アキさん

◆ボカロ動画以外で使用しないでください◆

関連する動画

花とエトワール

A1
陽だまりのような暖かさに
包まれて眠る 今が幸せ
胸の痛みで目が覚めた朝は
何処か遠くへ行っちゃったみたい

B1
風に吹かれ 雨に打たれても
咲き誇る小さな花
「青い鳥は近くにいる」って
あなたの言葉 思い出す

S1
爽やかな風が吹き抜けた
ちょっとだけ強引な優しさで
輝いた瞳にはお星様(エトワール)
教えてよ あのときの想いを

A2
突き刺さるような眩しさに
奪われた夜は 少し不安で
揺れる気持ちを抱きしめてばかり
だけど 少しは強くなれたかな

B2
暑い夏も 冬の寒さにも
負けないわ 小さな花
「僕が君の希望(ひかり)になる」って
あなたは言ってくれたから

S2
爽やかな風が吹き抜けた
ちょっとだけ寂しげな横顔で
うつむいた心には万華鏡
上を向く手助けをしたいな

S1
爽やかな風が吹き抜けた
ちょっとだけ強引な優しさで
輝いた瞳にはお星様(エトワール)
教えてよ あのときの想いを


ボカロ流し込み用

ひだまりのよおな あたたかさに
つつまれて ねむる いまが しあわせ
むねの いたみで めがさめた あさわ
どこか とおくえ いいちゃあたみたい

かぜに ふかれ あめに うたれても
さきほこる ちいさな はな
あおい とりわ ちかくに いるて
あなたの ことば おもいだす

さわやかな かぜが ふきぬけた
ちょおとだけ ごういんな やさしさで
かがやいた ひとみにわ えとわーる
おしえてよ あのときの おもいを

つきささるよおな まぶしさに
うばわれた よるわ すこし ふあんで
ゆれる きもちを だきしめて ばかり
だけど すこしわ つよくなれたかな

あつい なつも ふゆの さむさにも
まけないわ ちいさな はな
ぼくが きみの ひかりに なるて
あなたわ いいて くれたから

さわやかな かぜが ふきぬけた
ちょおとだけ さみしげな よこがおで
うつむいた こころにわ まんげきょー
うえをむく てだすけを したいな

さわやかな かぜが ふきぬけた
ちょおとだけ ごういんな やさしさで
かがやいた ひとみにわ えとわーる
おしえてよ あのときの おもいを

スレチガイclub ver [歌詞]

スレチガイ


<verse1>
いつの間にか離れた
もう独りは慣れた
二人の時間壊れた

二人のメモリーが
心の重りで


<chorus1>
逢いたいよ 逢えないのもう一度
想いは スレチガイどうして


<verse2>
お前と離れ一年
蘇る記憶突然
今は何をしてるの?と
ふと気になった街頭の下

この道歩いた二人で
笑い合ったね隣で
今はここを独りで 歩いている
いつもより長い道を


<bridge1>
想いはスレチガイ 離れていく
あの日は笑顔でサヨナラ伝えたのに
どうしてこんなに思い出が
痛みに変わって 胸に刺さっているの

やさしいウソ気付かなくて
戻れるならあの時に


<chorus2>
今すぐ逢いたいよ 逢いたいのもう一度
スレチガイで 終わらせたくないの

眠れないよ 眠れないのこんな夜
そばにいて 抱き締めてもう一度


<verse3>
ふと気付いた着信
お前からと確信
言葉見つからずに自信もない
本当は今すぐ飛んでいきたい

<bridge2>
キミへの電話 コールだけ残っている
どうして声さえ聞けないの

終わったよと言い聞かせた
なのにキミが離れないよ


<chorus3>
もう一度伝えたい 伝えたいよこのキモチ
スレチガイで 終わらせたくないの
眠れないよ 眠れないのこんな夜
そばにいて 抱き締めてもう一度


<bridge3>
思い出が苦しめる
サヨナラを消して

<chorus4>
もう一度伝えたい 伝えたいよこのキモチ
スレチガイで 終わらせたくないの

眠れないよ 眠れないのこんな夜
そばにいて 抱き締めてもう一度

逢いたいよ 逢えないのもう一度
想いは スレチガイどうして

想いはスレチガイ離れてく…


-------------------------------------------
スレチガイ
lyric&music:Martin

【完成】愛染百合-あいぞめリリィ-

【A】rain 優しさを振りかざす残像を覆い隠す
ring 記されたレプリカの意味を知ることになるなんて

【B】華やかな白薔薇彩った街路樹
永遠誓った後ろ姿眺めて

【C】沈み欠けた太陽が 黄昏に涙流した森
濡れて咲き誇る王冠の 偽りに愛を染めた百合
枯れて尚薫る言葉を 誰も噂にはしないだろう
癒えない想いそこに残るのに

【A】lie 真実も綻ばす出鱈目な紅い糸
light 鮮やかなカイソウを価値の無いものにしてしまう

【B】穏やかな面影冷え切った捏造
永遠誓った土の中抱きしめて

【C】語りかけた満月は 静寂に心隠してる
蒔いた種芽吹く島(アイランド) 罪悪なる禁忌の百合
幻に似た愛の名を 誰も知ることはないだろう
見えない深い底に遺る恋

【D】迷いかけた人生を 曖昧にしたくないから
肥えていく嫉みと絶望 喜びに愛が変えたのに

【C】沈み欠けた太陽が 黄昏に涙流した森
濡れて咲き誇る王冠の 偽りに愛を染めた百合
枯れて尚薫る言葉を 誰も噂にはしないだろう
癒えない想いそこに残るのに

【C】語りかけた満月は 静寂に心隠してる
蒔いた種芽吹く島(アイランド) 罪悪なる禁忌の百合
幻に似た愛の名を 誰も知ることはないだろう
見えない深い底に遺る恋

採用:Lover's Black jack

≪Aメロ≫
僕の切り札 それは君のココロ
惑わされずに 蜜月(みつげつ)選べるかな
また逃げ出すの?君の悪い癖だ
本音聞かせて これ以上焦らさないで

≪Bメロ≫
夢と現実 交差する夜に
朧げな月が揺らめいた
この手を取るか 嘘を貫くか
チャンスは一度しかあげない
さぁ、どうする?


≪サビ≫
君に捧げるメロディ 僕なりの深愛(しんあい)を込めて
その魂に響け 音も声も必要ないさ


≪2Aメロ≫
煮えたぎらない 臆病な君に
仕方ないから イイワケを許すよ
【僕のせい】だと そう言えばいいさ
限界なんだ イライラさせないで


≪2Bメロ≫
踏み止まるの そろそろ飽きたよ
君は何が守りたいのさ
堕ちていく事 そんなに怖いの?
僕を拒絶して悔やむのは
ヤメテヨネ


≪2サビ≫
君に誓う口づけ 僕なりの深愛(しんあい)を込めて
夢のままをお望み? 僕の瞳(め)を逸らさずに答えて



≪3Bメロ≫
君の涙が 終わりを教えた
もうすぐ夜明けの時間だね
砂のお城が 崩れるみたいに
僕らの儚い永遠も
消えてゆく


≪3サビ≫
君に捧げるメロディ もう君には届かないはず
扉の鍵を捨てて 現実(リアル)を取り戻したから
それでも愛を誓う 例え淡い幻だって
君と過ごした夜は 僕の胸の奥に生きてる



▲TOP