聖ナナの素人だからわかる作詞講座NEO~第1回~ > ブクマでつながった作品

聖ナナの素人だからわかる作詞講座NEO~第1回~

お久しぶりです、聖ナナです^^

「素人だからわかる作詞講座」ではホントお世話になりました。拙い文章ですがブックマークも沢山いただいて感謝です。
そこで、今回からまた書いていこうと思います。題して

「聖ナナの素人だからわかる作詞講座NEO」!!

・・・内容はそんなに変わりません(爆)。

さて今回は今までの復習ということで、作詞に必要な言葉をここで一気に出していくことにしましょうか。


◆詞先(しせん):歌詞先行で曲を作ること。演歌や歌謡曲の9割以上は詞先で作られている。

◆字脚(じあし・じきゃく):フレーズを作るために必要な言葉。短い言葉でリズミカルにつくると良い。

◆フレーズ(句):字脚がいくつもつながって出来たもの。これによって「Aメロ」・「サビ(S)」等が決まる。1フレーズ4~8の字脚で構成されている。

◆タイトル:いわずもがな曲のタイトル。タイトルは必ず付けること。無題の場合大抵ボツになります。


次に作詞の基本となることをQ&A方式で書いていきましょう。

Q.「歌詞」と「自由詩(歌詩)」ってどう違うの?

A.「自由詩」は眼で読んで理解する詞で、歌詞は耳から入って通り抜けていく言葉。また歌詞には「字脚」が存在しているのも大きな特徴でこれにメロディが付きます。


Q.歌詞はどのような構成で成り立っていますか?

A.主に5つから成り立っています。

1.仕草・動作・アクション
2.風景・景色・ビジュアル
3.(愛の)哲学・ポリシー・教訓
4.話しかけ・対話
5.言いたいこと・気持ち・叫び・思い

特に5は歌詞で1番の核になるので、1~4で歌詞を肉付けしていって、5に持っていきましょう。


Q.作詞家に必要なことってなんですか?

A.プロの作詞家の大半は「気力・精神力・忍耐力」と言います。プロだから簡単に歌詞が出来るわけではありません。推敲を何度もさせられることも少なくないんですよ。


Q.なんか似たような歌詞しか書けなくて・・・(泣)

A.マンネリ化を打破するには、色々な人に逢うこと・本を読むこと・途中下車などをして、いつもと違う行動をすることが得策です。ただ、似たようなな歌詞=あなたの得意分野ということもありますので気落ちせずに頑張ってくださいね。


Q.かっこいいタイトルを付けたいんだけど・・・?

A.基本、タイトルに「著作権はない」のでお気に入りの曲から引用してもいいでしょう。ただカッコイイタイトルを付けるポイントはベースとなる言葉に色々な単語を付け足していくというのがいいと思います。


Q.作詞家も作曲の要素は覚えてるほうがいいの?

A.歌詞にメロディが付くことを踏まえて基本的な知識はあったほうがいいでしょう。「Aメロ」・「Bメロ」・「サビ」・「1コーラス」など覚えておくと便利です。


・・・とまぁここまで書いてきたわけですが、1番大事なのは書き続けること、あとは等身大の自分が表現されてる作品を書くことだと私なりにおもうわけです、ハイ。

さて、次回は・・・、

「作詞家は多重人格がお好き!?」

でお会いしましょう

ではまた次回!
^^ノ

作詞講座も新展開!聖ナナ流の作詞講座をお楽しみくださいね^^

投稿日時 : 2012/08/15 07:31    投稿者 :Sound’s Palette

ヘルプブクマでつながった作品とは?

聖ナナの素人だからわかる作詞講座~延長戦~

聖ナナです。「素人だからわかる作詞講座」を読んでいただきありがとうございます。今回は延長戦と題して「作詞家のための作曲講座」を書きたいと思います。作詞家さんも作曲の基礎知識があると便利ですので、是非覚えてくださいね。では始めましょう。
「歌詞」と「自由詩」の大きな違いは「メロディがつくかどうか?」です。歌詞には当然メロディが付きます。これは第1回の作詞講座で話した「字脚」と大きく関連しています。
さて曲を分けてみるといくつかの「フレーズ」になります。このフレーズにメロディが乗っかります。よく「Aメロ」「Bメロ」「サビ」とか書いてますよね。それです。なお「A’」は「Aメロに似たメロディ」という意味です。また1番・2番のことを「ワンコーラス」・「ツーコーラス」といい、2番の後からサビを繰り返す構成を「ツーハーフ」といいます。なお、組み合わせは自由です。ただ「サビ」という言葉はあまり使わないのが音楽業界の暗黙の了解です。理由は歌詞先行の場合、基本的に、歌詞がブロックごとに分かれているので、サビとかわざわざ書かなくても理解出来るんです。逆に固執してしまう可能性があります。サビがAメロになる可能性だってありますからね。では実際に歌詞でみてみましょうか。今回は「マリアージュ~幸せな君へ~」でやってみましょう。
空の青が映える高原の小さな教会で
ヴァージンロードを歩いてく姿を横から見ている

素人だからわかるハメコミ講座

初めまして!作曲家の卵として奮闘中の「かわち」と申します。聖ナナのシモベという噂もありますが(爆)、今回は作曲家という立場から、作詞家さんの卵のみなさんにアドバイスが出来ればと思います。題して「かわちの素人だからわかるハメコミ講座」です。それでは、元気よくいってみよ~~~~!!
ピアプロさんに在籍している作詞家さんの卵の9割以上がポップスやロック、ダンス系、最近はやりのミュージカル風(サウンドホライズンみたいな)の歌詞を好んで書く方です。また作曲家で歌詞を募集している人の97%も同じです。つまり曲に歌詞をパズルのようにハメコミしていく作業が必要になってきます。
メロディをまずは耳から身体から覚えて下さい。そして歌えるくらいにまで覚えて下さい。この作業がハメコミ作詞の基盤になるのでしっかりやってくださいね。「そんな余裕ないよ!」って言っているそこのアナタ!何もパソコンに向かって真剣になって覚えることはないんです。最近流行っている、某、石川遼選手でおなじみのスピードラーニングみたいな感じでも音楽は聞き取れます。それに、ピアプロのプレーヤーはリピート機能がありますから音楽を流してるだけでもOKです。ほら、カラオケとかで友達が歌っているのを聴いているうちに覚えちゃったってことありません?それなんです。それが出来てこそハメコミ作詞がしやすくなるんです。そして無意識のうちにメロディを口ずさむようになったら作詞を始めてください。
何故、こう、口を酸っぱくしてまで言ったのか?それは、ハメコミ作詞の最大の特徴であり、最大の恐怖でもあるのですが、「メロディにどんな言葉を入れてみてもメロディに乗ってしまうこと」。それで良い歌詞だと錯覚してしまう罠が待っています。簡単に出来る作業だからこそ細心の注意を払ってほしいのです。
では、ハメコミ作詞の本格的な作業に入りますね。まずハメコミはどこからでも構いません。ビビビときたところから歌詞を埋めていって最終的に1つの曲を作ってください。一通り出来たら次は推敲(添削)です。これは聖ナナが「第9回の作詞講座」で書いているので割愛させていただきます。ただ、ここでのポイントは、歌詞だけを1度曲無しで見直すこと。そうしたときに、意味がおかしかったり、字脚が曖昧だったりする所が出てくることがあります。より良い言葉に変えて歌詞をパワーアップさせてください。

【作詞講座】たった一人の読者へ宛てて【対話篇】

 数年前に書いた拙作「歌詞を書く上でのポイント」が気が付けば何人もの方にブックマークを頂いた様で、著者としては嬉し恥ずかし朝帰りといった今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。あんな拙い文章に最後までお付き合い頂きあまつでさえブックマークまで下さった皆様は今もまだ詞作に励んでいらっしゃるのだろうかとか少し物思いにふけったりもしています。
 創作に傾けられる時間や情熱というものは決して誰もが無限に持てるものではないと思います。それこそプロや最近ではプロに準じるほどのペイを得られるアマチュアというのも珍しくありませんが、少なくともそういった存在にならない限りは次第に日々の生活に忙殺され創作への意欲も情熱も削がれていくものであるのかもしれません。プロになったからといってその生活がいつまで保障されるかなんてわかったものではありませんしね。二十台も後半に差し掛かるとふとそんな事を考える時があります。
 特にピアプロで歌詞書きをしているとそんな事を考えてしまう事は多いです。特に僕のように曲先歌詞応募を活動の中心としている人間にとってそれは顕著で、近年のボカロブームで活発な動きを見せているピアプロの中で歌詞募集をかけている曲というものは多くありますが、その中で「歌詞を書いてみたい!」という衝動に駆られる曲は(楽師の技量に関係なく)ほんの一握りで、その中でタイミング良く出会う事ができて期限内に歌詞が完成する作品はさらに絞られますし、渾身の一作が出来た!と思ったところで楽師さんの目に止まらない事もあります。なまじ楽師さんに気に入って貰えたとしても他に有力な作品がある時は必ず採用されるものでもありません。そういった状況の中で自分は後何度心を奮わせてくれる楽曲に出会う事が出来てその中の果たしていくつが作品として形に残るのだろうという事を考えると少し寂しい気分になる時があります。皆それぞれ自分の活動があり生活がありますから、コラボをしたからといって楽師さんとの交流がそれきり途絶えてしまうなんていう事も往々にしてあるものです。
 他の歌詞書きの方にとってもそうであるとは思いますが、少なくとも自分にとって歌詞を書くために費やすエネルギーというものは膨大なものです。形にしてしまえばたかが数百文字の文字の羅列であっても、そこに懸ける熱量というものは一万文字の小説の世界を創造していく事となんら変わりありません。だからこそ例え簡単な一括レスポンスであれ、その労力を労ってくださる楽師の方の元には例えその時は採用されなくてもまた挑戦してみたいと思うものですし、逆にそういった心遣いの無い楽師さんの元にはどれだけ完成度の高い曲を作る方であっても二の足を踏んでしまうというのが人情であったりします。楽師さんにとってはそんな不遜な態度を取るつもりではないのだろうと理解はしていても。やはりコラボを謳う以上は互いの作品に対して敬意を払える関係でいたいものです。これはもちろん自戒の念も込めて。
 さて、前置きが必要以上に長くなりましたが今回は作詞講座対話篇という事で少し精神的な話に偏ってみようと思います。基礎的な事は以前の「歌詞を書く上でのポイント」や作詞講座で検索をかければ実に多くのテキストがあるので参考にしてみるのも一興であるかもしれません。

鶏 さん

鶏 さん

2013/01/13 00:59

▲TOP