青い恋 > ブクマでつながった作品

青い恋


あの春 一枝の朱鷺(とき)
頬染めて微か 微笑んだ貴女に
出逢った事を後悔出来たなら
或いは 貴女を苦しめたり等しなかったやも
知れぬのに

何をや思ふと 問はるれば
貴女様の倖せをばと
詞で弌つで 通ずる事さへも
只愛(かな)しき恋情でした

紅を佩いた唇 横一文字
遊び女達の契りの様に
一番小さな此の指 壱つで
気丈な貴女を慰められるのならば
何も惜しみはしないのに

(サビ)
忍び忍んで忍ぶれど
色に出にけり我が恋は
貴女に似合はぬ今生の藍
春を色取る 躑躅(つつじ)の襲(かさね)

きつく毅く烈しく
私の指が千切れる程に
其の絲(いと)を絡ませて下さい
私が離れる事の無い様に



あの宵 八掛(はっかけ)の緋
聲(こえ)も上げず只 袖を濡らす貴女に
掛けるべき詞も見付からぬ侭
或いは 遂げられぬと知って始まる恋は
悲劇でしょうか

叶う道理が 在りもせぬ
身の程知らずな恋でした
其の手が私に伸べられた事さへも
赦され難(がた)き僥倖でした

泪の浮いた目許 唯一雫
小供騙しと判って居ても
眼には見得ない此の絲 一縷で
華奢な貴女を支えられるのなら
何も構いはしないのに


(サビ)
忍び忍んで忍ぶれど
色に出にけり我が恋は
貴女に似合はぬ群情(ぐんじょう)の青
春を色取る 躑躅の襲

きつく毅く烈しく
私の指が千切れる程に
其の絲を絡ませて下さい
私が離れる事の無い様に


貴女が私から 眼を逸らすのを知って 頭を下げました
赤く摺れた目許にも 気が付いて居りました
貴女が 其の雫を溢したりしない事も 知って居ました

そして奪う事が そんな貴女を幸せにしない事も

罪も傷も愛しい恋でした


恋風を連れ 濃い闇に解く灰桜
其れでも消えぬ 恋の名残は
色深く 此の身 壱つに

だから貴女は どうぞお達者で
私が此の頭を上げる前に
何もかも忘れて…


きつく毅く烈しく
私の指が千切れる程に
其の絲を絡ませて下さい
私が離れる事の無い様に・・・

裏設定的妄想SSはこちら⇒http://piapro.jp/content/b4p3om812w9b8py2

太朗様の絵(http://piapro.jp/content/q3ce8pwscmuz5iof)に恐ろしく惚れ込んでやらかしました。
あたしの文字は読まずともこの絵は見てほしい。
サビは太朗さんの絵の中にある言葉から、漢字表記を一部変えさせて頂きました。

色にこだわった。
絵の露出してない艶かしさに近づきたかった。挫折に終わった。


■こんじょうのあい ⇒ 今生・紺青・懇情 / 愛・藍
音だけ聴いたら色々に聞こえて面白いと思う。ダブルミーニング大好き。
でも「紺青の藍」だと意味が重複する。

■躑躅の襲 ⇒ 春に用いられる着物などの赤と青の組み合わせのこと。
カイメイ前提っぽくなってしまうけど、重なった赤と青の着物のイメージで
そこはかとなく艶めかしさを出したかった(笑)
実際は赤と緑っぽい色の組み合わせっぽいけど、(むしろ赤と青なら葡萄染(えびぞめ)の方が正確かも)けど太朗さんの絵のKAITOも緑着てるしこれはこれでいい。
緑の中の青みの程度は曖昧ということで。
余談だけど太朗さんのKAITOの目許の朱色に触れないのはあえてそうしてます。

■朱鷺 ⇒ 朱鷺色。薄いピンク。
活けられた桜。

■八掛 ⇒ 着物の裏が見える所(袖とか裾とか)につける色のついた裏地。
これも捲っちゃった感じで艶かしさを表現したかった。

■濃い闇 ⇒ 恋病み
先の無い恋のイメージ。

■ぐんじょう ⇒ 群情は造語。
『群生』は全ての生き物のこと。『群青』は色の名前。

■1 ⇒ 弌・壱・一
文脈の中で一番しっくり来るものを何となく選びました。よって「1」の漢字は変換可です。


※改変の際は、曲の為の語呂や文字数を合わせ、サビなどの構成順の変更程度にお願いしたいです。

投稿日時 : 2009/02/12 13:13    投稿者 :壱號 ‐いちこ‐

ヘルプブクマでつながった作品とは?
▲TOP