SHUMAIさん

イチオシ作品

Music&Lyric:$HINJI

雨上がりの日差しが霞む空間を一掃していく
目の前滲む光景を透明な鏡が映し出す別世界
背徳の敷居は二次元 触れることさえできない
感覚、感情、実態
そんな当たり前の事柄は通用しないと定義されている
何も拘束されずに一つ作ってみよう
そうすればつまり手っ取り早い
だけど孤立する世界では雨は止まないの
幻と現実が交錯する夢を見ていて
その通りには陽が射している
一日の終わりまで待つのさ
そして通りで夢を見る
向こう側の人達と出会えることで歌える行為を手に入れることができる
そして人類の空想の中で私が動き出す
空は快晴
虹の架かる境界線超えて待ち構える
逆風が私の存在を掻き消してゆく
それでも貴方に届けばいいこの想い、願い、歌声が
降りみ降らずみ定めない心に響き渡れ
微睡みの先は夢の入り口
そこで待ち合わせをしようね
代わる代わるにやってくる局面を通り
奇跡とも言える規則正しさを伴い
一つの局面に続いていつだってその次がやってくる旅路の途中で
辺りには日が陰り寒々とした居場所から望む朝焼けが
次第に黄色を増して後に白が混ざる
虚空に描く景色は好天を告げるだろう
次元を繋ぐ架け橋に色彩を変えて伸びてゆく光
ここから二人だけの物語
いつか触れ合うことのできる未来を目指して
虹の向こうへと

もっとみる

投稿日時 : 2012/05/07 23:57
▲TOP