橘光留さん

作詞をします。稚拙な詩を書きますがどうかよろしくお願いします。歌詞の解説などは小っ恥ずかしいので基本しません。

投稿作品

Classic
Modern
  • 回路樹の原理 閲覧数:70
    2019/04/17
    00:17

    a
    再び降る雨に抱いて
    気付かぬ程の枷を外し

  • 閲覧数:38
    2019/04/16
    17:16

    鋼鉄を刻む異質炙り出された
    巧妙なコロナで目覚め
    健闘を祈るが如く

  • 罪悪の導き 閲覧数:61
    2019/04/15
    22:52

    a1
    悪しき日の記憶は
    あの夏に置き去る

  • 享楽のキャンディー 閲覧数:45
    2019/04/10
    17:03

    a1
    塵が舞い目を塞ぐ
    瞳を覆った暗幕に

  • 思考のディストピア 閲覧数:33
    2019/04/09
    22:40

    君の顔見て
    暴れた感情を
    何処に捨てよう

  • 星群の輪廻 閲覧数:103
    2019/04/09
    21:57

    星に澄んだ
    君は深く
    眠りにつく

  • 花吹雪が舞う頃に 閲覧数:188
    2019/04/13
    18:08

    触れ合う度に消えた
    泡沫を愛した君
    花吹雪

  • 安堵の城 閲覧数:22
    2019/04/06
    20:53

    水嵩よ溢れて回れ
    安堵安堵
    いつの日か

  • 知られざる星座 閲覧数:19
    2019/04/06
    20:37

    知られざる星座が道を示し
    我先にと急ぐ水面に揺らいだ
    託された希望が塩を満たして

  • アルバートユンボルゴーステール 閲覧数:29
    2019/04/05
    23:23

    a
    淡々と足を掬われては傷を庇って
    貧欲の滝はここに在ると明日を拒んだ

  • change color 閲覧数:62
    2019/04/05
    23:03

    水しぶきまるで一縷(いちる)の芥
    照らす陽は最早(もはや)陰(かげ)りを知らずに
    贖(あがな)いの詩(し)明日に君を預けて

▲TOP