投稿作品

Classic
Modern
  • 【曲募集】梅の君 閲覧数:112
    2017/05/16
    16:03

    A1
    春のはやてから さらさらと
    流れる梅の香は

  • 雪蛍 閲覧数:158
    2017/05/13
    15:43

    A1
    乾ききった風が 渇ききった髪を揺らす
    遠くなった空に 白い息を飛ばす

  • Evening Sun 閲覧数:102
    2017/03/02
    17:12

    冷たい風 冬でもないのに 流れる
    鬨の声をあげているように せわしない街
    夢をたゆたう 私のたましい 泳いでる

  • さよならの笛 閲覧数:102
    2017/01/07
    18:30

    A1
    白い街並み
    みえる夜明けのかげ

  • 朝焼けの祈り 閲覧数:306
    2016/10/30
    11:11

    手を伸ばせよ空へ 灼熱の空へ
    永く祈り遥か 天を奏でる
    神のおとす熱 大地が萌える

  • 【曲募集】story 閲覧数:105
    2016/08/20
    21:33

    A1
    紙を一枚めくるたび
    赤くなるこの指先

  • 【曲募集】恋仇 閲覧数:88
    2016/06/23
    19:20

    A1
    静かに萌えるは 刹那の時
    千代に睦みあう番鳥

  • 夏の日 閲覧数:338
    2016/06/23
    19:20

    A1
    今も空高く漂う白い風は
    熱い頬 冷ますように

  • ぐんじょうのもり 閲覧数:179
    2016/08/05
    21:38

    深い群青(あお)に沈む木々たち
    遠く響く優しい森の歌声(ざわめき)
    雲の隙間 星がきらめく

  • 地下 閲覧数:56
    2016/06/23
    19:15

    茜の空に漂う
    雲間に刺さった月は
    あなたが輪郭なぞり

  • 花の誘惑に狂い 閲覧数:42
    2016/06/23
    19:14

    A1
    真夜中の鳥
    ざわめく酒場に一人可憐に舞う君に

  • 【曲募集】鬼やらい百恋歌 閲覧数:22
    2016/06/23
    19:12

    A1
    お嬢ちゃんこっちを見てみよし
    愛想を尽かした鬼がいる

  • 【曲募集】押し込めし、焦月の君 閲覧数:19
    2016/06/23
    19:10

    A1
    流れゆく夢 音立てる寄木細工
    転がり落ちて 朝顔が今、咲く

  • オルフェ 閲覧数:31
    2016/06/23
    19:08

    A1
    この遠い空から落ちてきた星
    海と溶けて世界を包むんだ

  • my little letter 閲覧数:18
    2016/06/23
    19:07

    A1
    あの日公園で話したこと
    君はまだ覚えてるかな?

  • 書生と夜桜 閲覧数:21
    2016/06/23
    19:05

    A1
    淡い袖に映った あなたの顔は
    ただ静かに微笑んでいた

  • 純愛フラストレイション 閲覧数:35
    2016/06/23
    19:04

    A1
    間違い探しばかりしたままで
    戸惑い憂う気持ちはDon't stop

  • 終焉から始まる物語【企画用】 閲覧数:14
    2016/06/23
    19:02

    IS
    昔の話を聞くかい?
    此処に光を湛え

  • 言葉と言葉 閲覧数:30
    2016/06/23
    19:00

    A1
    夕焼けに染まった あの日歩いた道は
    涙に濡れ、水溜りでいっぱいになった

  • 山ほととぎす 閲覧数:17
    2016/06/23
    18:56

    S
    雪降る夏の夜に
    螢は光を帯びて

  • ゆめまぼろし 閲覧数:29
    2016/06/23
    18:55

    IS
    言葉消えて 心に沁み渡る
    妖しく踊る虚(うつろ) 水底の花よ

  • 見えぬ空 閲覧数:49
    2016/06/23
    18:53

    A1
    風の声を携えて
    空に翳した剣は

  • 夜想 閲覧数:28
    2016/06/23
    18:51

    A1
    零れる手を 繕いながら
    静かな天へ 身を委ね

▲TOP