かねイルカ(オクターブ上P)さん

よく魚類に間違えられます。人間に擬態して陸上生活してる音楽好きのイルカです。

関連する動画

【鏡音リン】インスリン【オリジナル】

気泡が ツンツン染みてる
口内の手術が たおれないように
手繰り寄せる みつめてる

上塗って 消し去って
夢現も 食べ尽くすよ

「あがり、あがるだけの日々では
疲れ、いきどまる日も来る
あつくなるだけのことでは
人との距離は埋まらない
適度に肩の力抜いて
冷静と肩を並べるの」

イ ン ス リ ン ス イ ン ス ス リ リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン
リ リ ス リ イ ン ス リ ン イ ン ス リ リ リ ン ス イ ン ス ス
リ リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ リ ス リ イ ン ス リ ン イ
ン ス リ ン ス イ ン ス ス リ リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ
リ ス リ イ ン ス リ ン イ ン ス リ リ リ ン ス イ ン ス ス リ
リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ リ ス リ イ ン ス リ ン


そういいきかせてはみても
距離感の噛み合わせは 一定ではなくて

ぐるぐぐるるるる おなじとこだけを
まわりめぐりすすめないの

さがり、さがるだけの日々には
ふさぎ、たちどまる日もある
さめた斜に構えた武装は
犬も食わない皮肉だけ
猫舌の人も避けるような
極寒で余る残りカス

イ ン ス リ ン ス イ ン リ リ リ ス ス イ リ ス リ ン ス リ ン
リ イ ス リ イ ン ス リ ン イ ン ス リ ス リ ン ス イ ン ス ス
イ リ ス イ ン ス リ リ ス リ ン イ リ ス リ イ ン ス ス ン イ
ン ス リ ン ス イ ン ス イ リ リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ
リ ス リ イ ン ス リ ン イ ン ス リ リ リ ン ス イ ン ス ス リ
ス ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ リ ス リ イ ン ス リ ン

うしろ ひだり
みぎも まえも
誰も彼も何もかも
自分も心も五感も
信じれず不安だらけなんだ

めまい、くらみ寝込むときにも
無力感に包まれる日も
選ぶことが苦しいときも
それまでの道がヒントになる
分けて解いてあがりさがりの
日々を誰しも生きているよ

悩み、迷うネガティブな日も
信じ、進むポジティブな日も
戦うことを選ぶときも
逃げ出すことを選ぶときも
向き合い、知れたそのときから
進む場所は新しい世界

い ー ー ー ー

イ イ イ ン ス リ イ イ ー イ イ イ ー ー イ ー ー イ イ イ イ
ス リ ン イ ン ス ウ ー ウ ウ ウ ー ー ウ ー ー ウ ウ ウ ウ ウ
ウ ウ ー ウ ー ー ー ン ス リ ン ス リ イ イ イ ス ウ ウ ウ ウ
イ イ イ ス リ イ ー イ イ ン ー ン ン ン ン ン ン イ イ ン ー
ン ン ー ン ス ー ス ウ ー ウ ウ ス ウ ー ウ ー ス ウ リ イ イ
ン ン イ ン ス リ ン ス ウ ウ ス ウ リ リ ン イ ン イ ン ス リ
ン イ ン ス リ ン

【鏡音リン】インスリン【オリジナル】

気泡が ツンツン染みてる
口内の手術が たおれないように
手繰り寄せる みつめてる

上塗って 消し去って
夢現も 食べ尽くすよ

「あがり、あがるだけの日々では
疲れ、いきどまる日も来る
あつくなるだけのことでは
人との距離は埋まらない
適度に肩の力抜いて
冷静と肩を並べるの」

イ ン ス リ ン ス イ ン ス ス リ リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン
リ リ ス リ イ ン ス リ ン イ ン ス リ リ リ ン ス イ ン ス ス
リ リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ リ ス リ イ ン ス リ ン イ
ン ス リ ン ス イ ン ス ス リ リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ
リ ス リ イ ン ス リ ン イ ン ス リ リ リ ン ス イ ン ス ス リ
リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ リ ス リ イ ン ス リ ン


そういいきかせてはみても
距離感の噛み合わせは 一定ではなくて

ぐるぐぐるるるる おなじとこだけを
まわりめぐりすすめないの

さがり、さがるだけの日々には
ふさぎ、たちどまる日もある
さめた斜に構えた武装は
犬も食わない皮肉だけ
猫舌の人も避けるような
極寒で余る残りカス

イ ン ス リ ン ス イ ン リ リ リ ス ス イ リ ス リ ン ス リ ン
リ イ ス リ イ ン ス リ ン イ ン ス リ ス リ ン ス イ ン ス ス
イ リ ス イ ン ス リ リ ス リ ン イ リ ス リ イ ン ス ス ン イ
ン ス リ ン ス イ ン ス イ リ リ ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ
リ ス リ イ ン ス リ ン イ ン ス リ リ リ ン ス イ ン ス ス リ
ス ス イ ン ス リ ン ス リ ン リ リ ス リ イ ン ス リ ン

うしろ ひだり
みぎも まえも
誰も彼も何もかも
自分も心も五感も
信じれず不安だらけなんだ

めまい、くらみ寝込むときにも
無力感に包まれる日も
選ぶことが苦しいときも
それまでの道がヒントになる
分けて解いてあがりさがりの
日々を誰しも生きているよ

悩み、迷うネガティブな日も
信じ、進むポジティブな日も
戦うことを選ぶときも
逃げ出すことを選ぶときも
向き合い、知れたそのときから
進む場所は新しい世界

い ー ー ー ー

イ イ イ ン ス リ イ イ ー イ イ イ ー ー イ ー ー イ イ イ イ
ス リ ン イ ン ス ウ ー ウ ウ ウ ー ー ウ ー ー ウ ウ ウ ウ ウ
ウ ウ ー ウ ー ー ー ン ス リ ン ス リ イ イ イ ス ウ ウ ウ ウ
イ イ イ ス リ イ ー イ イ ン ー ン ン ン ン ン ン イ イ ン ー
ン ン ー ン ス ー ス ウ ー ウ ウ ス ウ ー ウ ー ス ウ リ イ イ
ン ン イ ン ス リ ン ス ウ ウ ス ウ リ リ ン イ ン イ ン ス リ
ン イ ン ス リ ン

【初音ミク】アダムとイブとボク【オリジナル】

どうしようもない日々を
どうしようもなく生きる僕
朝目覚めて見る占いは
「片思いの人は告白を」

今も考える君のこと
もしももしもの日々のこと
想いに応えてくれた言葉
「君とは友達で居たいの」です

君の傍に居られるのは
僕の友達のあいつで
絶賛恋愛中の2人その
幸せを願いきれてない

笑顔や涙感情全部
僕の知らない君も全部
あいつと2人半分こ
僕を置いて世界は回る
僕を置いて日々は続くよ

「理想化しすぎていませんか?」
「時こそ最大の良薬です」
何度も見つめるその言葉
錠剤と一緒に飲んで寝る

君との喧嘩も悲しみも
分かち合う役目持てなくて
その手を握り抱きしめて
「好きです」と伝えられたらな
伝えても 何も変わらない
君を 困らせるだけ?
それとも 流され終わるだけ?
終わるだけ

世界中に2人きり
地球最後に2人きり
それでもきっと君ならば
僕よりあいつを選ぶでしょう

「自信を持って」と君は言った
自信があれば 現状は変わるのかな
「優しいね」と君は言った
それはそうさ 僕は君が好きなんだ

震える心で誓うんだ
醜い自分を殺すんだ
「君が幸せであるように
心の笑顔があるように」

【初音ミク】アダムとイブとボク【オリジナル】

どうしようもない日々を
どうしようもなく生きる僕
朝目覚めて見る占いは
「片思いの人は告白を」

今も考える君のこと
もしももしもの日々のこと
想いに応えてくれた言葉
「君とは友達で居たいの」です

君の傍に居られるのは
僕の友達のあいつで
絶賛恋愛中の2人その
幸せを願いきれてない

笑顔や涙感情全部
僕の知らない君も全部
あいつと2人半分こ
僕を置いて世界は回る
僕を置いて日々は続くよ

「理想化しすぎていませんか?」
「時こそ最大の良薬です」
何度も見つめるその言葉
錠剤と一緒に飲んで寝る

君との喧嘩も悲しみも
分かち合う役目持てなくて
その手を握り抱きしめて
「好きです」と伝えられたらな
伝えても 何も変わらない
君を 困らせるだけ?
それとも 流され終わるだけ?
終わるだけ

世界中に2人きり
地球最後に2人きり
それでもきっと君ならば
僕よりあいつを選ぶでしょう

「自信を持って」と君は言った
自信があれば 現状は変わるのかな
「優しいね」と君は言った
それはそうさ 僕は君が好きなんだ

震える心で誓うんだ
醜い自分を殺すんだ
「君が幸せであるように
心の笑顔があるように」

【初音ミク】アダムとイブとボク【オリジナル】

どうしようもない日々を
どうしようもなく生きる僕
朝目覚めて見る占いは
「片思いの人は告白を」

今も考える君のこと
もしももしもの日々のこと
想いに応えてくれた言葉
「君とは友達で居たいの」です

君の傍に居られるのは
僕の友達のあいつで
絶賛恋愛中の2人その
幸せを願いきれてない

笑顔や涙感情全部
僕の知らない君も全部
あいつと2人半分こ
僕を置いて世界は回る
僕を置いて日々は続くよ

「理想化しすぎていませんか?」
「時こそ最大の良薬です」
何度も見つめるその言葉
錠剤と一緒に飲んで寝る

君との喧嘩も悲しみも
分かち合う役目持てなくて
その手を握り抱きしめて
「好きです」と伝えられたらな
伝えても 何も変わらない
君を 困らせるだけ?
それとも 流され終わるだけ?
終わるだけ

世界中に2人きり
地球最後に2人きり
それでもきっと君ならば
僕よりあいつを選ぶでしょう

「自信を持って」と君は言った
自信があれば 現状は変わるのかな
「優しいね」と君は言った
それはそうさ 僕は君が好きなんだ

震える心で誓うんだ
醜い自分を殺すんだ
「君が幸せであるように
心の笑顔があるように」

【初音ミク】アダムとイブとボク【オリジナル】

どうしようもない日々を
どうしようもなく生きる僕
朝目覚めて見る占いは
「片思いの人は告白を」

今も考える君のこと
もしももしもの日々のこと
想いに応えてくれた言葉
「君とは友達で居たいの」です

君の傍に居られるのは
僕の友達のあいつで
絶賛恋愛中の2人その
幸せを願いきれてない

笑顔や涙感情全部
僕の知らない君も全部
あいつと2人半分こ
僕を置いて世界は回る
僕を置いて日々は続くよ

「理想化しすぎていませんか?」
「時こそ最大の良薬です」
何度も見つめるその言葉
錠剤と一緒に飲んで寝る

君との喧嘩も悲しみも
分かち合う役目持てなくて
その手を握り抱きしめて
「好きです」と伝えられたらな
伝えても 何も変わらない
君を 困らせるだけ?
それとも 流され終わるだけ?
終わるだけ

世界中に2人きり
地球最後に2人きり
それでもきっと君ならば
僕よりあいつを選ぶでしょう

「自信を持って」と君は言った
自信があれば 現状は変わるのかな
「優しいね」と君は言った
それはそうさ 僕は君が好きなんだ

震える心で誓うんだ
醜い自分を殺すんだ
「君が幸せであるように
心の笑顔があるように」

▲TOP