投稿作品

Classic
Modern
  • グリーンベリル 閲覧数:440
    2020/05/28
    20:03

    ポケットの中に隠した景色を 見ないように 見えないように
    不確かなまま薄めたイメージで 満たすように かき出すように
    ただ黙って意味を疑って 痛がっていて

  • 僕ら幽霊船の夢の中/鏡音リン 閲覧数:211
    2020/03/06
    21:40

    飛び込んで逆さになった世界から
    兎の唄と空と一片の羽根
    土手っ腹に打ち込まれた嘘も

  • シュガーペンギンの日常/初音ミク 鏡音リン 閲覧数:127
    2020/03/06
    21:29

    まだ水曜日の午前3時 ライオンの夢で目が覚めた
    瞬く間に片付いた 冷蔵庫の中
    そうだ シュガーペンギンのレイアウト 思い出してすぐに替えた

  • ダスクと雫/初音ミク 音街ウナ 閲覧数:245
    2018/12/21
    19:55

    やがて空は澱の彼方
    まるで夜のまだら模様
    毀れ落ちた雫

  • ゆらゆら 閲覧数:526
    2018/09/14
    18:36

    あきれた夢 街はすっかり 無窮の空に溶けた
    君と二人っきりでやっぱり 時間を眺めていた
    指先だけが 重なってさ このまま居られたらな

  • 痒痒天国/鏡音リン (の幼虫) 閲覧数:289
    2018/07/02
    19:23

    痒痒天国/鏡音リン (の幼虫)
    痒い痒い 蚊 蚊 炎天下真っ裸 ストレスマッハ 見失った蚊
    宙を舞うステルス 狙いを定めて 一瞬の隙 一瞬の隙

  • セシル嬢の計画的憂鬱/鏡音リン 閲覧数:263
    2017/12/12
    21:25

    驕れ笑え 不眠の至り カビた闇路を練り歩け生成り
    ここで 婦人の旅路は終わり ペテン師に騙され泣いている
    でもね 舌と舌鼻と鼻くっつけたら頭痛いのも治っちゃうのに

  • 【鏡音リン】インカーセレイト【オリジナル】 閲覧数:192
    2017/02/19
    22:49

    千切れた影は 針の筵
    叫ぶように 嗤う怠惰
    希うせいで 朽ちた世界

  • 【鏡音レン】ママとナルコレプシー【オリジナル歌詞】 閲覧数:311
    2015/09/15
    22:19

    隘路に根ざした毒蜘蛛の糸 まんまとかかった人々の群れ
    鉄澱の中で見たときよりも 一層眩しく輝いていた
    いきり立った前頭葉がまだ 磨りガラスに向かってがなってる

  • 追憶の飛行船 閲覧数:1,031
    2013/11/16
    19:14

    淡く儚く虚ろな微睡み 遥かまだらの渦の中
    響く響く星屑の雫 いつか焦がれた虹のあと 
    黄昏の幻

  • 【鏡音レンオリジナル】Der Process 閲覧数:356
    2012/08/06
    20:43

    篝に怯える 暗闇側の秒針を刻んだ 機能的病巣
    瓦落多に縋る はだしのまま少年が抱いた 虚妄の理想郷
    夜に傅いた 悪魔の夢 眠れぬ日常に嗟嘆を

  • 【鏡音リンオリジナル】ネロ 閲覧数:324
    2012/08/06
    20:41

    或る砕かれたモノローグ
    いづれ澱に塗れた飾
    欠落するダイアローグ

  • フェイクリブート 閲覧数:251
    2012/01/06
    18:03

    朝 街は緩やかに 死に絶えていく蛍の火
    また いつもの幻燈に 騙されて今日も夜行性
    冷たく透き通った屋上に ハルジオンがもう咲いていて

  • 記憶消失 閲覧数:282
    2011/11/09
    00:24

    壁に沿って立ち並ぶプラタナスの影
    グラスの向こうの景色と入れ替わる
    やがて僕の体も透明の中へ

  • Infinity― 閲覧数:108
    2011/09/25
    04:30

    ガラス越しの街の明滅が現実だと
    知らされずに今日も繰り返す
    祈りを捧げてた少女なら音も立てずに消えてしまったろ

  • epilogue 閲覧数:172
    2011/09/01
    08:49

    下り坂の終わりにある 赤い月の照らす時計
    まだらの夜 途切れながら 渇く地平線に向かう
     

  • 深海シティアンダーグラウンド 閲覧数:1,714
    2011/03/05
    21:33

    仇花すっかり舞い散る季節
    踏切の向こう側で泣いてる
    プラスチックベルゼブブの羽音

  • あくる日の光の果て【鏡音リン】 閲覧数:183
    2011/01/20
    21:57

    遠ざかる月の暈なら渇いて
    monochromeを取り戻していつもと同じcobaltに融けた
    から回る逆さのままの風見鶏

  • 月がない街 閲覧数:365
    2010/08/24
    18:38

    猫が死んだのが先だったっけ
    僕が死んだのが先だったっけ
    どうしよう

  • 風に吹かれて 閲覧数:124
    2010/01/14
    22:56

    昨日つばさを買ってきた
    お気に入りのスニーカーと引き換えだったんだ
    緑色したいびつなやつで

  • 真空Argon 閲覧数:82
    2010/01/03
    00:39

    霞みほどけたこの魂の影は
    ほどなくさかまわり時計のなか
    風(かざ)めく頃に鳴くひばりの瞬き

  • Effect comes over 閲覧数:110
    2009/12/30
    21:12

    霞むモノクロ銀色の夜 遠く遠く浮かんで揺れる
    琥珀に融ける始まりの光 淡く淡くしぼんで見える
    くもり硝子ぼやけた空白 重ねた手を離して壊れる

▲TOP