語り部のRe_birthday > ブクマでつながった作品

語り部のRe_birthday

語り部のRe_birthday
ようこそいらっしゃいました。このたびお聞かせするのは罪に縛られた少年のお話です。

その少年が目覚めたとき、辺りは暗闇に包まれていたそうです。何も覚えておらず、なぜここに居るのかも分からずに。しかし、その部屋の天井に有った、巨大な緑色のぜんまいから響いてきた言葉によって、すべてを思い出したそうです。
悪逆非道の王女の双子として生まれて、召し使いとして姉に仕え、たくさんの国民を苦しめて、その果てに自身の愛した人を殺して、その恋人を悲しませたことを。そして、その後に起こった革命の際に、大切な姉を悲しませてしまったことを。
そして、ここに居る理由と、結末に気づき、もうあの頃には戻れないと悟ったそうです。

気づけば、両腕にはめられているのは誰かが流した血の色の、真紅の手錠。
両の足首にはめられているのは誰かが流した涙の色の、紺碧の鎖。
そして、るりらるりらとどこからか少年の耳へと響いてくる歌声に、いつしか少年は耳を傾けていたそうです。

少年はふと、
「どれほどの時が流れただろう?」
 と動かぬぜんまいに問いかけたそうです。
ですが、何も答えはなく、どこからともなく聞こえてくる歌声だけが少年を癒したそうです。

ぜんまいの隙間から落ちてきた小さな光は、とても、暖かなものだったそうです。それは―
大切な人からの
メッセージ
リグレット

そして、その光をきっかけに、全てが変わっていったそうです。
廻り始めたぜんまいは静かに語りかけたそうです。
  「罪が消して許されることはない―」
それなら、今まで見てきた全てを唄に変え、唄い続けよう。
真紅の手錠は外れ、少年に語りかけたそうです。
  「これからあなたは生まれ変わるのよ―」と
紺碧の鎖は外れ、少年に語りかけたそうです。
  「今日が君の新しいBirthday―」

そして少年の周りは全て廻りだして、白い光に包まれていったそうです。
その光の中で少年は呟いたそうです。
「もうすぐ君に会いに行くよ。だから、待っていて―」

いかがでしたか?私のお聞かせした物語は。今日のところはここでお開きにしましょう。とある王族の物語はこれでお終いです。ですが、がっかりなさらないでください。私の知っている物語は、まだまだたくさんありますから。帰り道にはどうぞお気をつけて。よければまた、私の物語を聞きにいらして下さい。それではさようなら。

語り部シリーズ8作目です。

投稿日時 : 2009/06/28 09:55    投稿者 :文鳥

ヘルプブクマでつながった作品とは?

語り部のマヨイガ

語り部のマヨイガ
ようこそいらっしゃいました。このたびお聞かせするのはとても美しい魔女の物語です。
山の麓の森の置く深くに青く長い髪を持つ魔女が住んでいたそうです。魔女はとても美しく、その姿を見た者は誰しも魔女に恋してしまうそうです。麗しき魔女の歌声を耳にしたが最後、魔女の虜となった迷い人は誰一人として帰らなかったそうです。
ある時、また一人迷い人がやってきたそうです。その迷い人は、金の髪をひとつに束ねた少年だったそうです。そしてその迷い人は例の如く青い髪の魔女に出会い、恋に落ちたそうです。迷い人は魔女と共に楽しく日々を過ごしたそうです。魔女と過ごすうちに迷い人が虚ろに思い出すのは痛みと衝撃、鈍っていく体の感覚、そして、泣き叫ぶ大切な人の声。つまり、死ぬ間際の記憶でした。ですが、迷い人はその記憶すら忘れてしまったそうです。そして、二度と帰る事無く歌を歌う魔女の傍に居続けたそうです。
 山の麓の森の奥深くたった一人で魔女が住んでいたそうです。時たま、人は訪ねてくるのですが、生きている人間は一人として訪ねて来ることは無かったそうです。迷い人は自身の命が尽きたことに気づかぬまま、魔女の傍に留まり続けたそうです。そんな迷い人のため、魔女は延々とたった一人で歌を歌い続けたそうです。

文鳥さん

文鳥さん

2009/04/03 12:35

▲TOP