投稿作品

Classic
Modern
  • 雪屑 閲覧数:61
    2021/01/01
    03:29

    月は青くかげる夜空に隠れ
    闇夜深く彷徨う
    枯れた花弁が一枚 暗い闇に落ちてヒラリ

  • さよならマスター 閲覧数:31
    2020/05/06
    16:07

    今、君がそこで泣いているのは
    昨日の失敗じゃなくて
    さよならしきゃいけないからだったらいいな

  • あいすくりん落っことしちゃった 閲覧数:200
    2020/05/06
    16:03

    いつもはがっこの帰りに通り過ぎる駄菓子屋さん
    今日は一枚コイン握ってちょっと寄り道
    秘密の買い物

  • 妄想おデート 閲覧数:132
    2020/05/06
    15:59

    解けた靴紐気にせずタップするあの人と
    今夜はおデート、少しだけわざと遅刻してくの
    浮かれたまんまるお月様微笑んで見てる

  • 桜色の風 閲覧数:85
    2020/03/17
    21:17

    桜の花、まだ開きませんが
    ぼくらありがとうを言いにきました
    みんなにとって、とってもとっても大切な

  • 目抜き通りに汚い人間が倒れている 閲覧数:49
    2020/01/03
    17:34

    汚いこの通りが賑わったstory
    虚辞まみれ一見華やかな為体たち
    作り話で儲けた連中は、ここに倒れてる汚い人に気づかない

  • 【私、内蔵欠けちゃってるんです】 閲覧数:60
    2019/10/20
    03:33

    酸素のない部屋でクビ断破する尋常者
    愛想ない社会は馴染めない弱者になんら容赦しない
    不安定なつり橋で列を組みなす安定者

  • IYA A IYA 閲覧数:46
    2019/10/19
    07:59

    腐敗した世界の片隅に幼い日見た偽善者がいる
    "無力だな個人の感情論は"
    笑いながらそう、ぼくに指差して言った

  • 夏、ツタワレ!! 閲覧数:29
    2019/09/07
    00:13

    どれくらい理想が濃くたって 冷めない揺るがない心臓
    強がってるのはいつも自分信じてるからでしょ?
    そのドアを開けたら、ずっと戻れない気がしていたら

  • 【鏡音りん・れん】隠し事 出演 黒百合 閲覧数:63
    2019/03/31
    21:14

    赤いノートに黒い文字、口と兄書いた十歳の夜
    いじめっ子たちはいつの間にか 塵と泡屑にキエテチッタ
    逃げては逃げては現る、虚像と現実の罪悪感

  • 陽炎日記 閲覧数:61
    2019/03/18
    15:23

    雨風吹いた川辺の奥で燃える 夏の日の花弁
    いくつの時を辿る道は あの日はしゃいだ通り道
    そっと吹けば すぐに零れ落ちそうで

▲TOP