関連する動画

Heliosphere(Kyaniteさん作曲)

 Heliosphere

眩しい風を 君にあげよう
静かに夢と 暮らせるように
生まれた星は 空の向こうで
どんな時も 笑っているから

雲になりたくて 狭い部屋を飛び出した
差し込む光は 色あせやしない
乾いた靴の音 ちらり後ろ見返して
悲しく優しく 言葉が吹き抜けた

君が歩き距離を縮ませる 公園は
小さな春を乗せて 胸を揺らす ただ手を繋いだ

いつでもこの街は 夜に怯えて
大切なもの 見失うけど
二人共に 歩いて行く
この景色は 間違いじゃない
眩しい風が 肌を包んで
朝日に染まる 君といたい
生まれた星に 込めた願いを
世界中の 未来に放とう

出会いと別れは 影のように付いてくる
笑顔の数だけ 苦しみがあると
僕等の生活も 同じものと言いかけて
確かな温もり 気付いて思い出す

今を過ごすことに訳なんて いらないさ
大きな力 ずっと 支えている さよならじゃないよ

いつでもこの街は 耳を塞いで
一人ぼっちに なりそうだけど
誰もがまた 笑い合える
日が来るから 諦めないで
涙の跡を 虹に変えよう
僕等そうして 生まれたんだ
輝く星に 秘めた想いを
世界中の 明日に飛ばして

ここから出かけよう 花びら撒いて
途中のドアは 開いておこう
進む道が 辛い時に
振り向くかも しれないからね
涙の跡を 虹に変えたら
もう一度立って 前を向こう
簡単だけど 見えない答え
聞こえたかな?

いつでもこの街に 昇る太陽
大切なのは そう 「生きる」こと!
二人共に 夢を抱き
手を繋いで 歩いていこう
眩しい風が 肌を包んで
何が起きても 君といたい
生まれた星に 込めた願いを
世界中の 未来に放とう

Chronograph

狂い始めた秒針みたいな鼓動ずっと続いて
高鳴る気持ち 抑え切れない思い
君に伝えたい
「そばにいるだけ」「話したいだけ」
些細なことなのにどうして
チャンス逃してちょっと凹んで
一歩踏み出せないで

あなたが居る世界から一つの
歯車が抜け落ちていくみたい

壊れた時計みたいなリズム刻んで
回り続ける世界なんか捨てて
君の鼓動が私を動かすすべてで
もっと近くで感じていたいから
このままずっと

ひずみ始めた歯車の噛み合わせ直せないまま
いつか壊れる瞬間を待つ気持ち
君は知ってるの?
「離れたくない」「忘れたくない」
強く想うほどに欠けてく
ガラスみたいに脆い心守って
歩き出せない

錆び付いても好きという気持ちは
刻みたい秒針でいつまでも

どんなに正確なリズムで動いてても
落ち着かないこの気持ちはどうして?
君の心と噛み合わないもどかしさで
動けない伝わらない言葉に出来ない
気持ちを聴いて


とても近くにいるはずなのに…
君のことばかり考えているのに…
この鼓動が止まる時までに
ガラス越しの気持ち君に届きますように…


壊れた時計みたいなリズム刻んで
回り続ける世界なんか捨てて
君の鼓動が私を動かすすべてで
いつも近くで感じていたいから
時間を刻んで このままずっと…

びーてぃんぐはーと

君はいつでも気がつかないふり
イジワルだよ
少しくらいは褒めてくれたって
いいと思わない?
時々コロンとか変えてみても
反応ナシ
いつも近くにいる私のこと
見てくれてるの?
 
もっと私のこと気にしてよ
私は君だけ いつでも見てるから

急に振り向かれて驚いた胸はbeating heart
抑え切れない気持ちに気がついて
真っ新な空へ吹き抜ける風みたいに純粋な
その瞳で私を見て欲しい
ずっとずっと… 


何も言わずに手を繋ぐなんて
反則だよ
ご機嫌斜めの私の気持ち
解ったのかな
ドキドキしてるとは気がつかない
甲斐性ナシ
いつも近くにいるせいで逆に
伝わらないの?

ずっと見てる私のまなざし
私は君だけいつでも見てるから

急に見つめられて戸惑う小さなbeating heart
すぐ逸らしちゃう視線を戻せない
真っ白なキャンバス開いて二人の色で染まった
この世界で私を見て欲しい
ずっとずっと…


いつでも君の側にいたい
私の気持ちが
触れ合う指先流れて
伝わってゆく

いつでも近くに居て欲しい
些細な願いも
考えるだけでドキドキ
収まらない抑え切れない


急に振り向かれて驚いた胸はbeating heart
抑え切れない気持ちに気がついて
真っ新な空へ吹き抜ける風みたいに純粋な
その瞳で私を見て欲しい
ずっとずっと… 

▲TOP