カイトがもし人柱アリスの夢ならば。メイコ編 > ブクマでつながった作品

カイトがもし人柱アリスの夢ならば。メイコ編


これは、人柱アリスの「夢」がもしカイトなら。
と思ってかいた小説です。
1.メイコ。2.ミク。3.リンレン。4.カイト
の順でかいていこうと思います。
それでは、どうぞ。。。












「ようこそ…アリス」
「!…あんた、誰!」
「僕に名前なんてないよ。でも、そうだなぁ…呼び名がないと不便だし
……カイト。僕の名前はカイトにしておこう」

青いマフラーを巻き、のんきに話す男は自分をカイトと名乗った。
そんな男を前に、赤い服をまとう女__メイコは苛立っていた。

「そう。カイト!あたしをここに連れてきたのはあんた!?」
「もちろん。察しがいいね」
「…それで、ここはどこなの!?」
「ここは、僕の作り上げた無の世界」
「無…?」
「ゆえば、ただ作ってほっていた世界。アリスがね、いなかったから」
「……アリス?」

メイコは首を傾げながらずっとカイトの方を見た。
カイトは笑みを浮かべながら黙っていた。

「…そんなことより!あたしを元の世界に返して!!」
「それはできない」
「どうしてよっ!」
「…アリスだから」
「……何なの。そのアリスって…」

カイトはメイコの横にいって肩の上に手を置いた。
そして耳元で囁いた。

「アリスっていうのは…」
「あ、アリスっていうのは…?」
「心の中の君だよ。メイコ」
「……!」

メイコは急に震えだし、口元は上がり、不気味な笑みを浮かべる。
カイトはにんやりとしながらメイコに離れ、
すぐそこにあった木の上へと座った。

「はは…はははっ!!」
「メイコ。君は今、何が欲しい?」
「血だ…人間の血がほしいっ!!」
「そんな君に、僕からプレゼントをあげよう」
「…!」

カイトがメイコの前へと落としたのは、
鋭くとがる剣だった。

「メイコ。それは君にあげるから。ひとつ…約束してくれ」
「なんだ」
「僕を、何があろうと覚えていてくれ」
「…あぁ。このすばらしい剣をくれたお前を、
生涯私は覚えておこう…はは…はははっ!!」
「あぁ。そうか…それはよかった。」

剣を早速握り、歩いて行くメイコを見送るカイト。
そして小さくつぶやいた…




「さぁ。一番目アリス…君はどんな世界をみしてくれるかな?」



投稿日時 : 2010/01/13 23:16    投稿者 :にぱ(元:狼ひめ)

ヘルプブクマでつながった作品とは?

語り部のマヨイガ

語り部のマヨイガ
ようこそいらっしゃいました。このたびお聞かせするのはとても美しい魔女の物語です。
山の麓の森の置く深くに青く長い髪を持つ魔女が住んでいたそうです。魔女はとても美しく、その姿を見た者は誰しも魔女に恋してしまうそうです。麗しき魔女の歌声を耳にしたが最後、魔女の虜となった迷い人は誰一人として帰らなかったそうです。
ある時、また一人迷い人がやってきたそうです。その迷い人は、金の髪をひとつに束ねた少年だったそうです。そしてその迷い人は例の如く青い髪の魔女に出会い、恋に落ちたそうです。迷い人は魔女と共に楽しく日々を過ごしたそうです。魔女と過ごすうちに迷い人が虚ろに思い出すのは痛みと衝撃、鈍っていく体の感覚、そして、泣き叫ぶ大切な人の声。つまり、死ぬ間際の記憶でした。ですが、迷い人はその記憶すら忘れてしまったそうです。そして、二度と帰る事無く歌を歌う魔女の傍に居続けたそうです。
 山の麓の森の奥深くたった一人で魔女が住んでいたそうです。時たま、人は訪ねてくるのですが、生きている人間は一人として訪ねて来ることは無かったそうです。迷い人は自身の命が尽きたことに気づかぬまま、魔女の傍に留まり続けたそうです。そんな迷い人のため、魔女は延々とたった一人で歌を歌い続けたそうです。

文鳥さん

文鳥さん

2009/04/03 12:35

Fairy tale 1

 ある晴れた日の昼下がり。
 ミクは姉と共に本を読んでいた。しかし、その本と来たら難しい言葉ばっかりで、十六歳のミクには理解できないものがあまりに多すぎた。次第に、木陰の木漏れ日の暖かさと頬をなでる風の涼しさに、夢の世界へと引き込まれていった…。
 ふと目を覚ますと、姉のほうも眠ってしまったらしい。退屈になってしまった、とミクがあくびをしているところを丁度よく、何かが横切っていった。
 茶色のチョッキ、金と銀のバッジとチェーン、それに兎の黒い長い耳を付け、ズボンにつけたチェーンにはふわふわとしたウサギの尻尾のような飾りがついている。その容姿と懐中時計を持ってあわただしくかけていく自分と同じほどの年齢の少年は、ミクの好奇心に火をつけた。
 気付かれないように気をつけながら、少年の後をついていく。時折不安そうに辺りを見回したり、泣き出しそうな表情になりながら、少年はそう早くもない足で走っていた。どこか自分に似た容姿をした少年は、端正な顔立ちで、格好いいというよりかはかわいらしいというような雰囲気だ。小柄な少年は白いワイシャツを着ているが、どうもサイズが合わないらしく、手のひらが出てきていない。出ているのは指の先っちょだけだ。

リオンさん

リオンさん

2010/02/19 23:02

▲TOP