投稿作品

Classic
Modern
  • 童話資料:夢みる小鳥編(途中) 閲覧数:215
    2008/09/16
    03:02

    1.ハルシオン
    2.風の神の娘ハルシオンは、明けの明星の息子クユクスと仲むつまじい夫婦として暮らしていた。しかし、あるときクユクスは船の難破で命を落としてしまい、哀しんだハルシオンは後を追って海に身を投げてしまう。二人を哀れんだゼウスは二人を海カワセミ(ハルシオン)の姿へと変える。それ以降、並みの間にハルシオンが巣を作り雛をかえすときには海も嵐となることを避けて静かに凪ぐようになったという。
    3.ギリシャ神話より。この故事によりハルシオンは英語で”平穏”を意味し、”ハルシオン・デイズ”というと平穏無事な日々、という意味になった。

  • 秋恋歌 閲覧数:98
    2008/09/13
    04:56

    【秋恋歌】
    舞え踊れ 野山の彩(いろ)は 錦繍(きんしゅう)の茜
    秋が巡りきてまた逢える 神と人の恋

  • ボカロ短歌《ひとり寝の…》 閲覧数:214
    2008/09/10
    01:33

    《ひとり寝の夜かいとりの妻呼声(つまこごえ)長夜も知らず鳴くぞうらめし》
    (直訳:ひとりで寝ている夜に遠くからカイトリのさえずりが聞こえてきます 秋の夜が長いのも知らないでずっと鳴いているのが恨めしく感じられます)
    (意味:夜、おとずれのないあなたの掻い取り(打ちかけのこと)をかき寄せて、さみしさを紛らわせて眠ろうとしております。ですが、こんなに夜はながいのに、けれどあなたの姿はありません。貴方が恋しくて眠れないことが、心から恨めしく、また、哀しく感じられます)

  • ”笛吹きと少女”《1》(童話コラボSS) 閲覧数:130
    2008/09/10
    00:41

     ”笛吹きと少女”《1》
     夕暮れになると、空気が変わる。
     ゆっくりと冷えていく空気に黒い森から吹き寄せる風の香りが混じり、頬をなでる光が甘い蜜のなめらかさを含む。

  • マヨイボシ【MEIKO・作成中…】 閲覧数:94
    2008/09/07
    05:38

    【マヨイボシ】
    午前三時に歩く街に
    ぽつり ぽつり 消え残った灯

  • ”笛吹きと少女”(童話コラボ) 閲覧数:173
    2008/09/06
    04:31

    ”笛吹きと少女”(童話コラボ)
    遠くいくさの日々 町には諍い
    大人たちの眼が澱んでいたころ

  • 明け方の蝉 閲覧数:150
    2008/09/05
    05:22

    新しい朝がくるたび
    心細くなる そう
    今日も空が青くなる

  • 【地球の緑の丘】(版権切れ・30年代SFより) 閲覧数:1,139
    2008/09/02
    03:53

    【地球の緑の丘】”C・L・ムーア”
    1.暗黒の海原のはるかに
    懐かしき緑の地球は輝く

  • 【フィオリモンド姫の首かざり】(童話パロ) 閲覧数:134
    2008/08/30
    02:37

    昔むかし 悪くて怖いお姫様
    恐ろしい魔女のお友達
    夜毎に森へといそぎます

  • 童話資料:悪ノ姫君 閲覧数:446
    2008/08/26
    23:48

    1.サロメ
    2.聖書に登場する古代オリエントの姫君。母ヘロディアが当時の王ヘロデと結婚したことを批判した預言者ヨハネが投獄されたとき、母に命じられて宴席で舞を舞った。舞の褒美をあたえると約束したヘロデ王に対し、「預言者ヨハネの首を」と望んだサロメのため、ヨハネは首を落とされ、処刑されたという。
    3.オスカー・ワイルドその他多くの作者によって題材とされた逸話。ワイルドの戯曲ではヨハネにたいして邪恋を抱いたサロメが、己の恋心をはねつけられた怒りによってヨハネの首を求めたとされる。が、聖書の原典ではそもそも"サロメ"という名も登場せず、単に"ヘロディアの娘が母の望みに従って預言者ヨハネの首を求めた"と記述されている。悪ノ姫君か、あるいは単なる母の操り人形か? サロメ像の解釈によってイメージはいろいろ。

  • 【自殺機械NO.44】(闇レン?) 閲覧数:235
    2008/08/26
    01:04

    【自殺機械No.44】
    (スーサイド・マシーン・オブ・イノセンス・ナンバー・44)
    (ニューシリーズ 8・6・4・9・6・2…)*

  • 童話コラボ用資料~人魚編~ 閲覧数:405
    2008/08/24
    04:25

    1.タイトル 2.概要 3.メモ の順番で列挙します。参考までにどうぞ。
    1.《人魚姫》
    2.海の底の人魚の姫君が、人間の王子に恋をする。だが、足と歌声を引き換えに王子に出会った姫の思いは全うすることなく、彼女は最後には泡となって消えてしまう。だが、代わりに姫は”空気の娘”となり、のちに魂を得ることができる権利を得た。

  • ”バスルームに人魚” 【ガーリー・ポップ】 閲覧数:157
    2008/08/20
    18:08

    【バスルームに人魚】(ガーリー・ポップ)
    レポート終わったよ つかれはててぐったり
    一週間図書館漬け 髪も肌もボロボロ

  • 火星のたんぽぽ 【SF・ポップス】 閲覧数:493
    2008/08/20
    04:17

    【火星のたんぽぽ】
    七歳のときの初恋の話 
    アストロノーツ(宇宙飛行士)はお兄ちゃん

  • 九十九数え歌 閲覧数:87
    2008/08/07
    04:00

    九つ(ここのつ) 木の葉の降るときは
    八つ(やっつ) 八つ舌吐く死人花
    七つ(ななつ) 泣きの涙も厭き果てた

  • レインボーライナー 閲覧数:71
    2008/05/25
    04:16

    虹を追いかけるやつってのは
    無謀な夢をみてるやつのことだってさ
    だけど みんながそうだったらどうだい?

  • 【 Close it. 】(コクトー・ツインズ”When Mama Was Moth”より 閲覧数:179
    2008/05/12
    01:28

     ”遠くから足音が聞こえるね?
     パパがわたしを探してるの?
     でも、ここにいれば安心

  • 【赤ノ剣士】(悪ノPさん・悪ノシリーズのイメージ?) 閲覧数:883
    2008/05/12
    00:51

     【赤ノ剣士 ”guerrier de rouge”】
     哀しみの絆より 重きものがある
     そのために 涙も愛も 滅びゆくのだろう

  • 【赤ノ剣士】《2》 閲覧数:629
    2008/05/11
    23:26

    【赤ノ剣士】《1》より
    「いーい陽気でしょう、レン。今年は麦日和が続いているわ。ライ麦もオーツ麦も、どこの蔵にだって溢れちゃうくらいの豊作でしょうね」
    「そう…… ですね」

  • 【赤ノ剣士】《1》 閲覧数:998
    2008/05/11
    23:26

     【茜の鎧を身にまとい 見よ 聖剣士は行きたもう】
     【高らかにうたうその言葉 可愛く可憐な王女様 あなたの細いその首に 王座も国も 重すぎる】
     【誰もが彼女を褒め称え けれども剣士は歌を聞く】

▲TOP