okaさん

ライセンス連絡は不要ですよ♪使ってください(><)/

投稿作品

Classic
Modern
  • 明 星 閲覧数:7
    2021/02/15
    10:21

    夜明けの街には茜の音 聞こえるかな 君の幸せ祈る歌
    僕は空を見るように君を見た これは君が 君だけが希望っていう話
    どこまでもつづく空 その全部に君が映る

  • 君は花みたいだ 閲覧数:12
    2021/01/25
    23:48

    僕は穏やかな午後をずっと夢見てた 君は春の嵐をきっと待っていた
    どうしようもない不安の 紛らわせ方を教えてほしい
    ねえ 悲しむのに涙は 本当に必要なのか

  • 君と会えて僕は初めて空の青さ知った off vocal 閲覧数:65
    2021/01/01
    18:04

    君と会えて 僕は初めて 空の青さ知った
    空は今も青いだろうか 君がいないだけで
    思い出せる限りの君は いつも笑っている

  • 真冬のベンチ 閲覧数:12
    2020/12/12
    10:25

    君を好きになったこと 僕はずっと言わなかった
    だから君は最後まで僕に 優しくしてくれた
    君がいなくなってから 君をもっと好きになった

  • 不完全な小節 off vocal 閲覧数:205
    2020/11/23
    11:37

    道の向こう眺めて いつか君が戻ってくるんじゃないかって 
    今でも思うよ 歩くたびに 一枚 また一枚 空の写真が増えていく
    もう会えない君を 表すには 記憶が深くて

  • 雲と光の隙間 閲覧数:350
    2020/11/10
    11:52

    恋をしたのは君だったのに 恋に落ちたのは僕だった
    好きになったぶんだけ痛む そんなことさえ忘れてた
    君の影が揺れる 銀杏並木をただ歩く

  • zero off vocal 閲覧数:743
    2020/10/30
    23:01

    ねえ 世の中と向き合えば 時に目をふせたくなる
    それに誤魔化すのが下手で 不器用ならなおさらだ
    ねえ 世の中の不条理を 時に受け止められずに

  • 閲覧数:10
    2020/10/25
    10:11

    寂しさから逃れようと 考えるのを避けてた
    君のいない今日が寂しかったと 夜が 夜が 囁いてくる
    こんなことならいっそ全部 途切れたままでよかった

  • ヴァイオレット off vocal 閲覧数:1,346
    2020/10/19
    08:51

    街のはずれ 群衆の外 いつの間にかこんなに 遠くまできた
    君のいない 坂を上る 空に風は吹くのに 雨はまだ止まない
    君が特別だなんてことは きっと君にはわからなくて

  • 夜 と あ か り 閲覧数:1,039
    2020/10/07
    23:41

    季節が流れて 少し肌寒くなったね
    僕は相変わらず何のために生きるのか わからない
    最近、君のことが上手く思い出せない

  • 全部夢ならばよかった 閲覧数:1,137
    2020/10/01
    00:37

    全部夢ならばよかった 君と出会った最初から
    いつのまにか君のことが 身体の隅に 沁みわたっていた
    思い浮かんでは消える 右に左に 揺れる君

  • 青く 閲覧数:226
    2020/09/26
    23:25

    毎朝 目覚めるたびに 窓から見える空の青さを
    どうしたら君に伝えられる
    この前買った新しいシャツ君に見せることはできなくても

  • 見えないものを 信じるように 閲覧数:568
    2020/09/17
    22:52

    雨が降る約束の場所で 君を待ってた 楽しみにしていた
    改札を人が出てくる  君の姿を あの日 探してたんだ
    悲しみに気づかないように 見えないものを信じるように

  • 夏に散る 歌詞 閲覧数:680
    2020/08/09
    00:14

    君は僕の 一生の宝物 だからここにしまってくんだよ
    僕の大切な部分に 
    いつも笑い明るい君が好きさ

  • 明け方に 消えていく 閲覧数:94
    2020/05/03
    19:45

    風邪をひいてしまった路地で頭をかかえていた
    指の隙間から見えた十字架はやけに静かだ
    どこか街の片隅で君に会えるかもしれないって

  • その日世界は同じ夢を見ていた 閲覧数:165
    2020/04/11
    20:03

    どんなに離れていても 僕は君を思っている
    桜風の向こう 手を振る君 その優しい笑顔に会いたくて
    どんなに強がってても 君は僕の弱点だ

  • 閲覧数:115
    2020/04/02
    05:06

    始まりさえ忘れた心に縛られて
    たった一つの本音も言葉にできない  
    言い訳をそろえて 理由に変えた過去

  • 色づく街が暮れるころ 閲覧数:134
    2020/04/02
    05:01

    世界がとっても眩しくて 僕はまた生まれてきたんだ
    そして風の丘 君の手を探ってた
    姿形は違っていても 僕はいつも君に気がついた

  • SIGN 閲覧数:28
    2020/02/04
    10:39

    寒い朝 変わらぬ景色 見慣れた坂を上った
    昨日までそばにいた君 どこか遠くに感じた
    張り詰めた空気を破った ピアノの音に押されて

  • 閲覧数:32
    2019/09/02
    01:36

    光の中に 君がいたのか それとも僕の目がくらんだのか
    この世界には求めるものが どこにもなかった
    この世界で欲しかったものは 全部ガラス越しにあった

  • それは完璧な夜だった 閲覧数:75
    2019/08/10
    20:06

    何から始めればいい いいや 言葉じゃないんだ
    残響のように生きてるだけの 自分が恥ずかしくて  
    僕が夢見てた分だけ 君を 傷つけたのだろう

  • 水と砂 閲覧数:18
    2019/07/04
    05:49

    これは独りごとなんかじゃない 僕は君に話しかけてる
    ドアを閉めて 君がそこにいるかのように
    真昼になっても褪めない夢 思いだすのはあの日の夜空

  • 星空の帰り道 閲覧数:26
    2019/06/09
    23:23

    いつものバスを降りるたび 月の位置を確かめる
    同じ時間に見上げても 昨夜とはほんの少し違うから
    諦めの悪い夢を見てた 大人になれずに

  • 果たせなかった約束 閲覧数:14
    2019/05/27
    01:53

    ずっと微熱があるようで 胸に何かつかえて
    君を思い続けた 五月の風に吹かれ
    僕は君の頬を撫でて さよならが言えなくて

  • 逆光 閲覧数:28
    2019/05/12
    07:52

    ピアノをそっと閉じたらボソっと君は何かつぶやいた
    遠すぎるあの場所あの時 君の息吹が渦巻いた 
    涙がすっと流れてもそっぽ向いた僕は幼なくて

  • アステラス 閲覧数:15
    2019/04/30
    18:09

    どこまでも青く 夜に伸ばした 
    君の手は届かなかった
    どこまでも青く 夜明け目指した

  • ツクタカ 閲覧数:13
    2019/04/30
    17:34

    君が 君が 好きさ 好きさ
    君となら こんな夜も素敵なことでしょう
    回って 回って 笑って 笑って

  • アスカラット 閲覧数:10
    2019/04/30
    17:23

    1A
    息をひそめて生きてきたら 自分はどこか消えた
    雨の夜に響く音となり 朝は風に昼は夢

▲TOP