関連する動画

空色Clover

『もし、ボーカロイドがパソコンから出てきたら……どうする?』


それは、自分たちにボーカロイドを勧めてきた友人からの電話。
けれどその声は、浮かれているとは正反対の神妙な声。
まさか本当に? と一瞬考えてしまうも、この手の話はよく創作話で溢れてる。
キャラクターの魅力にやられた友人――彼女なら、安易に考えそうな夢でもある。

元々、彼女が買ったものの扱えないからと泣きつかれ、
鏡音リン・レンのマスターをしていた主人公は、
「確か彼女が持っていたのはリンやレンと、KAITOだったはず。
 その組み合わせで面白いことが起こるなら買ってもいいかもね」
なんて簡単な理由で、KAITOのV3を買うことに決めた。


――そして、 KAITOを受け取るその日。
そっくりさんだと思っていた同僚の正体。
隣の家の前で立ち尽くす、音楽ランキング総ナメの人物と似ている人。
リビングで寛いでいた、6人の姿。

……どうやら友人からの電話は、ただの夢物語ではなかったようだ。


突然の大所帯に混乱する暇を与えずやってくる、共同生活ならではのハプニング。
彼らはただのボーカロイド?
それとも新しい家族、親友、恋人――?

W主人公&二種類の性格で少しずつ変わっていく物語。

空色Clover

『もし、ボーカロイドがパソコンから出てきたら……どうする?』


それは、自分たちにボーカロイドを勧めてきた友人からの電話。
けれどその声は、浮かれているとは正反対の神妙な声。
まさか本当に? と一瞬考えてしまうも、この手の話はよく創作話で溢れてる。
キャラクターの魅力にやられた友人――彼女なら、安易に考えそうな夢でもある。

元々、彼女が買ったものの扱えないからと泣きつかれ、
鏡音リン・レンのマスターをしていた主人公は、
「確か彼女が持っていたのはリンやレンと、KAITOだったはず。
 その組み合わせで面白いことが起こるなら買ってもいいかもね」
なんて簡単な理由で、KAITOのV3を買うことに決めた。


――そして、 KAITOを受け取るその日。
そっくりさんだと思っていた同僚の正体。
隣の家の前で立ち尽くす、音楽ランキング総ナメの人物と似ている人。
リビングで寛いでいた、6人の姿。

……どうやら友人からの電話は、ただの夢物語ではなかったようだ。


突然の大所帯に混乱する暇を与えずやってくる、共同生活ならではのハプニング。
彼らはただのボーカロイド?
それとも新しい家族、親友、恋人――?

W主人公&二種類の性格で少しずつ変わっていく物語。

▲TOP