オレアリアさん

 初めての方は初めまして、オレアリアと言います! 最近、さりげなく名前変えました(笑)

「VOCALOID HEARTS」~番外編・テトの手記~ > ブクマでつながった作品

「VOCALOID HEARTS」~番外編・テトの手記~

 人間とアンドロイドとの平和を作り上げることを目的にした、アンドロイド平和統括理事会。カイトたちのMARTとは、互いが持つ裏側の面で対立しあう、相容れない関係である。

 その直属の査察部隊、AAA(Android・Assessment・Agent)。通称はトリプルエーと呼ばれる。長らく、重音テト・波音リツ・天音ルナの3人によって、この部隊は構成されてきた。いつしか「不動の三星」と、組織の内外で呼ばれるほどに。

 しかしある日、MARTを壊滅させるという最大の作戦の実行を目前にして、執行長の重音テトは別の作戦で突然の失踪を遂げた。多くの謎を残したまま…時を同じくして、天音ルナも突如として理事会を離反し、MART側に寝返ることとなる。いなくなった2人の後に、ただ1人残された波音リツ。これは、そのリツの回想である。


「…そういえば、テトの部屋に入るのは初めてだったな」


 元執行長…もとい重音テトが、私たちの前から忽然と姿を消してから、半年ほどが過ぎた。その後も行方はまったく掴めず、彼女は謎の失踪を遂げたことにされる。

 理事会に絶対な忠節を尽くしているテトの忠誠心は、誰もがよく知るところだった。その上、彼女の「強さ」といったら、右に出る者はまずいない。そう考えれば敵に易々と捕まることも、天音ルナのように寝返ることも有り得ないだろう。だからとは言えないが、組織内の一部では殉職説が広まっていた。

 私も最初、彼女は死んだのかもしれないと思った。だがそれは違う。誰も知らない、私だけが知っている真実。重音テトは生きている。もっとも、それに気づくのが遅すぎたのだけどね…


「これは…手帳かな」


 私がそんな確信を持つに至ったのは、行方不明になったテトの手掛かりを少しでも見つけたいと思い、空き部屋となった彼女の私室を久しぶりに訪れた時だった。まさか、物盗りに入ったわけじゃない。

 部屋の奥へ行き、おもむろに机の引き出しを開けると、羽ペンと一冊の手帳が出てきた。ついで銃の空薬莢も、いくつか入っていた。私がこの部屋に入るのは、テトにまとめた報告書を渡しに来た時ぐらいだ。交わされるのは、沈黙の多い必要最低限の会話。プライベートの話なんて、一言も飛び出した試しがあっただろうか。

 そんな関係性の私たちだから、自分は重音テトのことをあまりよく知らない。長い間この理事会にいるけれども、あれは感情を表に出さないから、いつも何を考えているのか分からない。同じトリプルエーの一員なのにね。

 だからこそ知りたかった。重音テトという人物を。今となっては、無意味なことなのかもしれないけど。私は恐る恐る、テトの手記であろう手帳を1ページずつ、時間をかけて読み進めていった。最初のページの日付は、理事会が設立された年の6月から始まっていた。その前にもページがあったのだろうか、何枚か破り取られた形跡があった。


~6月4日~
 私がこの極東を訪れてから、早くも1年が経った。南欧の夏に比べれば幾分かはましだったが、それでも照りつける日差しといえば、暑いの一言に尽きるものだ。

 ローラはなぜ、私をこのような島国に連れてきたのだろうか。そして何より、なぜ私を生み出したのだろう。私の頭の中は、自分という存在の謎で溢れている。


~6月6日~
 今日は背広を着たローラに連れられて、東京に向かった。移動中の車内でローラが「アンドロイド平和統括理事会」という組織を立ち上げ、自ら理事長になったことを聞かされた。そしてこれから、私にその支えになって欲しいという話だった。

 私はいつでも、キミの側で支えになっているつもりだったのに。

 いや、今そんなことはいいんだ。私はローラが望んでいるなら、何だってやってやるさ。例えキミにどんなことを言われようとも、私はすべて受け入れる覚悟さ。


「…やっぱり理事長とテトは、昔からの知り合いだったのかしら」


 ここまでの内容は、理事会設立の直前までだ。私もテトと初めて会ったのが、この頃だったのを覚えている。その時に初対面の私に対して、テトが親しく接してきてくれたことを覚えている。最初の頃、私はテトを妙に馴れ馴れしいやつだと思っていたけど、そんな感情もいつから消えたのか。


~6月21日~
 相変わらずの暑さだけど、理事会での仕事は順調に進んでいる。こんなに忙しい思いをしたのは、いつぶりかな。

 世間でも理事会は注目の的だ。これで人とアンドロイドの共存世界も、ますます実現に向かっていくだろうってね。馬鹿馬鹿しい話だが、そうなっていけば喜ばしいことだとは思う。ローラの夢もその1つだからね。明日もまた忙しくなりそうだ。


~6月29日~
 今日の昼過ぎ、ローラに呼ばれて理事会の本部にやってきた。何でも、この平和統括理事会が政府下の国際機関として承認されたらしい。

 そんなこと、日本どころか世界的にも殆ど例を見ない。これもローラが色んなところに働きかけたからだろう。それが功を奏して、一団体の組織が大きく格上げすることができたというわけだ。近日中に政府の監査機関との会談と、理事会の下部組織に評議会が設置されるらしい。

 それにしてもここまでする意味は…ローラ、キミは一体何を考えているんだ? これもキミの理想を実現するための、ほんの一歩に過ぎないのかい?


~7月4日~
 理事会が設置された当初から比べると、できることの幅が格段に広がった。もちろん私の仕事も増えた。

 ローラは相も変わらず、朝から夜まで必死になって頑張っている。1日でも早く理事会の基盤を固めるためだろうが、一体何がローラを突き動かしているのだろう。

 私との会話や顔合わせも限定的になっていった。お互い、1日何をしたのかも分からずじまいの時があった。でも私は、今自分のやることをひたすらにこなすのみだ。時が経てば、いつかは自由な時間も生まれるだろう。その時にまたゆっくり話せばいい。


「…なるほど」


 テトの心の内なんて知りようがなかったけど、ここまでの文を見ていると、彼女は理事長のことを好いていたのが読み取れた。どうやら重音テトというアンドロイドは、ただの忠誠心の塊ではなかったようね。そう思った私は、更に読み進めていく。


~7月19日~
 理事会の体裁も、ある程度は整ってきたようだ。もっとも、他にやるべきことは山ほどあるけどね。

 今日はアンドロイドの人権団体との会談が何件かあった。近年の世界におけるアンドロイドに対する人間の偏見・差別が深刻化しているということを受けて、本格的に活動していこうという提案と連携の同意を求める話だった。彼らの大半は人間だったが、私たちとの対話でも非常に積極的だった。理事長もその姿勢に、とても好意的に捉えていた。

 だが人間の底というものを、私は散々見てきた。人は信用ならない。人間の中身など、たかが知れている。そんな私には、彼らがただの偽善者にしか見えなかった。悲しいことにね。でも確かに、一部ではあるけど純粋に良い人間もいる。それを知っているから、余計に悲しくなる。

 理事長はどう思っているのだろうか。私たちアンドロイドを生み出し、またその自分もアンドロイドとなったその人は。ローラがいなければ、私たちはこの世に存在しなかった。だが同時に、このような人間とアンドロイドとの差別世界も無かっただろう。

 私が愛してやまない、永遠の母ローラ。キミはどうして、私たちを生み出したの?


~7月25日~
 この月も、ようやく過ぎ去ろうとしている。まったく早いものだ。日差しは相変わらずの厳しさだが。

 今日もローラに呼び出されたが、どうやら私に関わることのようだった。何でも近いうちに理事会の中で、対外査察の役割を担うものを作るようだ。名称はトリプルエー。そしてその長を、私に引き受けて欲しいと頼んできた。

 私には別に断る理由もなかった。内容を聞いている限り、普段より一段と活動が多くなるそうだから、さぞ無意味で退屈な時間も減るだろうね。ローラが言うことには、私は「執行長」という立場に就くらしい。これは面白くなりそうだ。


~7月27日~
 今日、理事会でトリプルエーの正式な設置が行われた。それに伴って、私には金の星が装飾されたバッチと手帳、拳銃が渡された。ただの査察員に武器を持たせるなんて、物騒なことだ。

 そのうえ更には、独自の私設部隊も置かれるというから驚いた。構想を聞いているだけでも、それはさながら一国の特殊部隊のようだ。理事長はどうしたいのだろうか?

 つくづく感じていたことだが、私はローラのやることが、もう分からなくなってきた。意図もほとんど読めない。私はこのままローラや理事会に従っていることに、一抹の不安を覚えた。そんな気持ちは、余計なものでしかないのに。

 先は不透明だ。だから私は与えられた使命を果たすのみだ。理事会、そしてローラが行く先にはどんな未来が待っているのか。それを私は見届けよう。この命がある限り。


「…ページがない」


 この日付以降からは、すべてのページが破り取られていた。さっきもそうだったけど、内容の核心が書かれているであろうページが、なぜかみんな無くなっている。そこには、誰かに知られてはいけないような内容が、記されていたとでもいうのだろうか?


「…ん?」


 ふと、手帳の出てきた引き出しを見てみると、一枚の綺麗な紙がおいてあった。手帳を取り出した時には気づかなかったけど…私は手に取って、書いてある文字を黙読してみた。


~5月11日~
 やあ、親愛なる元同胞。日増しに暑くなっているが、元気かい? これを読んでいるということは、私の部屋を物色している最中なんだろうね。なるほど、つまり死んだ奴の部屋なら、勝手に物色してもいいわけだ。しかも何より、私は勝手に死んだことにされている。いやぁ、まったく酷いものだね。

 ちなみに残念ながら、ここで得られるものはほとんどないよ。もう読んだかもしれないけど、手帳に関してはキミに知られたら厄介なことが、盛りだくさんな内容だったからね。だから、あらかじめ大半のページは破かせてもらったよ。

 それはさておき、波音リツ。どうせ誰かの使い走りか何かにされて、これを読んでいるんだろうね。なら突然で申し訳ないが、今からキミには消えてもらう。理由は聞くなよ、それはキミが一番よく分かっているはずだから。惨いかもしれないが、感じるかい? 間もなく訪れる、死の予感を!

 というわけでリツ、私からもれなく永遠の眠りをプレゼントをしよう。でも勘違いしないでくれ、別にキミのコトは嫌いじゃなかったよ? 大丈夫、心配しなくても後から仲間がやってくるだろうから。あの世にいっても、キミ1人じゃないということさ。それでは安心して消えてくれ。さようなら、りっちゃん!


「まさか…うっ!?」


 その時の私は、ちょうど部屋の窓際にいた。私の命を狙って狙撃する側からすれば、絶好の場所だ。紙を読んですぐに、私は向かいのビルの屋根に誰かがいるのを見つけた。でも、気づくのが遅かった。私は次の瞬間、胸に強い衝撃を受けた。

 撃たれたか…自分としたことが、迂闊だった。だけど倒れる直前、私は悟った。重音テトは生きている。そして誰も知らないところで、誰も知る由のない恐ろしい野望を抱いているということを! もう少し早く、それに気づいていれば…だめ、今すぐ重音テトを止めないと、すべてが終わる…そしてすべてが始まる…!


「フフッ、長い間お勤めご苦労だったね。永遠におやすみ、りっちゃん」

「…今、始末する必要があったのか?」

「当然。あの子も私と同じ、理事会の危険因子だからね。もっとも、それには誰も気づいてはいないだろうけど」

「だろうな。奴もあんたと同じ、巧妙な化けの殻を被った獅子身中の虫だ。でもいつかは取り除かれる」

「ああ、そうだ。だから寂しくないように、一緒に堕ちてもらうのさ。万死に値する裏切り者として、光の射さない深い深い地獄へ!」


皆さん、今晩は!
ここのところ花粉と黄砂がマジでヤバいっす、ホント…

今回は久しぶりの番外編になりましたが、かなり伏線を張りました(笑)
これが明らかになるのは、物語の終わりぐらいでしょうか?

そして次回はいよいよ、新キャラが登場!短編の感じで投稿したいと思っています。



回想設定の時点でリッちゃんが無事なのはバレバレ(ry

投稿日時 : 2013/08/31 23:36    投稿者 :オレアリア

ヘルプブクマでつながった作品とは?

「VOCALOID HEARTS」~第28話・東奔西走する記者~

(…どうしたもんかなぁ)
 家族どうしで職業が違うってのは、別に珍しくとも何ともない。だけど俺は無名の新聞記者、妹は世間で話題のアイドル。こうも差があると、何だか自分が平凡で惨めに感じられる。
 俺は今、リニアに乗って博多から東京に戻っている。この乗り物は、まるで疾風のような速さで走っている。到着に2時間もかからないのに、車内はまったくと言っていいほど揺れていない。これだけすごいと、鈍行列車のような揺られながら移動している感じが、恋しくなるんじゃないか。
 時刻は朝方。博多で妹の喜びそうな土産も買ってやったし、後は最後の取材を終わらせるだけだ。その取材先は、東京の都心に本部があるという「MART」。最近メディアに取り上げられることの多い、アンドロイドの支援団体だ。自分は直接関わったことはないが、妹もMARTに一時期世話になったことがあったらしい。そんなわけで俺も新聞社も、この「MART」という組織に興味が沸いていた。よくないウワサも、一部では流れているようだが…
¨今日も、JTC高速鉄道を御利用いただきまして、誠にありがとうございます。間もなく東京、東京に到着いたします。お降りの際には…¨

オレアリアさん

オレアリアさん

2014/08/28 13:24

「VOCALOID HEARTS」~第22話・狙われた少女~

「連続暗殺事件…物騒な世の中」
 唄音ウタことデフォ子。MARTで支援を受けて社会復帰を果たしたウタは、小さな広告店でうだつの上がらない毎日を送っていた。基本的にやることといえば、街中で昼前から夕方まで延々とティッシュ配り。彼女は正直、そんな仕事に満足はしていなかった。クールで無気力、それでいて人前に晒すことのないサディエストさを持った彼女にとっては、余計に。
 しかしここまできて、ようやくまともな職を掴んだウタは、再びカイトの世話になるわけにはいかないと思い、贅沢は言えなかった。そうして今日も変わらず長く感じる昼休憩の合間に、自分のデスクに弁当を広げて新聞を読んでいた。15歳にはあまり見られない光景だが、カイトに「日頃から新聞を読め」と言われていたので、その習慣が身についているようだ。テレビ番組覧の裏には、連日この¨暗殺事件¨について大きく報道されていた。
 ¨立て続けに起こる暗殺事件。そして昨日未明、30代と見られる男性が都内のマンションで倒れているのを近隣住人が発見した。警察によると男性は腹部に銃撃を受けており、現在懸命な治療が行われている。男性の身元は現在確認中であるが、アンドロイド平和統括理事会の重役であるとみられ、理事会も独自に調査を開始している。警察は殺人未遂の容疑で、以前の事件と同一犯である可能性もあるとみて捜査を進める方針だ。¨
「…寝よ」

オレアリアさん

オレアリアさん

2015/11/06 18:09

「VOCALOID HEARTS」~第29話・電撃無双~

 もしも亞北ネルという女が、世界のモデル界を魅了するプロポーション抜群の超絶金髪美少女アンドロイドアイドル、なんて存在だったら、どれだけ良かったか…想像していたら、アホらしくなってくる。
 そんな妄想じみたことを考える私は、毎日のように街の警備や要人警護とかの仕事をしている。でも、それは普通の警察活動を行う組織とは少し違って、一都市の軍事防衛を兼ねた「軍警察」とでも言えるか。この軍警察は、通称「AMP」と呼ばれているんだけど、東京の湾内にある大きなアンドロイドの居住区っていうか、特別行政地区っていうか…ああ、も~ややこしい! とにかく、そーいうところを汗水流して守ってるワケ。
 私はAMPの第1師団長・リリィさん直属の部下になるまで、必死になりながら、のしあがっていった。訓練学校を出て下っ端から始まった負けず嫌いな性格の私は、とことん仕事に力を注ぎ、片手間に肉体を鍛え続けた。でも私はそれに物足りず、自分の体を痛めつけてでも、更に体を強化するために研究機関に依頼して自らモルモットになった。その盲目に追い求めた力の代償は、とても大きかったけどね。
 私は戦闘アンドロイドとして、諸々の武器をぶら下げ、時とあれば戦いもやる。すべては、私が愛するAMPが守る街のために。そんな信念があるから、毎日が大変でもこの仕事はイヤじゃない。けど、もっと女らしい仕事がやりたかったなって、今更だけど思ってしまう時がある。心境の変化、ってヤツかな。
「はいは~い、AMPで~す。下がって下がって」

オレアリアさん

オレアリアさん

2013/12/24 20:03

▲TOP