つぃーさん

おはこんばんにちわあああっっ!←うるさい つぃーといいますっ!!

つぃーさん

つぃーさん

csk_120

おはこんばんにちわあああっっ!←うるさい つぃーといいますっ!!
黄色い双子ちゃんを愛する中学2年生♪
暇があったら何か投稿しよっかな~とおもってます(`・ω・)ゝ

アニヲタです、怠け者です、勉強なんか地球上から消滅しちまえです←
救いようのない私とお友達になってくださるネ申様募集中です。(果たしていらっしゃるんでしょうか…)

趣味は読書・音楽鑑賞(ほとんどアニソン)・妄想←ぇ・お絵かきです。
読んで分かるとおりインドア派☆(ちなみに部活はバドミントン← 夏の練習は蒸し風呂状態だぉ☆)

尊敬する人?星の数だけいるぜえっ!!
何にも投稿していない私をフォローしてくださっている方々は神を超えていると思う。うん。
くそっ何か投稿したらどうなんだ自分!←
嗚呼。なんか情けなくなってきた(泣
温かく見守ってやってください…(;‐;)

ミニプロフ♪
身長:151か152cmくらい
体j(見なかった事にしてください)
誕生日:1月20日(と・し・お・ん・な☆)
干支:寅年
星座:山羊座or水瓶座
血液型:B型
欲しいもの:金 どら●モン
魔法が使えたら:二次元に行きたい

よろしくお願いします!

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(25)

  • k__01
  • するる
  • めえ
  • やぎ師匠
  • NEGI
  • リオン
  • 鹿森マオ
  • 悠樹
  • 桜木みかん
  • 森丘キサト
  • 碧茶
  • レキ

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

夏色ダイアリー2

「転校生を紹介する。入ってきなさい」 《ガラガラッ》 入って来た転校生にあたしは目を見張った。 「今日から同じクラスになる鏡音レン君だ。仲良くするように」 「鏡音」って名字一緒だし、しかも金髪とかいろいろ被りすぎでしょ。 「んじゃ、軽く自己紹介してもらおっかな」 「鏡音レンです。得意科目は音楽と体育。よろしく」 得意科目まで被っていやがる。しかも鏡音レンとか言うヤツ、さっきから無表情だ。 このクラスでやってく気あんのか?最悪の第一印象だぞ。 「席は~鏡音…あ~お前じゃないぞ。あそこの金髪な。リンの隣だ」 「はい」 うげ、マジか。しかも、何だよ「あそこの金髪」って。なにげ酷いぞ。 え、何であたしの隣かって?んじゃ説明するね。 あたしのクラスは女子が男子より1人多い。だから窓際の一番後ろ、つまりあたしの隣は空いている。 …今更聞いてないとか無しね。 そんなあたしの心境はお構いなしに鏡音レンはあたしの隣に座った。 そして第一声。 「お前、鏡音リンっていうのか?」 「え、ぁ。うん」 「………俺の名字と金髪、パクルんじゃねぇよ」 「はっっはいいいいいぃぃぃぃいい?!?!」 なっ何なの?!この態度のわるさ!?!信じらんないんですけど!! 「鏡音‥リン!静かにしろ!(面倒くさいなこれ)」 「んなっ?!……は、はい…」 「うるせえヤツ…」 むぅっっかあああああああああああああああああああああ!!!!! もおマジ信じらんない!!こんのおぉぉぉおぉおぉぉぉぉぉぉ!!! 「あんたこそ、あたしの得意科目パクッてんじゃないわよ!!(小声)」 「んなの知らねぇし。被っちゃ悪ぃのかよ」 「っっ!!それを言ったら名字と髪の事だってっ!」 「鏡音リン!!!静かにしないか!!」 「うっ……っ…はぃ……」 もう嫌!!何でこんなヤツと隣の席なのよっ!?! ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 「ちゃん…リンちゃん、リンちゃんってば!!」 「のわぁっ!!」 びっくりして顔をあげると、頬をぷくぅ、と膨らませているミクちゃんがいた。 うん。この子はどんな顔をしても様になる。 「どうしたの?」 「どうしたの?じゃないでしょ。さっきからいくら呼んでも反応してくれないんだもの」 どうやらずっとあたしを呼んでいたらしい。 悪いことをしてしまった。 「ごめん!ぼーっとしてて…何かな?」 「災難だったね、さっき。聞いてたよ」 「そーそー!理不尽だよねぇっ!?何なの!?何様!?!」 しかも、さっきまでの無愛想は何処へやら。男子に囲まれて談笑中だ。 数人女子も混じっている。モテルんだろうか? まぁ、だからといってあたしに興味は無いけどね。 「私、そんなに悪い子には見えなかったんだけど…」 「え~嫌なヤツだよ~。聞いてたんでしょ?さっきのやり取りぃ~」 「うん。聞いてたよ~。だけど何か…隠してるような……」 「え~?あたし、そうは見えないよ?考えすぎじゃない?」 「そうかな?…そうか…な?……気のせい…かな………?」 「うんっうんっ!気にしすぎだって!!ほぉら、笑って笑っt「おい、お前等」なによ?!」 「俺、分からないことはお前等に聞けって言われたんだけど」 「(はあ?何であたし達なのよ?!)で何?用件は??」 「まぁまぁ。リンちゃん。で、なぁにレン君?」 「音楽室って何処?」 「「…え?……ぁ……」」 時計を見れば授業の始まる1分前。しかも、移動教室のある音楽。 …ヤバイ……。 「あああぁぁぁーーーーーーっっ!!!」 「リンちゃんっ!急がなきゃ!!」 「うんっ!ちょっとアンタ!何でもっと早く言わないのよ?!」 「アンタじゃねぇ!レンだっ!!つか、責任転嫁すんな!ペチャクチャ話してたのはお前等だろっ!!」 「こっちだってお前等じゃないっての!リンとミク!!覚えろ!」 「2人ともぉ~は~や~く~!遅刻しちゃうよ~(泣」 あたし達は、最早誰もいなくなった廊下を全力疾走で駆け出した。

やっときただぁれも待ってもいない第2話~。
レンの性格が良く分からない…。(お前がそんなんでどうする
誤字、脱字はメッセで教えてかーさい(かーさいって何だ
かーさいは下さいだぉ☆きr(ちゃんと言え

こぉんなks小説を読んで下さった神様は、
第1話のこのスペースでとったアンケートにご協力下さいな☆

もっとみる

投稿日時 : 2011/07/16 07:47

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP