ、傷いてもいいから

諦めばかりでいつの間にか過ぎる日々さ
淡々と時は距離を広げて
本当の僕を置き去りにしていく

ひとり呟くのは、誰かに僕を認めてもらいたいから
僕はここでずっと、顔伏せて
逡巡いつでも、歩幅はSlowly

春に桜散り、別れを告げるその意味は
いつも自分を殺しているから理解できないだろう
浅い眠り続く夜に震えながら明日もまた
僕は自分を見失って、もう抜け出せないんだろう
朧気な夢の中で、さめざめと泣き続けてるよ

諦めばかりでいつの間に過ぎる日々さ
淡々と時は歩幅、進めて
"本当の自分”が見つからないまま

伝えたい想いは、真昼の夢に溶けて消えてしまうから
今はここでずっと、顔伏せて
過ぎゆく季節に、なぜだかSleepless

春の風に舞う不確かな未来に僕は
いつも涙を堪えているから顔を伏せてるんだよ
猜疑心に埋もれて眠れない今宵も、ただ
もう戻らない思い出の中で僕は叫んでるよ

「もう一回」

春に桜、散り
別れを告げるその意味は
巡り巡って季節の中で置き去りにされてくよ
浅い眠り続く夜に震えながら今宵も、また
僕は自分を見失ってもう抜け出せないんだろう

春の風に舞う未来と焦燥
僕は顔を伏せて涙を堪えているよ

柔らかな春の風に流され
朧気な夢の中で、さめざめ
暁に揺れてる空へ抱かれて
溺れていく
僕は今も

心模様、アンビバレンス / 音街ウナと初音ミク[オリジナル]

「くだらないこと」ばかり求めていた僕らはいつからか
過ぎゆく日々が当たり前に思えて、心無くしてた
隣で歌っている君を見つめてるのはいつも僕で
疑うことなんて知らない子供のように笑ってた

雨降りの街で行き交う人々の過ぎゆく足音
誰かに嫌われてしまうことに怯えて歩いていた
ふたりで登ったいつもの坂道から見える夕焼けは
今日は顔を隠してしまっているんだろうか

たゆたう街灯に、夢はいつも那由他
七色の光を、指でなぞり遥か
いつか終わる今日を、君は走り出した
時計の秒針は別れを近づけてゆく
僕は瞳を閉じて

エンドロールすら迎えられない僕らの、叶わないストーリー
雨宿りできる場所はここだけしかないと、勘違いしてた
しょうもないことで誤魔化して、消えていったかけがえのない日々
揺れ動く心模様、アンビバレンス

壊されないように守ることでいつも必死だったから
君が教えてくれた温かな優しさも忘れてた
僕が僕であろうとする身勝手な理由で傷つけて
涙を浮かべる瞳に気づかないまま雨に溶けた

ぐらつく足元に、傘もささないまま
冷えきった指先、繋ぎ止めていたかった
悲しそうな顔で、君は俯くまま
零れ出た「さよなら」の、音だけが響いていく
君は振り向かないんだ

ラストシーンさえ分かち合えない僕らの、終わっていくメモリー
「君の隣に僕はもう居られない」なんて、判っているんだ
つまらないことで嘘ついて、無くしてくあの惜別の日は
心と同じ雨模様、アンビバレンス

たゆたう街灯に、夢はいつも那由多
七色の光を、指でなぞり遥か
終わっていた今日に、僕は気づけなくて
時計の秒針はもう別れを告げていた
僕は――

エンドロールすら迎えられない僕らの、終わっていくメモリー
冷たい雨に打たれてひとりで泣いてる、しょうがない僕で
ふたり手を取り紡いでいた、色褪せずに輝くあの日々は
僕らの心のよう

ラストシーンさえ分かち合えない僕らの、叶わないストーリー
雨宿りできる場所はここだけしかないと、勘違いしてた
“つまらない"日々重ねていた、美しい想い出をこの胸に
明日からは、また歩き始めるよ

「もう会うことはないんだろう」
すれ違うことさえもできない、この街角で
君に似た声で誰かが呟いた
「明後日には晴れの予報。」
アンビバレンス

輪廻創生、メリークリスマス / 音街ウナと初音ミク[オリジナル]

おしえてよ、かみさま

僕は息苦しくなるくらい、押さえつけられてた
いつだって境界線、越えられない

誰かと争う事、恐れていたんだろう
“悲しみ"は冷たく流れるエンドロールの中

どのくらい歩いた?
果てなき荒野
いつか見たいと願う暁は

後悔、抗う
汚れたこの手
握りしめて、今


If it fell into a new world
(もしも新しい世界に堕とされたとして)
I wonder what I think there.
(僕はそこで何を思うだろう)

あなたは呟くんだ「孤独なメリークリスマス」

I was crying because I could not do anything.
(僕は何もできなくて泣いていた)

あなたと紡いでいく「最初のメリークリスマス」
誰もいない、この世界


戸惑い嘆いた日々は遠く過ぎていった
冬の街頭に裸足で立つ僕は

誰かの嘲る声
「消えてしまう生命」と
喉元に突き立てたナイフが
“今"を切り裂いて、揺れる

~セリフ~
少女たちは悲しみ、もがき苦しんだ過去から解き放たれた
自分自身が生きる世界から離れることを選んだ彼女たち
願った運命からは少し遠い結末を迎える
~セリフおわり~

「教えてよ、かみさま」
いつか見た夢
幻想が遥か彼方
消えてゆく

どのくらい歩けば?
孤独な夜に 
未だ見えない僕らの暁は

この世界、彷徨う
重ねた手と手
握りしめた、今

If it fell into a new world
I wonder what I think there
僕は思い出せない「あの日のメリークリスマス」

I was crying because
I could not do anything
あなたは望んでいた?「最後のメリークリスマス」
教えてよ、神様


この世界で歌ってるんだ
歩き出す僕らが望んでいた「創生のメリークリスマス」

I will become one with you,
melt into this world.
(僕は君と一つになって、この世界に溶けていく)
二人で紡いでいく「僕らのメリークリスマス」
誰もいない、この世界

lalalala...

この世界で歌い続けるよ
永遠に……

きみのことがきらいだ / 音街ウナと初音ミク [オリジナル:夕景ロック]

遠く広がる世界
あなたの声は響いている
淡く揺れる陽炎に
この手を伸ばしてた

いつかの空見上げた
終わる今日の日のこと
過ぎた日々の後悔
こころ、離れ幾月

「拝啓、あなたは今も元気ですか
僕は相変わらずの日々で
いつかの笑う顔
思い出して手紙を書きました」

「前略、きみはいま何処ですか?
あれから月日は経ったけど
今でもこの空の下で
笑っているのかな」

楽じゃないことばかり続く毎日に
すり減ってしまった今の僕は
君と居た日々の思い出、追いかけ
ひとり、佇む

鮮やかに煌めく夕焼けは
ふたりの影を遠く伸ばしていく
涙で滲んでいる空の色
悔しいわけじゃないけど(届かなくていま)
「きみのことがきらいだ」

「教えて、あなたは
今もその声で
誰かの希望を紡いでるの?」

「君は今も真っ直ぐだね」
その姿が愛おしくなるよ

悲しいことばかり続いた昨日に
疲れ果てて眠る、私のそばで
解けた心の片隅で微笑む
君を想えば

「優しさ」を不意に忘れた時
ふたりで過ごした日々、蘇る
青く広がってる海の色
悲しいわけじゃないけど(会いたくなるから)
「きみのことがきらいだ」

涙が溢れて泣きじゃくる昨日に
お別れを告げた臆病な僕の
君といた日々の思い出を胸に
今日を生きてく

「ほんとうは、きみのことが」

鮮やかに煌めく夕焼けは
ふたりの影を遠く伸ばしていく
涙で滲んでる空の色
悔しいわけじゃないけど

「優しさ」を不意に思い出すとき
過ぎ去った日々が、愛おしくなる
心、溶け込んだふたりの色
抱きしめたくなるけれど(戻れないのなら)

「きみのことがきらいで、
こんなに大好きで
あの日に戻りたいよと
叫び続けていた」

遠く広がる世界
貴方の声が聞こえてくる
こぼれ落ちる涙は
海に溶けていった

いつかの空見上げて
戻らぬ日々は、静かに
暮れゆく海の広さは
遥か彼方未来へ

明日の僕らは / 音街ウナと初音ミク[オリジナル:夕景ロック]

風に吹かれながら
僕らはすれ違う
いつもの道で少しだけ立ち止まる夜
君は急ぎ足で、大人になりたがる
「世の中の誰も認めてくれない」なんて感じていた

青い空を「懐かしい」なんて、言わないでくれよ
苦虫を噛み潰したら 空は黒く淀んでいった

不条理な壁が目の前、塞いで
ずっと僕に囁く、その声は「泣いていた」

いち、に、さん で迷いながら
いつもの日々は続いていく
らららら… 明日の僕らは?

どこに向かっている?行き先もわからぬままで
蛍光色に塗りつぶした地図を握りしめて
彼は千鳥足で子供に戻りたがった
疲れた足跡、引きずる想い出は揺れる意識の中でも

淡い感情、吐き出せないまま
潜った世界で
「心から笑える日が来ると、
信じていてもいいですか?」

不確かな道が目の前、続いて
ずっと君を呼ぶその声が響いていた

いち、に、さん で歌いながら
僕らの日々を紡いでいく
らららら……昨日に”さよなら"を告げて


青い空を「懐かしい」なんて 言わないでくれよ
「いつかまた、笑える日は来る」と
信じて今日も歩いていく

不条理な壁を乗り越えた時に
やっと「僕以外僕になれない」と気づいたんだ

いち、に、さん で生きる僕の
果てのない旅は続いていく
らららら……
道無き道を進むのさ

いち、に、さん、し で
に、に、さん、し で
さん、に、さん、し で
僕ら笑って
何気ない日々の「幸せ」この手で
描き出すよ

いち、に、さん、し で
に、に、さん、し で
さん、に、さん、し で
繋がる僕らが
ありふれた"今の自分"を愛せる
素晴らしき日々よ

らららら………
明日の僕らは

▲TOP