関連する動画

LOVE&PIECE∞

A
【イロ】
すくいあげたら
そんなもんだってさ
【シキ&ゲキヤク】
水のそこの底
【イロ】
ながめてるほうが
きれいだったなぁ

A
【メリー】
プラスとマイナス
まじわる場所が
=ゼロなら
帰り道いつも
迷い込んでら

B
【シキ】
赤いろがやけに逆立つ
かといって藍では
【ゲキヤク】
こころが翳るから
【はくぽ】
今宵は
【ルーク】
きみの
【イロ】
黄昏でおねがいします

S
【イロ】
LOVE&PEACEでウタエ!
声の声の声のさきへ

【ゲキヤク】
LIFE&BEATでオドレ!
ゆれる×3 ハート

【シキ】
LOVE&PEACEなベイベー!
きみのきみのゆびのさきへ

【イロ】
ギンガムチェックでキメた!
ぼくは×3 ピエロ


A'
【ルーク】
たべてみたなら
こんなもんだったさ
やっぱりそんなに
すきじゃないんだよ
わかってたのに・・・
【はくぽ】
わかってたのに・・・

A
【シキ】
ハチミツにまぜた
おとなのスパイス
【イロ】
台無しにさせる
【ゲキヤク】
おやすみのまえは
甘やかしてよ

B
【テト】
BGMはきみに決めた
Come back アイ☆アイ
【メリー】
もうすぐ陽がしずむ
【ルーク】
今宵はきみの
【イロ】
プール底 沈んでいます

S
【メリー】
LOVE&PEACEでウタエ!
くらいやいやいやいやいや

【イロ】
ダンシングチューンでオドレ!
ひりりひりりしみるハート

【ルーク】
レンタルリースなベイベー!
きみのきみのゆびのさきへ

【イロ】
ポーカーフェイスでキメた!
ぼくの×3 ピエロ

※コーラス︰テト&ヨーナ

B
【イロ】
赤いろがやけに逆立つ
かといって藍では
【シキ】
こころが翳るから
【ゲキヤク&イロ】
今宵は
【はくぽ】
きみの
【ルーク】
黄昏でおねがいします

S
【テト】
LOVE&PEACEでウタエ!
声の声の声のさきへ

LIFE&BEATでオドレ!
ゆれるゆれるゆれるハート

【イロ・シキ・ゲキヤク】
レンタルリースなベイベー!
きみのきみのゆびのさきへ

【メリー・はくぽ・ルーク】
ギンガムチェックでキメた!
ゼロとイチのぼくのピエロ

※コーラス︰他のみんな

Saturday

(イントロS)
LaLaLa・・・

A
ないものをねだり
なくしてはないてた
ないものなんてさ
なんにもないのに

B
ボクが捨てたはずのガラクタを
誰かが拾って空に翳(かざ)してた
キラキラ光って とても綺麗に見えた土曜
ボクはそれがほしくって仕方ない

S
こぼれ落ちてゆく ボクのかけらも
幾度 捨て去った 夢の続きも
こぼれ落ちてゆく キミの光も
たとえ 朽ち果てた 冬の蕾も


A
あることをうらみ
けしたくてないてた
きえぬものなんて
なんにもないのに

B
ひとり乗ったバスのチケットを
汗ばむ指先で 空に翳してた
キラキラ光って とても綺麗に見えた夜空
ボクはそれが怖くって仕方ない

S
こぼれ落ちてゆく 月のかけらも
不意に 拾いあげた 夢の続きも
こぼれ落ちてゆく キミの光も
たとえ 舞い散った 春の息吹も

B
誰かがキミの名前 呼んだから
ボクはキミに恋をしたのかな
誰かを好きになるって なんだろう
ボクはキミに恋をしたのかな

キラキラ光って とても綺麗に見えた土曜
ボクはそれがほしくって仕方ない

S
昨日見たはずの 星の光も
幾度 夢に見た 夢の続きも
こぼれ落ちてゆく キミの光に
ボクは 見とれてた 夏のはじまり

LS
こぼれ落ちてゆく ボクのかけらが
幾度 捨て去った 夢の続きが
こぼれ落ちてゆく キミの光が
空に 舞い散って 花を咲かすの?

The Hallow Night

鐘が10(じゅう)を打つ
黒い仔猫の紅い眼が
闇夜に浮かんで
ボクを誘う

さぁさ、こちらへ
スープをどうぞ
冷えた喉に流れ込む
黄色い涙のカタルシス

落ちる炭の音
目覚めたボクの声は渇れ
消えた黒猫と
やさしい兎

辺り一面
蜘蛛の巣 覆う
朽ちた頬に手をあてて
永い刻(とき)の戸を開ける


幾夜も続く 不死の宴に
迷い込んだ今宵
首を吊り
骨鳴らし
また嗤う
ナイトメア
お楽しみは箱 の中さシュレディンガー



十字にキスをする
青い月夜に 身を隠し
凍えた瞳で
キミを狙う

さぁさ、こちらへ
お菓子をどうぞ
飢えた心 満たすよに
葡萄色したメランコリー

腕に 眠った
永久(とわ)に目覚めぬキミだけの
美しい声を
もう一度 ねぇ

ボクの命が
残ってるなら
消えぬ咎(トガ)に戒めを
歌う愛のレクイエム

朽ち果てようも 不死の宴は
死を待ちわびている
銃で撃ち
剣で刺す
また嗤う
ナイトメア
新しいお友達だよお菓子をどうぞ

幾夜も続く 不死の宴に
迷い込んだ今宵
首を吊り
骨鳴らし
また嗤う
ナイトメア
お楽しみは箱の中さシュレディンガー

黒猫鳴いた 終(つい)の棲(すみか)に
時を動かす声
蝋燭に
火をつけて
溶けだして
ゆくメロウ
扉の向こう 封印の魔法
消されしレゾンデートル現れて
聞こえるキミ叫ぶ声 カタストロフィ

The Darkest Truth

1-A1
掻い潜(かいくぐ)った ファイアウォールと
餞(はなむけ)は 愛のマルウェア
数秒で 蝕(むしば)まれてく
セカイジュウ 深層の奥

1-A2
まやかしのヴェール
この手で 剥ぎ取って

1-B
声は
届かぬ重奏
広がる劣等
正義は暴走
救いはない?

1-S
イチとかバチとかって
そもそも一択じゃん
綺麗に色付けて
花びら枯れてく
突きつけられたのは
真暗(まくら)な現実
晒して さらけ出せ
真黒(まくろ)な真実


//////////////////////////////////////
2-A1
切り抜いた声は断片
意味さえも 変え笑ってる
「彼女らは 幸せになった」
続きのないハッピーエンドさ

2-A2
めでたしの温度
凍える 前にさぁ!

2-B
もはや
すべては空想?
ヒロインも、So(妄想)
それでも 愛そう
抱きしめたい

2-S
生まれた時代なんて
選べるものじゃない
幸せ 押し付けて
笑っていろ、なんて
情報 飽和だって
削って丸めて
やさしい演出
再三 、マンネリ


//////////////////////////////////////
C
あの日泣いていた
君の姿
たったひとつも守れず
闇が拐(さら)ってく

//////////////////////////////////////
間奏

//////////////////////////////////////
3-S
善意を 振り翳(かざ)して
満たした気になって
聖者は歩いてく
燃やし尽くすように
踏み付けられたって
届かない 叫び
その眼を 見開けよ
ハリボテのセカイ

//////////////////////////////////////
4-S
誰もいないなら
(この手で奪おう)
深い深い奥底で
(眠った真実)
汚れ果てた僕らにも
空を
待つのは終わりさ
真実の先へ

//////////////////////////////////////
アウトロ
晒してさらけ出して
暴いて 真白な嘘
晒してさらけ出して

1Aメロ
あなたのこと、忘れてゆく?
それとも、もう焼き付いて消えない?
眼差し、指先、囁きぜんぶ
まだ 私の中 燃え続けてる

1Bメロ
赤く滲んでく
地平線を越えて
曖昧にしてしまう

どんなに好きでも
こんなに、好きでも
夜が燃えている
さようならの暁 ほら

1サビ
染まって
やがて、あなたとの真夜中を
忘れて眠るんだろう

ワケもなく涙が零れたなら
夜明けに瞳(め)を開くの ひとりで

燻る灰(こころ)と
熱は此処に 置いたまま
私は歩き出すから


2Aメロ
高架下の、薄暗さに
だれかを、また思い出してしまう
横顔、温もり、まばたきそっと
まだ 私の奥 熱を帯びてる

2Bメロ
淡く滲じませた
この眼に留めて
鮮明に映し出せ

どんなに好きでも
こんなに、好きでも
空が燃えている
さようならの暁 いま

2サビ
染まって
やがて、私だけの真夜中を
通り過ぎてゆくんだろう

大丈夫、泣いたら強くなれるんだ
私は朝を待つの ひとりで

深呼吸をして
愛は心(ここ)に 抱きしめて
私は歩き出すから


Cメロ
間違いばかり 傷付いて
傷付けてばかり その度泣いて でも

まだ まだ まだ、諦めたくない 嗚呼

ラストサビ
悲しい
夜を燃やし尽くせ
暁に乞う 眩しい街並み

ワケもなく涙が零れたなら
美しい世界のせい ねぇ

染まって
きっと 私だけの真夜中を
通り過ぎてゆくんだろう

大丈夫、滴はそのままでいい
夜はすべて隠すの いつかは

笑って 昨日を
看取れるかな もう一度
さようなら暁の空




【文字数】
1Aメロ
あなたのこと わすれてゆく
それとももう やきついてきえ(ない)

まなざし ゆびさき ささやき(ぜん)ぶ まだ
わたしのなかもえつづけてる

1Bメロ
あかくにじんでく ちへい(せん)をこえて
あいまいにしてしまう

どんなにすきでも こんなにすきでも
よるがもえている
さようならのあかつき ほら

1サビ
そまって やがて あなたとの
まよなかを わす れてねむるんだ(ろう)

わけ も(なく) なみだがこぼれたなら
よあけにめをひらくの ひとりで

くすぶる こころと
ねつはここに おいたまま
わたしはあるきだすから



2Aメロ
こうかしたの うすぐらさに
だれかをまた おもいだしてし(まう)

よこがお ぬくもり まばたき(そっ)と まだ
わたしのおくねつをおびてる

2Bメロ
あわくにじませた このめにとどめて
せんめいにうつしだせ

どんなにすきでも こんなにすきでも
そらがもえている
さようならのあかつき いま

2サビ
そまって やがて わたしだ(けの)
まよなかを とお りすぎてゆ(くん)だ(ろう)

だい (じょお)ぶ ない(たら)つよく(なれ)るんだ
わたしはあさをまつの ひとりで

しんこ(きゅ) うをして
あいはここに だきしめて
わたしはあるきだすから

Cメロ
まちがい ばかり きずついて
きずつけてば かり そのたびないて でも

まだ まだ まだあき らめたくない ああ

ラストサビ
かなしい よるを もやしつくせ
あかつきに こう まぶしいまちなみ

わけも(なく) なみだがこぼれたなら
うつしいせかいの(せい) ねぇ

そまって きっと わたしだ(けの)
まよなかを とお りすぎてゆ(くん)だ(ろう)

だい(じょお)ぶ しずくはそのままでいい
よるはすべてかくすの いつかは

わらって きのうを
みと(れる)かな もういちど
さようならあかつきのそら

夏のユメ

夏のユメ

Aメロ
放課後の、ライブラリ
君を見かけたよ
お気に入り のあの席
分厚い本ズラリ

ふとメガネ はずしたら
涼しい瞳が
僕を見て 微笑んだ?
もう目逸らせない


Bメロ
君にいま伝えたいよ
気づいてない...?僕は
君に夢中!

君とただ手をつないで
花火大会、今夜どうです?
なんてね
沈む夕陽が


サビ
夏のユメ
君と僕のハート
あの日出逢えたから

夏のコイ
君と初のデート?
君は笑う

「今夜6時に坂の下で」


Aメロ2
騒がしい エブリデイ
僕らの世界は
ごちゃまぜの 感情が
解読困難でぃ!

Bメロ2
君にいま伝えたいよ
気づいてるの...?僕は
君が好き!

君の横 顔見つめて
花火綺麗ね、君も綺麗だ!
なんてね
時が止まった


サビ
夏のユメ
君と僕のハート
僕はいつか君と

夏のコイ
僕はただのメイト?
君は笑う

「迷わないでね、ここにいるから」



Cメロ
キーポン マイウェイ!(Keep on my way)
いつでも
ファイティン なデイズ!(fightingなdays)

僕らは
ウェイティン フォー明日!(Waiting for us)
青春

キーポン マイウェイ!
世界は
ファイティン なデイズ!

僕らは
ウエイティン フォー明日!
未来へ

LS
夏のユメ
君と僕のハート
あの日出逢えたから

夏のコイ
君と僕のデート!
君は笑う

「明日朝9時に、図書館ね」

Flare Blue / 初音ミク
from ニコニコ動画

Flare Blue

Flare Blue

A
遮断機が降りて 風
揺れる前髪 空に舞い上がった
花びらとメロディ

歌い出そうとする たび
ポロポロ落ちてゆく想いは言葉
奪われてく リアル

B
雲の上 青しかない
なのに、まだ満たされない
沈み込んでく夢は
後悔に似た姿

C
花咲く時の歌を いま
歩き出すキミのため降り出す雨
見透かされた心の可不可(カフカ)



A
励まされてばっ かり
影を並べて 「ずるいよ」と呟く
夕焼けのメモリー

大丈夫って笑う キミ
トクンと波を打つ鼓動はキミに
伝えきれない リアル

B
雲の上 風もない
なのに、まだ揺れる想い
キミに誓った夢は
いまだ、この手の中だ

C
フレアブルーの叶わぬ 恋
泣いているキミの上 ナミダ雲を
浮かべて降らせた雨の歌

キミは笑って空を見上げる
「大丈夫」 なんてもう 聞かないよ...
もっと早く 抱きしめればよかった

S
もしも ひとつだけ
願いが叶うのならば
フレアブルー舞い上げ踊る
風になりたい

悲しみに膨らむ
雲に音色つけて
そっと指鳴らし
虹に変えるの


A
溜め息を吐いた のは
諦めたから じゃなくてもう一度
前を向く宣言

思うままありたい んだ
ポロポロ落ちてゆく想いに心
預けたなら 行こう

B
雲の上 青しかない
なのに、まだ満たされない
数えきれない夢を
後悔したくないから

C
花咲く時の歌を いま
歩き出すキミのために歌いたい
違う道 またいつか会おう

キミは笑って手を振るだろう
見送って、淋しくて切なくて淋しくて...
空を見上げて叫んだ

S'
もしも ひとつだけ
願いが叶うのならば
フレアブルー溶けては流(なが)る
雲になりたい

ヒトリ進むことを
決めた瞬間から
吹き抜ける風
メロディになるの

立ち止まっては
雨を降らせたりして
カタチを変えて

D
眩(まばゆ)い 不安感情
境界 倫理なんたら
存在証明 嗚呼 無情
愛情友情 クロスサイド

夏が過ぎ去っても
冬をやり過ごしてみても
この胸にあるのは同じ
フレアブルー
空の果て 消えない

悲しみに膨らんだ
雲に音色をつけて


LS
もしも ひとつだけ
願いが叶うのならば
レイニーデイ 二度と消えぬ歌を

もしも ひとつだけ
願いが叶うのならば
フレアブルー 空いっぱいの
花咲かせて

ヒトリ進むことを
決めた私の空
青の向こうへ
吹き抜ける風

惑星259

A
きっと此処が世界の果て
踏み外したら落ちてゆくだけ
区切られた真っ白なキューブで
ぼくらは管理されている

A
全ては個々にあると言って
踏み外したら切り離すだけ
暗闇に繋がれたチューブで
ぼくらは操作されている

B
想像もないイントロもない
言葉の羅列に捩じ込む
じっとできないカンストもない
無限の地獄に抗う

S
ウェルカム 259(トゥファイブナイン)
星が変われどぼくら
相も変わらず蔓延(はびこ)ってエンジョイ

息は続けど、意思はとうに無い
凍り続けて、いつか目覚めたい
ここは新世界 行き着いてどうぞ


A
終わりは「思考」 成れの果てで
腐敗しされど付き纏う声
絶妙に施したポイズン
ぼくらは支配されている

B
葛藤もないジ・エンドもない
アルミの夜空に捩じ込む
じっとできないブラストしたい
魅惑の楽園(ランド)にさ迷う

S
ウェルカム 259(トゥファイブナイン)
星が変われどぼくら
性懲りも無く蔓延ってエンジョイ

愛は解(ほど)けど、意味はとうに無い
夢見続けて、永久(とわ)に眠りたい
ここは新世界 行き着いてどうぞ

LS
ウェルカム 259(トゥファイブナイン)
星が変われどぼくら
相も変わらず蔓延ってエンジョイ

息は続けど、意思はとうに無い
凍り続けて、いつか目覚めたい
ここは新世界 行き着いてどうぞ

惑星259

A
きっと此処が世界の果て
踏み外したら落ちてゆくだけ
区切られた真っ白なキューブで
ぼくらは管理されている

A
全ては個々にあると言って
踏み外したら切り離すだけ
暗闇に繋がれたチューブで
ぼくらは操作されている

B
想像もないイントロもない
言葉の羅列に捩じ込む
じっとできないカンストもない
無限の地獄に抗う

S
ウェルカム 259(トゥファイブナイン)
星が変われどぼくら
相も変わらず蔓延(はびこ)ってエンジョイ

息は続けど、意思はとうに無い
凍り続けて、いつか目覚めたい
ここは新世界 行き着いてどうぞ


A
終わりは「思考」 成れの果てで
腐敗しされど付き纏う声
絶妙に施したポイズン
ぼくらは支配されている

B
葛藤もないジ・エンドもない
アルミの夜空に捩じ込む
じっとできないブラストしたい
魅惑の楽園(ランド)にさ迷う

S
ウェルカム 259(トゥファイブナイン)
星が変われどぼくら
性懲りも無く蔓延ってエンジョイ

愛は解(ほど)けど、意味はとうに無い
夢見続けて、永久(とわ)に眠りたい
ここは新世界 行き着いてどうぞ

LS
ウェルカム 259(トゥファイブナイン)
星が変われどぼくら
相も変わらず蔓延ってエンジョイ

息は続けど、意思はとうに無い
凍り続けて、いつか目覚めたい
ここは新世界 行き着いてどうぞ

Have A Nice Rain

石ころ蹴って
ステップ踏んで
ちょっと転んで

降り出す雨
空を洗って
掴めぬリズム

泳ぐように
雨を渡って
あなたのもとへ

ニセモノだって
ホンモノだって
おんなじだった

私の見つめるものすべて
地面を跳ねる
雨音でさえ

絶え間なく形を変えてそこに在るんだって
だからもっとあなたを傍に感じたいの
雨はやがて止んで隠す青を放つ
手、離さないで?

あなたの青に染まれぬ私はいつも
あなたを置いては また寂しくって泣いた
どうか私の名前呼んで 雨ように
そう、何度だって


ボリュームあげて
飛沫あげて
あなたの空へ

冷たい雨
ぜんぶ洗って
私のすべて

綺麗になって
雨を渡って
あなたのもとへ

ニセモノだって
ホンモノだって
かまわなかった

絶え間なく形を変えてそこに在るんだって
だからもっとあなたを傍に感じたいの
雨はやがて止んで隠す青を放つ
手、離さないで?


くるりくるり円を描(か)いて
ひらりひらり雨に踊る
くるりくるり愛をこめて
ひらりひらり空にかえす


もしも、雨に打たれるよ(う)に今あなたの愛に
染まってしまえたらどんなに素敵だろう
だけど、染まれぬ私は あなたを待つの
名前を呼んで

見えないけど見つめる先に愛は在るの
気まぐれな私を傍に置いて欲しい
どうか私の名前呼んで 雨ように
そう、何度だって
何度だって
手を離さないで

We'll be decided/初音ミク
from ニコニコ動画

We'll be decided

A
産声もなく
建ち並んだ鉄塔に消えた
遥か遠くで
微かに染まった雲を見た

金網越しの世界 揺らす
僕等の線 歪(いびつ)な点
飾られた動かない肖像
と化してく その前にねぇ

B
不器用なままで
結んだリボン
掌に太陽掴んで
キミの足音で振り向く
ここが僕の世界 悪くないだろ?

S
We'll be decided
いつの日か あの波にのまれてゆく
僕等 離れ離れになって
きっとはじめて泣き出すんだ


A
知りたくも無い
剥がれたメッキは秩序の味
爪の奥まで
オトナに染まった朝になる

まだ戻れるはずと 手を伸ばす
疲れ 果て遥かな空
何モノにも染まらないで 唯(ただ)、
唯、ここにいたいんだ 僅(わず)かでいい

B
求める程に Ah
絡まる結び
それじゃとキミの手 握った
ふたりの足音 響いて
ここが僕の世界 悪くないだろ?

S
We'll be decided
いつの日か あの波にのまれてゆく
誰もが ひとりぼっちだって
知っているから逃げ出せないよ

B
不器用なままで
結んだリボン
掌に太陽掴んで
キミの足音で振り向く
閉じた本の続きは今も消えない

S
We'll be decided
いつの日か あの波にのまれてゆく
僕等 離れ離れになって
二度と逢えないのなら...

LS
I will decide
いつの日か あの波を越えていこう
たとえ ひとりだったとしても
僕がキミを覚えているから

うさぎ星
from ニコニコ動画

チューニングガム

A
「軽度」 愛の
程度 だけど
Paied 熱は
DADA捏(こ)ねて クレッシェンド

ミント 味の
ガムを 噛んで
Let It Go 実(ジツ)は
真っ赤っかに 弾けてんだ

A
誰の 夜も
声を 潜め
放つ 熱は
手探りのhanging on

耳を 澄ませ
ココロ たまに
mode チェンジ
キミのとこtuning now


(B)
花の咲く頃に
目を覚ますディープ
甘いのは最初だけ
後味は

ニガイ

(C[サビ])
ちょっとだけね、デキゴコロで
齧った愛 抜け出せなくて
右に倣え、アダムとイヴ
隠しきれぬ、恥じらいも

ちょっとだけね、デキゴゴロで
もうどうでも、よくなるような
迷宮入り 真実気分
隠しきれない

キミの方へ、膨らんでく
ネオンブルの 二酸化炭素
深呼吸で 飽和ミント
フレミングはウソつきだ

ちょっとだけね、デキゴコロで
林檎味に 手を出したけど
なんか違う やっぱ違う
甘過ぎ

(D)
序章だって躓いた
出遅れの恋の花
キミを待ってるんだろう
過ぎる季節を

声をもっと聴きたくて
tuning 合わせては
意味もないチャンネルユラ
ユラユラ 揺れるボク

(B')
花の咲く頃に
夢覚ますディープ
甘いのは最初だけ
後味は

ニガイ

(C'[サビ])
ちょっとだけね、デキゴコロで
齧った愛 抜け出せなくて
右に倣え、アダムとイヴ
隠しきれぬ、恥じらいも

ちょっとだけね、デキゴゴロで
もうどうでも、よくなるような
迷宮入り 真実気分
隠しきれない

キミの方へ、膨らんでく
ネオンブルの 二酸化炭素
深呼吸で 飽和ミント
フレミングはウソつきだ

ちょっとだけね、デキゴコロで
林檎味に 手を出したけど
なんか違う やっぱそうだ
キミだけ

ハルウララ/初音ミク
from ニコニコ動画

流星

1A
流れ星 堕ちるのは
きっとあの ネオン街
蛍火が 蠢(うごめ)いて
欠けた羽 もう飛べない

僕を 乗せた
バスの 行く先は...
きっと そんな場所だろう

幾つ? 止まった
指が 冷たい
誰も いない

1B
誰かの願い事、両手
抱えながらじゃ
あとは堕ちてゆくだけで
見えなくなる夜明けさ

1S
君の
流れ星に 首輪を
付けてあげよう
落ちないよう
夜空吊るし
僕のも飾ろう

きっと
淀んでいる 水みたい
こんな地上じゃ生きれない

一筋、咲いて、綺麗
空になれたら


2A
流れ星 堕ちる夜(よ)は
なんでかな 泣いている
蛍火が 消えてゆく
抱きしめて あたためて

僕が 降りた
バスの 行く先は...
誰の 待つ場所だろう

何度? 止まった
息が 冷たい
誰も 来ない

2B
建ち並ぶ高層 ビルに
ぶつかり消えて
跡形もなくなるよ、ah
その前に君と行こう

2S
赤い
首筋に 残る跡
付けてあげよう
落ちないよう
Ah繰り返し
隣に飾ろう

そっと
捕まえたよ 蛍火は
こんな地上じゃ光れない

見下ろす、世界、綺麗?
夜になれたら


3S
君の
流れ星に 首輪を
付けてあげよう
落ちないよう
夜空吊るし
僕のも飾ろう

きっと
淀んでいる 水みたい
こんな地上じゃ生きれない

片時、輝る、綺麗
空になれたら


3A
流れ星 手をのばす
なんでかな 泣いている
君のこと 見上げてる
僕の羽 もう飛べない

夏の魔法

A
ギラギラ照りつける太陽
永遠より 長い「ご挨拶」
流れる汗、ベタつくシャツも
許してあげよう、金曜日の午後
お話はおわり?

B
カレンダーとにらめっこ、ムム。
指折り数えてカウントダウン
いよいよ×3 来ました!
待ってたボクらのサマー☆バケーション

S
いましかないできないこと
みつけに行こうよ!さぁ
キュウクツぬぎすてたなら
退屈な日常 セイバイバイ!

気づいてるかな?
今年はひとあじも、
ふたあじ以上特別だよ
思い出なんかじゃ、おわらせない!

A
キンキン ブルーハワイが攻める
パラソルちらッ日に焼けた肌
ひんやり、シビレすぎた脳で
ぼんやり、考えてました。
その笑顔、反則だぁ!

B
心拍数あげていこう ハイ↑ハイ↑
めざすは頂上 クライムアップ
恋する準備は完璧です!
夢にみた我らのラブ♡バケーション

S
熱い季節 やってきた
弾む心 乗り遅れないでね!
位置についたらさんにーいち
キミのハート猛奪取!

泣いても怒っても
お腹はすいちゃう
食べ盛りで伸び盛りで
恋まっ盛りで、これぞ青春!

C
太陽が 沈ずむ前に
キミと手つなぎたいな
夏が 終わる前に
キスはまだ早いかな...ァァ

D
サングラスはずし逆パンダ
カッコ悪くて、かまわない!

宿題ってなんだっけ?
それって美味しいの?
現実逃避に、セイバンザイ!

S
ちょっぴりセンチメンタル
振り向いてもらえない かも
弱気な気持ちは 海に
若さゆえの恋に セイハロー!

愛を語るには、まだ早いけれど
わかるでしょう?こんな 気持ち
恋に堕ちたら、もう

S
わがまま渚 ビーチ姫
なりきり白い歯サーフ王(キング)
みんな集まれ! 恋も
友情もまるごと おまかせあれ

失敗したって後悔はしないよ
そんな気持ち、わかるでしょう?
ちょっと大胆に、抜け駆けラブ

夏の魔法せいだよ!

▲TOP