【ボカロ】めーちゃんが羊【愛の劇場】 > ブクマでつながった作品

【ボカロ】めーちゃんが羊【愛の劇場】

【ボカロ】めーちゃんが羊【愛の劇場】


冬の朝陽を浴び、私はゆっくりと目を開いた。
いつもと変わらない朝。
だけれど・・・・

もふもふ

「なにこれぇぇぇ!」
体全体から羊の毛が生えていた。


「どうしたの?めーちゃん!」
「どうしたのー。わっめーちゃん可愛いい!」
「メイコ姉、朝から何?」
妹たちが私の絶叫でリビングに集まってくる。
「私にもわからないのよ!朝起きたらこうなってて・・・」
昨日はいつもの店で歌ったあと、少し酒を飲んで帰ってきた。途中、謎の実験室に拉致された覚えも、全身タイツの宇宙人にキャトルミューティレーションされた覚えもない。

もふもふもふ

「ちょっと!ミク!話聞いてるの!」
「いやぁ~めーちゃんの毛柔らかいなって・・・」
「ほんとーこんなに生えていたらちょっと刈ってもいいよね・・・」
「メイコ姉・・・・家族は助け合えっていつも言ってるよね・・・」
いつの間にかミクとリンは不良系野球漫画ではおなじみ、むかし懐かし「手動バリカン」を握りしめていた。
レンに至っては何故かT字カミソリを持っている。
「ちょっとやめなさいよ・・・」
「ねぇめーちゃん・・・よくミクのネギをおつまみに使ってるよね・・・」
「この前リンのセーラー服を一緒に洗濯して色が移ってピンク色になっちゃったのー」
「メイコ姉、朝バナナダイエットは効果あった?」
ミク、リン、レンの異様な迫力に後ずさる。
「ひぃぃぃぃぃぃ!」
ガチャッ!バタン!
四足で走りながら後ろをみるとミクがネギを持って追っかけてくる。恐らく、リンとレンは車庫に向かってロードローラーに乗り込んでいるんだろう。
「ごめんなさぃぃぃぃぃ!」
私は全速で逃げながら、いつもの悪行を悔いていた。

ピンポーン!ピンポーン!
うらびれたマンション。私は必至に部屋の主を呼び出していた。
ドンドン!ピンポーン!
「はいはい出ますよ」
部屋の主 ー弱音ハクー はいつものように着崩した格好で出てくる。
「ハク!助けて!鬼に追われてるの!」
「鬼?まあ入ってください。メイコさんと私の仲ですから」
「ありがとう!今度飲みに連れてってあげるわね!」
私は安堵しハクの部屋に入る。だが・・・・
ガチャ!
恐る恐る振り返るとハクが部屋の鍵を閉めていた。
「・・・・ハク・・何をしているの?」
「何って逃げられないように施錠をしているんですよ」
「ねぇハク!助けてよ!この前誕生日に飲みに連れて行ったでしょう!」
「でも、酔いつぶれた私を残してそそくさと出て行ったのは誰?」
ハクはまるで獲物を捕らえた猛獣のような表情をしていた。正直、ハクがこんな表情をするのは見たことがない。
ピンポーン!
「ハクさ~ん来たよ~」
「ミクさんが来たようですね。これで今年の冬を越せます。」
「嫌っやめて!助けて!」
「うふふふ」
「うふふふ」
「うふふふふ」
「あははははは」
ハクの部屋にミク、リン、レン、そしてハクの笑いが木霊する。
「嫌っやぁぁぁぁぁ!」


「嫌ぁぁ、やめてレン!そんなところの毛は剃らないでー!」
悲鳴をあげ、起き上がるとそこはいつものリビングだった。
思わず体を見るが、モコモコの羊毛は生えてはいなかった。
「よかった夢だった・・・」
「あっ!めーちゃん起きたんだ。今お水持ってくるね」
「カイトどうしてここにいるの?」
「うん。めーちゃんたらっ帰ってきてすぐリビングのソファーで眠っちゃって、そしたら急にうなされ始めたからいい夢にしてあげようと思って童謡を歌っていたんだ」
「・・・どんな童謡?」
「もちろん、メリーさんのひつゴフッ!」
「あんたは今世紀中永眠してなさい!!!!!!!!」

翌日
レンです。今日は今朝からメイコ姉さんの様子が変です。
「ミク!今日はネギが安いから買ってきてあげるわね」
「めーちゃんありがとう!」
「レンこの前はレンのバナナを勝手に食べてごめんね。今日バナナの特売日だから買ってきてあげるわ」
「リンはみかんが欲しいのー」
「いいわよ」
正直、普段が普段なので何か企んでいそうで怖いです・・・・
そういえばカイト兄ちゃんの姿が見えないような・・・・






最近、ヒツジめーちゃんのイラストがちらほらと見るので書いてみました。

投稿日時 : 2008/12/14 20:51    投稿者 :エントツ

ヘルプブクマでつながった作品とは?

語り部のマヨイガ

語り部のマヨイガ
ようこそいらっしゃいました。このたびお聞かせするのはとても美しい魔女の物語です。
山の麓の森の置く深くに青く長い髪を持つ魔女が住んでいたそうです。魔女はとても美しく、その姿を見た者は誰しも魔女に恋してしまうそうです。麗しき魔女の歌声を耳にしたが最後、魔女の虜となった迷い人は誰一人として帰らなかったそうです。
ある時、また一人迷い人がやってきたそうです。その迷い人は、金の髪をひとつに束ねた少年だったそうです。そしてその迷い人は例の如く青い髪の魔女に出会い、恋に落ちたそうです。迷い人は魔女と共に楽しく日々を過ごしたそうです。魔女と過ごすうちに迷い人が虚ろに思い出すのは痛みと衝撃、鈍っていく体の感覚、そして、泣き叫ぶ大切な人の声。つまり、死ぬ間際の記憶でした。ですが、迷い人はその記憶すら忘れてしまったそうです。そして、二度と帰る事無く歌を歌う魔女の傍に居続けたそうです。
 山の麓の森の奥深くたった一人で魔女が住んでいたそうです。時たま、人は訪ねてくるのですが、生きている人間は一人として訪ねて来ることは無かったそうです。迷い人は自身の命が尽きたことに気づかぬまま、魔女の傍に留まり続けたそうです。そんな迷い人のため、魔女は延々とたった一人で歌を歌い続けたそうです。

文鳥さん

文鳥さん

2009/04/03 12:35

Fairy tale 1

 ある晴れた日の昼下がり。
 ミクは姉と共に本を読んでいた。しかし、その本と来たら難しい言葉ばっかりで、十六歳のミクには理解できないものがあまりに多すぎた。次第に、木陰の木漏れ日の暖かさと頬をなでる風の涼しさに、夢の世界へと引き込まれていった…。
 ふと目を覚ますと、姉のほうも眠ってしまったらしい。退屈になってしまった、とミクがあくびをしているところを丁度よく、何かが横切っていった。
 茶色のチョッキ、金と銀のバッジとチェーン、それに兎の黒い長い耳を付け、ズボンにつけたチェーンにはふわふわとしたウサギの尻尾のような飾りがついている。その容姿と懐中時計を持ってあわただしくかけていく自分と同じほどの年齢の少年は、ミクの好奇心に火をつけた。
 気付かれないように気をつけながら、少年の後をついていく。時折不安そうに辺りを見回したり、泣き出しそうな表情になりながら、少年はそう早くもない足で走っていた。どこか自分に似た容姿をした少年は、端正な顔立ちで、格好いいというよりかはかわいらしいというような雰囲気だ。小柄な少年は白いワイシャツを着ているが、どうもサイズが合わないらしく、手のひらが出てきていない。出ているのは指の先っちょだけだ。

リオンさん

リオンさん

2010/02/19 23:02

▲TOP