ナケナシノチカラ > ブクマでつながった作品

ナケナシノチカラ

照りつける太陽の下 溶けてしまいそうでも
体中が全部なくなるまで負けないわ
目が合って体温上昇中 手が触れて呼吸困難
油断大敵 昼休み

「恋をしている?」 言われなくたって分かってる
もう止まらない アクセル全開で 突き進め!!

ナケナシノチカラ 振り絞ってアナタにぶつける
ひるんだトコを倒れる前に抱きしめるの
ナケナシノチカラ それはいつもアナタのためだけ
私の中に巻き起こる 一陣の風のように


いつだって恋は疾走中 翼のない鳥のように
ふらふら歩いて 前が見えなくなるけど
でももう迷わないわ 決戦は本日下校前
軽い準備運動 ストレッチ

校庭の隅 大きく息を吸い込んで
時は満ちたの チャイムのゴングが 鳴り響く

ナケナシノチカラ 振り絞ってアナタにぶつける
空振りしても 笑わずに 受け止めてね
ナケナシノチカラ 本当はちょっと逃げ出したいけど
「アナタが好きよ」 それだけを伝えるため生まれてきたの


ナケナシノチカラ この一瞬にすべてをかけるの
神様どうか 少しだけチカラをください
ナケナシノチカラ それはいつもアナタのためだけ
私の中に巻き起こる 一陣の風のように

オリジナル曲「ナケナシノチカラ」の歌詞です。

投稿日時 : 2008/09/07 18:04    投稿者 :40メートルP

ヘルプブクマでつながった作品とは?

聖ナナの素人だからわかる作詞講座~延長戦~

聖ナナです。「素人だからわかる作詞講座」を読んでいただきありがとうございます。今回は延長戦と題して「作詞家のための作曲講座」を書きたいと思います。作詞家さんも作曲の基礎知識があると便利ですので、是非覚えてくださいね。では始めましょう。
「歌詞」と「自由詩」の大きな違いは「メロディがつくかどうか?」です。歌詞には当然メロディが付きます。これは第1回の作詞講座で話した「字脚」と大きく関連しています。
さて曲を分けてみるといくつかの「フレーズ」になります。このフレーズにメロディが乗っかります。よく「Aメロ」「Bメロ」「サビ」とか書いてますよね。それです。なお「A’」は「Aメロに似たメロディ」という意味です。また1番・2番のことを「ワンコーラス」・「ツーコーラス」といい、2番の後からサビを繰り返す構成を「ツーハーフ」といいます。なお、組み合わせは自由です。ただ「サビ」という言葉はあまり使わないのが音楽業界の暗黙の了解です。理由は歌詞先行の場合、基本的に、歌詞がブロックごとに分かれているので、サビとかわざわざ書かなくても理解出来るんです。逆に固執してしまう可能性があります。サビがAメロになる可能性だってありますからね。では実際に歌詞でみてみましょうか。今回は「マリアージュ~幸せな君へ~」でやってみましょう。
空の青が映える高原の小さな教会で
ヴァージンロードを歩いてく姿を横から見ている

▲TOP