投稿作品

Classic
Modern
  • CookinGoood!! 閲覧数:92
    2017/05/14
    20:31

    ①素体を用意します
    身長見た目足の長さ黒子の位置までクリソツに!
    クローンなどは如何でしょうか?

  • ぐじゃ2 閲覧数:83
    2017/05/05
    23:28

    いつか死ぬのに生きる意味を問うのは無意味ではないか
    いつか失うのに誰かのために生きるのは愚直ではないか
    そもそもそこまでの人間関係が存在したのか

  • ぐじゃ 閲覧数:91
    2017/04/13
    19:11

    わたしはあなたが見えません
    わたしはあなたが見えないのです
    わたしはあなたに触れられません

  • (non title) 閲覧数:368
    2014/08/14
    17:41

    僕らは依存しあっている。
    それはもう。
    互いが首に手を添える位に。

  • ボツネタ集 閲覧数:1,208
    2013/11/23
    14:14

    「ねえ、最後に話をしようよ」
    白で囲まれた部屋――クジラ病棟と呼ばれる場所の一角――で僕は君にそう話しかけた。
    君は白いベッドに横たわって、灰色の管に繋がれて僕の顔を見て頷いた。

  • 罰ゲーム-余裕綽々- 閲覧数:300
    2013/07/09
    12:34

    「39さんや」
    「なんだよ93」
    「UNOやりませう」

  • あとがき的な創作秘話的な 閲覧数:260
    2013/05/05
    07:16

    どーも姉音ですー!お元気してますか!!
    テキストの投稿は久しぶりですが、ちゃんと生存してるので!心配してもいいのy((
    ってことで、

  • 運命ノ子-今宵、満月の夜の- 閲覧数:571
    2013/03/30
    09:00

    これはそう、今夜みたいな満月が出ている夜に起きた話。
    そのお話の結末を知る君達に、その『あるお話』の真実を一つ、どうだろうか?
    <<運命ノ子-今宵、満月の夜の->>

  • 天国からの没シュート-天使と天使- 閲覧数:741
    2013/07/07
    22:29

    「先生!患者の血圧・心拍数がともに低下しています!」
    「落ち着け。心臓マッサージや電気ショックは?」
    「今やってます!」

  • 【予告?】インシデント 閲覧数:98
    2013/06/10
    17:54

    これは、或る時、或る場所、で起こったことである。
    <<【予告】インシデント>>
    ――。

  • 歪んだ愛の果てに-YAN DE RE- 閲覧数:246
    2013/02/28
    22:13

    ワンクッション!
    この先以下の要素が含まれます。苦手な方はご注意ください。
    ・ヤンデレ

  • 後悔と、いもけんぴと。 閲覧数:613
    2014/03/19
    16:30

    『君はどこかで笑ってて』
    彼は行ってしまった。
    そう―――

  • ミヤコワスレ-二度目の別れ- 閲覧数:126
    2012/11/16
    13:00

    これは、悲しくて哀しい話。
    <ミヤコワスレ-2度目の別れ->

  • 【私(君)の中の】十面相Ⅵ【住人は】 閲覧数:187
    2012/11/13
    14:15

    昨日、夢を見た。
    今までに会った女子が一斉に俺に告白してくる夢。ハーレム?そんな安易なもので済むならそれでよかった。
    ただ普通と違うのは"全員グミだった"という点だ。これを聞いたやつは『好きな子に告白された』と思うだろう。でもそれは少し違う。だって、彼女は、

  • 愛という感情 閲覧数:232
    2012/11/08
    20:33

    何故、こんなに愛しく感じるのだろう。
    <愛という感情>
    「めーちゃんっ!」

  • クーデレ彼女と不意打ち彼氏 閲覧数:385
    2012/11/09
    20:57

    それは、不意打ちの。
    <クーデレな彼女と不意打ちな彼>
    「ねえねえ、めーちゃん」

  • 四度目まして。 閲覧数:125
    2012/11/04
    16:36

    四度目まして
    あなたは言った
    「こんにちは、初めまして」

  • うちの子、瀬那かゆくん。 閲覧数:155
    2012/10/02
    23:33

    名前→瀬那かゆ(せな__)
    性別→男子
    年→17ぐらい

  • モルモットと神様‐神様1‐ 閲覧数:258
    2012/08/27
    11:16

    神様の存在を知ったあの日から、僕ら3人は神様と一緒に暮らしていた。
    でも、今日かくれんぼの途中で、
    「神様が鬼だー!」

  • モルモットと神様‐モルモット3‐ 閲覧数:279
    2012/08/27
    11:26

    また今日が来る。
    モルモットの生活にももう慣れてしまった。
    ここから出られるかどうかなんてわからない。

  • モルモットと神様‐モルモット2‐ 閲覧数:347
    2012/08/11
    18:20

    朝が、きた。
    モルモットの1日の始まり。
    「ジェシカ…寒いの…?」

  • モルモットと神様‐モルモット1‐ 閲覧数:777
    2012/08/11
    16:43

    「げほげほっ…」
    開発実験中の薬を飲まされ、先程まで吐いていた友達〈JE4〉‐ジェシカ‐の背中をさする。
    「ジェシカ、大丈夫?」

  • たこルカ×たこ焼き 閲覧数:243
    2012/07/08
    17:04

    「ルカちゃんルカちゃん!今日の晩ご飯はなんだい!?」
    音楽を聴いている女性に声が掛かる。
    ルカ、と呼ばれた長い桃色の髪を持った女性が自分と同じ顔をしているたこルカ―毛先がタコの足の謎の生物―に告げる。

  • 円尾坂の仕立屋-envy2- 閲覧数:389
    2013/01/30
    12:07

    *?*
    なぜ――。
    私の妻が、なぜ私の妻が殺されなければいけないのだ...。

  • Letter to heaven 閲覧数:178
    2012/06/05
    10:51

    『愛栖かいと様へ
    拝啓
    君は未だに元気ですか?

  • ボカロ歌詞当てクイズ☆ 閲覧数:1,232
    2012/04/06
    13:06

    皆さんこんにちわ!姉音です!
    今回は歌詞当てクイズなるものをしようかと←
    別に連載が進まないとかそういう訳じゃry

  • 「書きたいっ!」by姉音さん 閲覧数:1,201
    2013/01/26
    00:16

    まあ、タイトル通りですね、はい←
    解釈したい曲、オリジナルで書きたい小説とかをリスト化した感じです((キリッ
    すっげぇどうでもいい文ですが、それでも見てやんよ!って方はどうぞー↓

  • 円尾坂の仕立屋-envy1-(再解釈) 閲覧数:1,219
    2012/08/27
    11:02

    此処は、とある東の国。特徴といえば和の文化がとても栄えている事だろうか。
    その東の国に円尾坂と呼ばれる有名な坂がある。緩やかな斜面でお年寄りや子供なども軽々と登れるような坂だ。
    円尾坂の片隅にあるのは、小さな仕立屋。仕立屋を営業するのは桃色の髪が清楚な顔に似合う女主人――カヨ。彼女はあまり有名ではないが、近所の人々によると『気立ての良さと確かな腕が大評判!』らしい。

  • 【誕プレ小説】公園の罠【Dear 希来】 閲覧数:552
    2013/01/30
    14:09

    2月6日。時刻は14時30分。今にも雨が降りそうな曇り空。
    こちら、とある公園の西入り口。
    「遅いなぁ・・・」

  • 【私(君)の中の】十面相Ⅴ【住人は】 閲覧数:593
    2012/01/02
    19:47

    君はあと何人いるのだろうか。何人いたとしても結末はただひとつ。俺はその中から一人だけを選ばなければいけない。当然残りのグミは悲しむだろう。でもそんなグミを俺は見たくない。だとしたら結論は――――
    【私(君)の中の】十面相Ⅴ【住人は】
    俺が遅刻ギリギリにもかかわらずにそんな事を考えつつ、待ち合わせのカフェへと向かっていると、

  • 【鏡音誕編】初恋のキミと【Lの初恋】 閲覧数:240
    2011/12/27
    08:32

    キミと会ってから初めての誕生日は――
    今日は一年に一度の特別な日。
    つまり、私、鏡音リンの誕生日。

  • 【キミに】Message【送るコトバ。】 閲覧数:249
    2011/12/13
    16:23

    さよなら大好きな人。
    【キミに】Message【送るコトバ。】
    「ん・・・朝か。」

  • 【私(君)の中の】十面相Ⅳ【住人は】 閲覧数:581
    2011/12/08
    16:58

    また、土曜日がやってきた。憂鬱でもあり、楽しみでもあり、様々なグミに胸がしめつけられたり、その一方でグミに惹かれている自分もあったり。色々なグミに会ってから俺の人に対する見方が変わった、気がする。例えば、色々な視点で人を見るようになった。いつもは個人の視点で見てる人を複眼の思考で見るようになったとかとかとか。まぁ、色々だ。
    まだ待ち合わせの時間までに結構あるから考えていたワケだが、ここまで考えた時点でカフェを覗いた俺はあることに気付いた。
    ・・・グミが俺より先にカフェに来ていた。

  • 【私(君)の中の】十面相Ⅲ【住人は】 閲覧数:548
    2011/11/13
    15:02

    *土曜日*
    「まだか・・・?」
    実は俺は待ち合わせの時間の一時間前にカフェに来ていた。一番目、二番目と人格の違うグミを見てきたが、明らかに俺は彼女に惹かれていた。

  • 【私(君)の中の】十面相Ⅱ【住人は】 閲覧数:636
    2011/11/12
    17:23

    *次の土曜日*
    ついに三人目のグミと会う日がやってきた。この日を複雑な思いで待っていた。楽しみでもあり、胸が締め付けられるようでもあった。それでも、二番目のグミを見た時、俺は少しだが彼女に惹かれていた。
    「ぐううううみいいいいいやああああああああああ!!!!」

▲TOP