タグ一覧 > タグ『耗夜メテ』の作品

  • G clef Link 雇われ近衛兵5 History of HMさん 閲覧数:142
    2020/01/28
    01:30

     他の仲間も締めにミネラルウォーターを飲んで、昼食を終えた4人たち。すると食堂のなかへ、一人の男性がやってきた。
    「雇われ近衛兵で、魔術師の職業の2人はイルか?」
     カタコト交じりの口調で呼び掛けてくる1人の男性。この男性は清潔な白いコックコートを着用しており、その容姿、頭髪は坊主頭に近い黒の短髪。

  • G clef Link 姫様へのカラメーラ・ドルチェ11 History of HMさん 閲覧数:70
    2020/02/10
    00:49

     少女からの昔話が終わった。話しを聞いた側は、こう応えていく。
    「抜群なネーミングセンスの魔法を使ったのはね、このマジックリンちゃんと、その弟であるレンのお父さんよ」
     まっ先に自分は、ガイアなる人物の子どもであるとアピールするリンであった。14歳の乙女(リン)にとって、ガイアスペシャル! シャイニングフォースの響きに格好良さを感じるのは親子だからだ。

  • G clef Link 姫様へのカラメーラ・ドルチェ12 History of HMさん 閲覧数:58
    2020/02/12
    23:53

     途中、異なるセカイが存在することを示唆した謎のキーワード。気が付けば少女と他愛のない閑談をしていた。だが、雇われ近衛兵となったパーティーメンバーも、休憩時間が終わりに近付いてくる。
    「おい、リーダーのフジタとソレイユ姉よ。次の仕事は、訓練をする騎士たちのサポーターになるんだ……んっ!」
     騎士団長のローランド・デ・パルマが直々に呼びに来たのだが、目の前の光景に愕然としていた。No.1カリスマ騎士である男が動転するのも理由(わけ)がある。

  • G clef Link 姫様へのカラメーラ・ドルチェ8 History of HMさん 閲覧数:55
    2020/02/07
    19:23

    「あら? 私もシノビならコナミが先生ですよ。ニンジャガイデンより先にサスケとエビス丸から、シノビの歴史を学びました」
    「そこの共通点、なにも無いじゃないッスか……」
     少女とメンバーたちの年齢が近いのか? 不思議と話は盛り上がっている。同時に高貴な雰囲気がする少女へ、どこか懐かしさを与えていた。

  • G clef Link 姫様へのカラメーラ・ドルチェ7 History of HMさん 閲覧数:53
    2020/02/06
    12:29

     言遣いにどこか気品のある聲を発した少女は青リンゴの木を影にし、周りから身を晒さぬよう隠れている。コソコソ……コソコソ……と、その動きはまるで何者からか逃れているようだと4人は感じとれた。
    「あの〜っ、このマスカットが欲しいのですか?」
     ミクは軸から小分けにしたマスカットを手に持って、それを木の後ろへ隠れる少女に見せていく。

  • G clef Link 姫様へのカラメーラ・ドルチェ9 History of HMさん 閲覧数:51
    2020/02/08
    19:32

     私たちを襲った、その脅威とはランブルウィードの盗賊団でした。誰もが幻想セカイの世紀末だと断言する危険地帯から、たまたま我が国の前を通り掛かったところでエンカウントしたのです。
     盗賊団の男たちは私たちを見て、こう言いました。
    「おいおいっ、コイツはまさかの激アツじゃないのか?」そう言ったのはオオカミの毛皮を着た男です。おそらく、盗賊団側のリーダーでしょう。

  • G clef Link 姫様へのカラメーラ・ドルチェ13 History of HMさん 閲覧数:44
    2020/02/13
    22:57

     落胆しそうになった弟(レン)と比較し、姉のほうは普段から高揚的な性格の持ち主。普通に話していた相手が、お姫様だとわかれば、あることを告げるのだ。
    「あのさ。さっきまであんたのために、お菓子づくりしてたから食べに戻りなよ」
     それは昼食後に与えられた仕事で、自分とリーダーが作った“甘い奇跡”のことである。リンは続けざまにメテ姫へ言った。

  • G clef Link 姫様へのカラメーラ・ドルチェ10 History of HMさん 閲覧数:43
    2020/02/08
    17:53

     私たちを心配して、ロアの次に声を掛けてくれたのは翡翠色の髪をした男性でした。
    「本当にケガは無い?」
    「大丈夫です。貴方たちのおかげで助かりました」

▲TOP