izumi@midnightさん

イチオシ作品

夜の檻 作詞/作曲 izumi


不安かさねた 夜に檻に囚われたまま
床にたおれて死んだふりの僕を嗤う月

どれだけの時間流れて
どれだけの時間壊していても
変わらないから ねぇ・・・

不安が悲しみを呼ぶよ 
胸を這う痛みはどこに、行けばいいの?
ねぇ・・・

「空を渡る鳥のように飛んでいけたらいいのに・・・」
呟いていた。どこまでも、そう____。

途切れ途切れの月の光静かすぎて
床の上に影を作り蠢いていくよ

どんなに明日を探して
どんなに明日に戸惑っても
変わらないなら ねぇ・・・

すべてが歪んでいるよ
僕の中カラカラなった 何も無いのかな?

すべてが悲しみになるよ ハラハラと散っていくから
心の中 どこまでも、そう____。

もっとみる

投稿日時 : 2013/07/30 19:44
▲TOP