サイハテ > ブクマでつながった作品

サイハテ

青い空には、雲ひとつなくて清々しいほど晴れ渡っていた。
雲に遮られることの無い強い陽射しが、燦々と私を照りつけるけれど、その熱は風に飛ばされていく。
冷たいうえに強い冬の風が徐々に体温を奪っていき、手の先から冷えていくのがよく分かった。
凍える手を強く握りしめてみたけれど、手のひらに爪が食い込むばかりでそこに温もりは見いだせない。

もし、この場にあなたがいれば、と思う。
あなたがいれば、私の手のひらはあなたの手のひらと重なり合って、爪が食い込むようなことはない。
あなたの大きな手が私の手を包み込んでくれるから、私はそれに応えるように握り返す。
そうすればあなたがこっちを見て笑ってくれて、私は恥ずかしいけれどそれに笑顔を返すのだ。
だけれど、ありありと鮮明に思い描くことのできる情景を、叶えることはもうできない。
あなたは死んだ。



声をかけても、名前を呼んでも返事をしなくて。
笑いかけても、静かに目を閉じたままで。
ごはんの時間になっても、起きてこなくて。

私が泣いたって、抱きしめてくれない。





立ち上る煙を見上げながら、私は空に手を伸ばす。
あなたはそうやってどんどん上に昇っていって、私には届かないところへ行く。
私に残るのは白いお骨と、思い出と、今でもあなたを愛してるという心。


すきだよ、だいすきだよ、あいしてる、いとしいよ。


あなたが死んだって変わらない。
私はあなたの死を受け止めたけれど、だけど今でもあいしてる。
もし私が歩み出して、新しい彼を作って、結婚して子供を産む日が来ても。
あなたをあいしてるよ。

恋愛感情ではかれないほど、あいしてます。
あなたが本当に大切でした、私の人生を染めあげるほどに大きな存在でした。
ありがちな言葉だけれど私の中であなたが生きているって、よく分かる。
この煙もいつか雲になって、雨を降らす。
あなたの煙が私を生かす恵みになって、世界を巡っていくそうです。
そう思えたら、これからもなんとか生きていけると思う。





もし遠い空から、この想いが聞こえるなら。
どうか返事を下さい。















ありがとう。




さよなら。





「サイハテ」 feat.初音ミク

小林オニキスPの「サイハテ」を聞いて。
ほんと泣ける。

投稿日時 : 2008/11/21 08:37    投稿者 :tou

ヘルプブクマでつながった作品とは?

語り部のマヨイガ

語り部のマヨイガ
ようこそいらっしゃいました。このたびお聞かせするのはとても美しい魔女の物語です。
山の麓の森の置く深くに青く長い髪を持つ魔女が住んでいたそうです。魔女はとても美しく、その姿を見た者は誰しも魔女に恋してしまうそうです。麗しき魔女の歌声を耳にしたが最後、魔女の虜となった迷い人は誰一人として帰らなかったそうです。
ある時、また一人迷い人がやってきたそうです。その迷い人は、金の髪をひとつに束ねた少年だったそうです。そしてその迷い人は例の如く青い髪の魔女に出会い、恋に落ちたそうです。迷い人は魔女と共に楽しく日々を過ごしたそうです。魔女と過ごすうちに迷い人が虚ろに思い出すのは痛みと衝撃、鈍っていく体の感覚、そして、泣き叫ぶ大切な人の声。つまり、死ぬ間際の記憶でした。ですが、迷い人はその記憶すら忘れてしまったそうです。そして、二度と帰る事無く歌を歌う魔女の傍に居続けたそうです。
 山の麓の森の奥深くたった一人で魔女が住んでいたそうです。時たま、人は訪ねてくるのですが、生きている人間は一人として訪ねて来ることは無かったそうです。迷い人は自身の命が尽きたことに気づかぬまま、魔女の傍に留まり続けたそうです。そんな迷い人のため、魔女は延々とたった一人で歌を歌い続けたそうです。

文鳥さん

文鳥さん

2009/04/03 12:35

Fairy tale 1

 ある晴れた日の昼下がり。
 ミクは姉と共に本を読んでいた。しかし、その本と来たら難しい言葉ばっかりで、十六歳のミクには理解できないものがあまりに多すぎた。次第に、木陰の木漏れ日の暖かさと頬をなでる風の涼しさに、夢の世界へと引き込まれていった…。
 ふと目を覚ますと、姉のほうも眠ってしまったらしい。退屈になってしまった、とミクがあくびをしているところを丁度よく、何かが横切っていった。
 茶色のチョッキ、金と銀のバッジとチェーン、それに兎の黒い長い耳を付け、ズボンにつけたチェーンにはふわふわとしたウサギの尻尾のような飾りがついている。その容姿と懐中時計を持ってあわただしくかけていく自分と同じほどの年齢の少年は、ミクの好奇心に火をつけた。
 気付かれないように気をつけながら、少年の後をついていく。時折不安そうに辺りを見回したり、泣き出しそうな表情になりながら、少年はそう早くもない足で走っていた。どこか自分に似た容姿をした少年は、端正な顔立ちで、格好いいというよりかはかわいらしいというような雰囲気だ。小柄な少年は白いワイシャツを着ているが、どうもサイズが合わないらしく、手のひらが出てきていない。出ているのは指の先っちょだけだ。

リオンさん

リオンさん

2010/02/19 23:02

▲TOP