投稿作品

Classic
Modern
  • 甘えんぼうワールド 閲覧数:89
    2016/02/19
    10:30

    遠慮もせずに言いたい放題で
    話も聞かずに一丁前に真似して
    何かあったら誰かのせいにして

  • たとえ3秒後に世界が壊れても 閲覧数:114
    2016/02/06
    17:46

    人類は進化しているか
    賢くなっているのか
    電気仕掛けの都市と近づく仮想

  • 夢幻未来フライタ 閲覧数:102
    2015/12/13
    13:46

    か細いような赤い心拍の 1ビット通信を辿って見つけた君は
    砂漠の下手なオブジェのように 刺さった機体の傍らで笑ってた
    “いつまでも夢を見てんなと 現実に撃ち落とされたよ”と血を拭う

  • Ad libitum. 閲覧数:93
    2015/12/06
    20:57

    君は碧空を見つめる 三日月を瞳に抱いて
    漏刻の水銀は干上がり 時さえも止まる夜
    糸を切られた星が 稲穂のように降るよ

  • dreamer's high 閲覧数:97
    2015/11/20
    03:53

    信じてたんだろう 何でも出来るって
    子供の頃みたいな無邪気な夢さ
    そのうち目は覚める 嫌でも大人になる

  • 流星ロッカー -Wings of Bravery Passion- 閲覧数:132
    2015/10/17
    17:03

    Can you hear my voice?
    I sing a song of life with prides.
    You think how, and sympathize it or not?

  • ビリー・ウィリーと涙の海 閲覧数:106
    2015/10/17
    15:39

    小さなビリー・ウィリー
    泣かないでおくれ
    そんなに泣くと 涙がこぼれるよ

  • 今宵哀しみと共に月へと向かう船に乗って 閲覧数:135
    2015/10/17
    01:17

    そんな棘のある言葉で この夜を汚さないで
    風露草(ふうろそう)の涙が 静かに丘を伝う
    青く広がる宙(そら)から 零れる星のため息

  • Goodbye, the loveless world. ~くだらない世界に花束を~ 閲覧数:61
    2015/09/22
    04:31

    地球は水槽だ 狭くてビョーキも蔓延
    世の中の大半が気がふれてるか無関心で
    愛国憂国を叫び道に溢れるデモ隊の足の下で

  • セツナデモクラシィ 閲覧数:47
    2015/09/18
    16:17

    セツナデモクラシィ
    ちょっとの寄り道で夢が見れるよ
    セツナデモクラシィ

  • Remenbrance Blue 閲覧数:97
    2015/08/19
    17:20

    あなたの瞳の中には 澄み渡る空がある
    心奪うような 目に染みる青色
    どんなに暗い夜が来ても 寒さに震えても

  • レジスタント・エンジン 閲覧数:74
    2015/08/18
    21:37

    明日が見えない 暗闇の中で
    ただこの身体が朽ちて死ぬのだけを待っていた
    理不尽な潮流に心は食い潰され

  • サヨナラディプライバー 閲覧数:107
    2015/07/09
    17:09

    賢いヒトは言う、この世は正しくて幸せな普通の世界だと
    大多数の“まとも”な人間の幸福に合わせたからそうだと
    それに外れてしまったり疑いを持つようなヤツは

  • 銀河鉄道は晴天なり 閲覧数:73
    2015/07/03
    21:59

    こんなにも穏やかな日に
    君は行こうというのか
    空は青く青く晴れて風も無いというのに

  • さよなら独裁者 閲覧数:51
    2015/07/03
    21:20

    街頭テレビの中では
    朝から国会の野次が映る
    「小学生のケンカみたい」と

  • 絶対主義的☆傾国ガール 閲覧数:78
    2015/05/31
    10:42

    どいつもこいつもエブリデイ
    クスリと殺人衝動漬け
    賢い顔してアハッハー

  • Wanderers 閲覧数:50
    2015/05/25
    21:07

    涸れた都会の片隅にも 死は転がっている
    液晶画面と黄ばんだ 新聞の活字の向こう
    見えないだけで絶え間なく 生と死の交錯は続く

  • ある日の入り江 閲覧数:45
    2015/05/16
    13:33

    なんかどっかの町には 鯨で生計立ててるおっちゃんたちがいて
    21世紀に入った今でも 鯨を獲って食べているらしい
    そこにやってきた 海の向こうのうるさいロビイ犬

  • 僕は君じゃない 閲覧数:55
    2015/05/13
    22:52

    僕は君じゃない 僕以外の誰でもない
    君の大事な人形でも 君が求めていたあの人でもない
    僕は君じゃない 君の望むものじゃない

  • ふーせん がーる ~Unchained Love~ 閲覧数:132
    2015/05/07
    22:09

    君は目を離すと すぐにふわふわ消えてしまう
    繋いでおけない風船みたいさ
    ほんの少しだけだよ 僕が手を離したのはさ

  • 走れ 閲覧数:72
    2015/05/03
    18:25

    「さあ目覚め動き出せ」と 呼びかける声がする
    私の中の内燃機関が 音もなく激しく燃えている
    迷い眠る時は過ぎた 衝動は満タンだ

  • 落日蒸機帝国とイカロスの羽根 閲覧数:110
    2015/04/18
    01:23

    オレンジに燃えて染まる空から 星がひとつ落ちるのを見た
    さっきまで群れていた白い雲は晴れて 雷鳴と共に黒い夜が来る
    待ち望んでた時代の黄金(きん)色も やがては黄昏に成り代わる

  • やがて 海へと至る道 閲覧数:113
    2015/04/09
    23:03

    暁が虹色に染まったら 裸足のままで降りてきてね
    照り始めたばかりの金色の線を辿って あの日の海へ還ってきてね
    巡り巡る夜と朝のように 生き死には満ち干を繰り返す

  • evergreen refine 閲覧数:61
    2015/04/02
    02:28

    思いがけない 優しさに 出会った時に
    戸惑うのは 長い間それを忘れていたから
    朝焼けの葉からしたたる雫

  • リリエンタール深海飛行 閲覧数:108
    2015/03/24
    23:44

    群青のパトスが続く
    原始の海がこぼしだすモノローグ
    深海の窓をくぐって

  • ブラスヘミーの昴の鳥の歌 閲覧数:71
    2015/02/27
    00:01

    前線は無責任と悲しみだけを
    残して砂漠の彼方へと消えた ああ
    影さえも失くした命の死骸が

  • 紅涙の弾丸でこの曇天と暗雲を打ち抜け 閲覧数:50
    2015/02/11
    13:13

    折り重なる市街 折り重なる死骸
    何をこんな馬鹿なことを繰り返しているのか
    暇つぶしの思想を 色づける二枚舌

  • Generation×Revolution~やがては生まれ来る次の時代の者のために~ 閲覧数:53
    2015/02/03
    00:40

    この世に神はいるのですか?
    ならば何故暴挙を許すのですか?
    神の名の下ならすべて許されますか?

  • 千刃ロック -with the scarlet kit- 閲覧数:69
    2015/01/29
    01:36

    十二時ちょうど 時報とコンクリ噛んで走り出す二輪の猛獣
    真夜中の音、それはこよなく安眠掻き消す素敵な合図
    手に手に、楽器(ぶき)を携えて 野ネコは闇から闇へ暗躍だ

  • 死ぬ時はたった独り 閲覧数:88
    2015/01/20
    09:40

    世界が死にかけて 迫りくる末期に怯え
    せめて終わりは一緒と、嘆きあう者たちへ
    契りあったって無駄さ、三途の川は厳しい

  • Crimean Angel 閲覧数:77
    2014/11/26
    15:03

    遥か刻を超え 私はやってきた
    この小さな体の中から 世を救えと呼ぶ声がする
    乾いた砂の大地には争いばかり

  • 氷解線ターミナル 閲覧数:112
    2014/11/10
    21:03

    「ここに居てもいいよ」って言われる そんな優しい夢を見たんだ
    薄氷(うすらい)の砕ける音が響くのを 君と暁に聞いたんだ
    線路は絶えてホームに降りた旅の終わり

  • promise -青の果てで- 閲覧数:84
    2014/11/10
    11:33

    沈みゆく世界の面影が
    アクアリウムの空に反射するの
    まるで舞い踊る幾多の蛍のようね

  • 北帰行ロストレイルズ 閲覧数:86
    2014/11/10
    11:13

    チャコールの空に星は瞬き
    極夜の宵を鮮やかに照らし出す
    毛皮のフードで 耳を隠したら、行こうか

  • Mr. counter-clockwise 閲覧数:49
    2014/10/16
    01:00

    収束進化済みの世の中で
    発達し切った頭詰んで
    “世界の終わりが来るよ”

▲TOP