関連する動画

DANCE DANCE

今宵はお誂え向き 満月が白く誘(いざな)う
容赦ならもうしないわ はめをはずしましょ

大げさにため息つく
肩肘はって物憂げな
ウブな少女装うの そうよおてのもの

首筋香る 赤い狼 のどを鳴らして待ってるわ

棘を落とした 可憐な野バラ 見せかけの罠気付くかしら
気恥ずかしげに 微笑んでも
ほら この指先は手慣れている

※yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance

Keep on dance

胸元は光るジュエリー 
片耳少し色付けて
深淵の向こう覗きに 足音を消して

甘く艶めく 赤い狼 このたてがみ触れてみてよ

伏し目の似合う 揺れる目尻で 躊躇うふりで着いていくわ
強引な声で 引き寄せてね
ほら その唇をときめかせて

※繰り返し

呼吸乱して 腰を絡め
感じて確かめる
砕けてとろけても
心だけは飼い馴らされないわ

yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
×2
yes
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
×2
Keep on dance

Keep on dance

Round sky

満点の星空の下 点と点を繋いでく
時を越えて繋がっていく 星座を見る
小さく跳ねた子ウサギ 双子の子とオリオン
狩りをする猟犬達を見送って

切り取った星空を ひたすら見送って
物語を紡いでた

回った星たちを 数えて時間も忘れるくらい
ずっと夢を見ては 星の数を数えた
巡った星たちは なぜだか鮮やかに煌めいて
ちょっと背伸びをして 変わり続ける空を見上げている


曇天の日々を過ごす 視界は曇っていた
時がたっていくほどに ありふれてく
もう飛べない鳩の羽 流れる川にペルセウス
金の毛の牡羊達はもういない

切り取った星空は どこかにしまったまま
物語はもう止まってる

回った星たちを 数える時間も忘れるくらい
ずっと走り続けて 星の数を忘れた
巡った星たちは なぜだか薄く消えていくから
ちょっとため息して 変わり続ける空を遠ざけた


覗きこんだ望遠鏡の中
星は前よりくすんで見えていて
あの頃見えてたはずの星空は
どこに消えてしまったの

ずっと星たちは 同じ場所で僕らを照らしてる
はずなのに 変わってないのに


回った星たちを 見上げて僕は立ち止まってた
ずっと背伸びをして 上を向いていたんだ
巡った足跡を 覗いて見えてきた星空で
そっと星をなぞり あの頃に戻ってみる
回った星たちを 見上げた僕は何を思おう
ちょっと近づいても 変わることない空を見上げよう

DANCE DANCE

今宵はお誂え向き 満月が白く誘(いざな)う
容赦ならもうしないわ はめをはずしましょ

大げさにため息つく
肩肘はって物憂げな
ウブな少女装うの そうよおてのもの

首筋香る 赤い狼 のどを鳴らして待ってるわ

棘を落とした 可憐な野バラ 見せかけの罠気付くかしら
気恥ずかしげに 微笑んでも
ほら この指先は手慣れている

※yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance

Keep on dance

胸元は光るジュエリー 
片耳少し色付けて
深淵の向こう覗きに 足音を消して

甘く艶めく 赤い狼 このたてがみ触れてみてよ

伏し目の似合う 揺れる目尻で 躊躇うふりで着いていくわ
強引な声で 引き寄せてね
ほら その唇をときめかせて

※繰り返し

呼吸乱して 腰を絡め
感じて確かめる
砕けてとろけても
心だけは飼い馴らされないわ

yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
yes all right
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
×2
yes
Dance dance dance tonight
Dance dance dance all night
Dance dance dance midnight
you get a dance dance keep on dance
×2
Keep on dance

Keep on dance

君に届かぬ物語

〈A〉
愛を紡ぐ物語
語る人はここにはいないけれど
忘れることがないならば
如何に笑うことが出来ようか

〈B〉
旅人であるためには
希望を抱く用意がいる

〈サビ〉
やがて涙も乾くのだろうか
未練を持てる身に
未来見通す鏡の中に
君あればいいのに

〈2A〉
時を辿る物語
繋ぐ先には何が待ってるのか
失うものがないならば
何故に恐れることがあるだろう

〈2B〉
旅を続ける限りは
巡り合わせを望めるのか

〈2サビ〉
全て砂塵と朽ち果てるならば
この手に残るのは
記憶のぬくもり いついつまで
君だけと願って

〈C〉
星が弧を描いては
終焉を告げ知らせて廻る

〈3サビ〉
明日の匂いが導き始める
新たな旅先へ
再び立ち上がり進むだろう
今を生きるために



※読み方と簡単な譜割 ()は一音に当てています※

あいをつむぐものが たり
かたる ひとはここにはいな いけれど
わすれるこ とがな いならば
いかに わらうことができよおか

たびびと であるため には
きぼうをい だくよう いがいる

やがて なみだもかわくのだろうか
みれんを もてる みに
みらい みとおす かがみのな かに
きみあ れば いいのに

ときをたどるものが たり
つなぐ さきには なにがまって るのか
うしなうも のが な いならば
なぜに おそれる ことがあるだ(ろう)

たびをつ づけるか ぎりは
めぐりあわせを のぞ めるのか

すべて さじんと くちは てるならば
このてに のこる のは
きおく のぬくも りいついつまで
きみだ けと ねがって

ほしが こを えがい ては
(しゅ) うえんを つげしらせてまわる

あすの においが みちびき はじめる
あたらな たびさ きへ
ふたた びたちあ がりすすむだ(ろう)
いまを いき るために

地の祈り

このままでいて  全て無駄にするつもりだったら
一つも変わることはない
きつく突き放された

こわばる胸のざわめき
聞き取って
瞼を開け

降り注ぐ陽射し 豊かな恵み浴び
走る横顔 厳しさ刻まれてゆく
今の慰め 受け入れられたなら
時が答えをくだせると
手を結び祈る


届かぬ願い 幾度問いかける 飽くことなく
動き求め続ければ いつかは

戸惑う足に 夕陽が絡み付く
力があれば

『立って』

かじかむ指先 ほどくためには
命の光を程よく与えて
固い大地を踏みしめ
伝う 彼方へ辿る歌
天を繋いで


■よみかたと簡単な譜割 ()は一音にあてています■

こ のままで いて すべて むだにする つもりだったら
ひとつも かわる ことはない
き つくつきはなされた
こわば る む ねの ざわめき ききとって
まぶたを あけ

ふりそそ ぐひざし ゆ たかなめぐみあび
はしる よこがお きびしさ きざ まれてゆく
いまの なぐさめ うけいれられ たなら
ときが こたえをくだせると て を
む すび いのる

とどかぬ ねがい いくど といかける あーくことなく
うごき もとめつづければ いつかは
とまどう あしに ゆうひが からみつく
ちからが あれば

たって
かじかむ ゆびさき ほ どくためには
いのち のひかりを ほどよく あたえて
かたいだいち を ふみしめ
つたう かなたへたどるう た
てんをつ ないで

blue moon

闇を纏い駆け出す 気付けば一人きり
青く輝く瞳が 隠しきれぬ証

全身で 叫んでみたとしても
応える声は 既に 何処にも聴こえない

blue moon 確かな胸のうずきだけ
ただ導く 生き延びるのだ


夜を殺し駆け抜く 限界を超えても
青く燃える炎に 真実を求めて

災い 誘う道だろうと
前へ進むしかない 使命を背負って

blue moon 確かな記憶の欠片に
ただ惹かれて 立ち向かい続け

漆黒の悦楽に 追いつめられ
受け継がれる呪い 贖う術はどこに

月が照らす 影を映せず
渇く身体 牙がざわめく

生まれたこと自体 咎なき罪
光に背いて 運命を奪え

肌灼けつく 激情の滾り
今目覚める 絶望の野獣




ーよみかたと譜割 ()は一音に当てていますー

やみをまといかけだす きづけばひとり きり
あおくかがやくひとみが かくしきれぬあ かし

ぜんしんで さけんで みたとしても
こたえるこえは すでに ど こにもきこえない

(ぶるー)(むーん) たしかな むねのうずき だけ
ただ みちびく いきのびるの だ

よるをころしかけぬく げんかいをこえ ても
あおくもえるほのおに しんじつをもと めて

わざわい いーざなう みちだろうと
まえへすすむしかない し めいをせおって

(ぶるー)(むーん) たしかな きおくのかけ らに
ただ ひかれて たちむかいつづけ

(しっ) こくのえつ らくに 
お いつ められ
う けつ がれる のろい
あ がなう す べはどこに

つきがてらす かげをうつせず
かわくからだ きばがざわめく

うまれたこと じたい とがなきつみ
ひかりにそむ いて うんめいをう ばえ

はだ やけつく げき(じょ)うのたぎり
いま めざめる ぜつぼうのけもの

暗闇の旅人

喪失の行方を求める声
吸い込まれ 闇はなお深くなり
遠く擦れる 胸掻き乱す閃光
答えに辿り着くか

歓喜に沸き上がる饗宴
空しく思えば崩れ落ち去る
永遠を彷徨える孤高の旅人だけ
授けられる真実

やがては消える
全てが運命ゆえに
愛しさ募り
名残纏い 儚く

ああ 輝け

時の流れ 迷いに委ねて
通り過ぎる影の温もり知り
幾度も塗り重ねる
誤ちの楽園に
慰めの口づけを

この身に巣食う無限を偽る心
正しく抱いて つかの間眠りながら踊れ
嘗ての夢のあと



■よみかたと簡単な譜割 ()は一音にあてています■

そおしつのゆくえをもとめる こえ
すいこまれやみはなおふかく なり
と おくか すれる むねかきみだす せん(こお)
こ たえに たどり つくか

かんきにわきあがる (きょ)おえ ーん
むなしくおもえばくずれおち さる
えいえんをさま よえる ここおのたびび とだけ
さ ずけら れるしんじつ

や がては きえる
す べてが さだめ ゆえに
い としさ つのり
なごりまといは かなく

あー かがやけ

ときのながれまよいにゆだね て
とおりすぎるかげのぬくもり しり
いくどもぬりか さねる
あやまちのらく えんに
な ぐさめ のくちづけを

こ のみに すくう む げんを いつわるもの
た だしく だ いて
つ かのま ね む りながらおどれ
かつてのゆめの あと

不知火金魚

祭りのあとに 打ち捨てられた
赤い金魚の 命儚し
胸の内に秘めた 紅蓮のような願い
一時にも満たず 奪い消されるなら

上質の(少しだけ)
お手つきで(焦らされて)
選ばれて(その目つき)
壊される
釣り上げて(優しさに)
忘れられ(絆されて)
生きられぬ地上 墜とされる

鬼灯よ この夜を
艶やかに 照らし出せ


貴方に捧げたのは
偽りだけの真心

果てない恋情も絡繰りの
仕掛けの見えない紙芝居
幾重に着重ねた薄羽衣
まやかし隠しては匂い立つ


嗚呼 付け足された尾ヒレ 美し
哀れなどと 気がつかなければ
篝火に煽られた影絵と 踊れ

嗚呼 現世では触れられえぬ
まるで不知火 妖しの
暁よ 天高く この身を燃やせ





<よみがな>

まつりのあとに うちすてられた
あかいきんぎょの いのちはかなし
むねのうちにひめた ぐれんのようなねがい
ひとときにもみたず うばいけされるなら

じょうしつな(すこしだけ)
おてつきで(じらされて)
えらばれて(そのめつき)
こわされる
つりあげて(やさしさに)
わすれられ(ほだされて)
いきられぬちじょう おとされる

ほおづきよ このよるを
あでやかに てらしだせ

あなたにささげたのは
いつわりだけのまごころ

はてないれんじょうもからくりの
しかけのみえないかみしばい
いくえにきかさねたうすはごろも
まやかしかくしてはにおいたつ

ああ つけたされたおひれ うつくし
あわれなどと きがつかなければ
かがりびにあおられたかげえと おどれ

ああ うつしよではふれられえぬ
まるでしらぬい あやかしの
あかつきよ てんたかく このみをもやせ

宿命のWhite Cross

青い月が夜空を照らす 
宿命の奏でる音嘲笑うように

霞む夕陽 谺す声 
逆巻く髪 時来たりぬ 
魂ごと 震えるのは
選ばれた者故に

逃れきれぬ運命

青い月が夜空を照らす
宿命の奏でる音嘲笑うように
白い十字架 闇を貫く
戦いの行き着く先へ


永遠なる この肉体に
一つ残る 赤い印
遥かなる日 巡り会った
結ばれえぬ人の痕

思い募らせても

青い月を夜空が隠す
宿命の結末を泣き叫ぶように
白い十字架 闇を消し去る
この胸を引き裂きながら


もし叶うのならば 差し伸べたこの手
掴むものを全て 救えたら

青い
青い月が夜空を照らす
宿命の奏でる音嘲笑うように
白い十字架 闇を貫く
戦いの行き着く先へ

風になって 君追い求め
宿命の絡まる棘解き放たれたら
終わりのない均衡崩す
導くは世界の果てへ



ーよみかたと譜割 ()は一音にあてていますー

あおいつ きが よぞらを てらす 
(しゅ)くめいの かなでるお とあざわらうように

かすむゆ うひ こだま すこえ
さかまく かみ ときき たりぬ
たましい ごと ふるえ るのは
えらば れた も の ゆえに

のがれきれぬさだめ

あおいつ きが よぞらを てらす
(しゅ)くめいの かなでるお とあざわらうように
しろい(じゅう) じか やみをつ らぬく
たたかいの ゆきつくさきへ

えいえん なる このか らだに
ひとつの こる あかい しるし
はるかな るひ めぐり あった
むすばれ えぬひ と のあと

おもいつのらせても
 
あおいつ きを よぞらが かくす
(しゅ)くめいの けつまつを なきさけぶように
しろい(じゅう)じか やみをけ しさる
このむねを ひきさきながら

も し かなうのな ら ば さし のべ たこ のて
つか むものを す べて すく え たら

あおい
あおいつ きが よぞらを てらす
(しゅ)くめいの かなでるお とあざわらうように
しろい(じゅう)じか やみをつ らぬく
たたかいの ゆきつくさきへ

かぜに なって きみおい もとめ
(しゅ)くめいの からまると げときはなたれたら
おわりの ない きんこうく ずす
みちびくは せかいのはてへ

▲TOP