ほっけの干物さん

ちょっと懐かしい感じのポップスをボカロ曲として書く人。移り気ですが、推しはMEIKOさん。

投稿作品

Classic
Modern
  • キミニイノチヲ 閲覧数:44
    2021/02/23
    12:13

    ひとりで動けない 小さなアイデンティティ
    そんなわたし、あなたと出会い 歩きだす物語で 
    プロローグが生まれた 

  • 星々の小夜 閲覧数:105
    2020/12/22
    01:35

    M:
    目が覚めた真夜中に
    昨日より白い宵の 街が見える部屋で

  • ソラリス 閲覧数:23
    2020/12/02
    01:18

    いざ母船から抜け出し日帰り
    だんだんと黒くなっていく背景は
    満天の星空ね

  • 妄想旅行 閲覧数:159
    2020/04/25
    19:28

    思い巡れ妄想旅行
    小さな自由はゆずれない
    どうせならハルニレが

  • 仔象の夢 閲覧数:445
    2020/04/17
    23:12

    象の夢 ぼくは象の夢見てた
    母さんと仲間と歩いて
    優しい目をして 大きくて 強くて

  • Only Today I Want You 閲覧数:73
    2020/02/18
    01:20

    Out of blue, you covered your face and shed tears.
    In a hurry, over and over,
    I patted your hair and told you you're alright,

  • ハートのトキメキから 閲覧数:94
    2019/10/13
    00:01

    好きだって いうことは
    秘密なことを みせること
    そんなとき くちびるを噛みしめる

  • ヒーロー ~「愛」なんて分からなくたって~ 閲覧数:59
    2019/05/19
    21:19

    ちょっとだけでも覚えてる うれしいこと
    いつも通りじゃないこわいとき わたしのヒーローは
    ママとかいても眠れないときに 優しくしてくれたあの人

  • 海岸電車 閲覧数:43
    2019/05/19
    20:26

    波音入る電車の汽笛が鳴った 
    ふと目が覚めて乗り過ごした
    小さなため息と ぼんやりとリラの香り

  • 自由との旅路 閲覧数:33
    2019/03/10
    00:17

    いいなぁと思った言葉、間違いで
    テレビ、教科書がすべて正しいような つまらなさで
    私は口ごもった 崩れるように走った そしてあなたのもとに着いた

  • 六花の惑星 閲覧数:58
    2019/02/07
    00:32

    みかんの実りなる 街を抜けていこうか
    きみが出ていた白舞台 遠くなったもんだ
    小さな惑星は 雪に覆われた大地だった

  • クリスマスの町で【Happy Holidays places on planet Earth】 閲覧数:56
    2018/12/21
    01:04

    Winter solstice, it's the mark of holy days and nights.
    Well, no duty, you've time you don't wanna join us, don't you?
    Me too, I have the time I'd like to be alone, but I wanna dance on such a day.

  • ヘヴンリー "Heavenly" 閲覧数:106
    2018/10/30
    00:59

    いつから知ったか気づかないよ 逆むけばかりの心は潤うよ
    無機質なセメントビルの中でも 気づけば木漏れ日 少し温とい 
    あなた、「それだけ」、「あらほんと」、口癖ね 

  • 平熱ハートペイン 閲覧数:170
    2018/08/15
    23:42

    36.3℃の私にできること 
    何もない そんな柔なはずじゃないよ
    君の湛える悲しい気持ち 溶かしてしまおう

  • あなたの居ない部屋で(niconico June Ver.) 閲覧数:25
    2018/06/30
    18:31

    庄内川を渡る電車で 
    右耳覆う髪 なでて梳かしたよ
    水田映した架線、梅雨空

  • きみと、海に逢いに 閲覧数:51
    2018/04/30
    20:51

    長い冬の後の息吹は早く なりを潜めてた春が湧き上がる
    しばらく遠くに行くと伝えた君から お便りが届くとき
    あのとき借りた 君の自転車壊れてしまった 

  • Leto“Лето” 閲覧数:34
    2018/04/30
    20:37

    ねえ 庭の木の影 縮んでいない? なつがきたのかな
    大きな雨がしばらく降ってきたから 眠ってた
    ある日目が覚めたら 太陽のきらめきだね

  • South Wind Jive 閲覧数:79
    2018/04/30
    19:56

    まだ身のしみる冷気には 
    温もりが近くに居てほしいけど
    でもそれは見当たらない 別にしょうがないと悟っていた

  • 明日また火輪を見れるように 閲覧数:30
    2018/01/30
    00:07

    ひとの群れを見たとき
    嗚咽におちたことある
    出られない不自由と

  • オータムカラーズ ~秋彩~ 閲覧数:108
    2017/11/23
    20:48

    雨が上がり 風の音は黄金、紅 
    次のステージへ 久々に合わせたとき
    見た目 しぐさ

  • monotone canal 閲覧数:42
    2017/10/09
    12:15

    朝は来た 陰りゆく私の気持ち
    それはここと 冬の始まる北極とおなじ
    ノイズを鳴らしたのは 運河を渡るJR

  • バースデイ ~河を越えて~ 閲覧数:85
    2017/07/24
    22:29

    Ah 桜も私たちも散っていった あれからひと月二月と流れて
    Ah きみともあれだけ泣いて別れても たまにはおしゃべりとかしているものだね
     

▲TOP