投稿作品

Classic
Modern
  • 【コラボ】黒猫と犬の夜 閲覧数:97
    2009/12/03
    20:59

    (Verse)
    The full moon in the sky
    Amorous at midnight

  • 【和風】片路ゆめうつつ【百合】 閲覧数:131
    2009/04/26
    02:19

    verse
    現 波音
    よせる住ノ江

  • 丸い緑の夢線路 閲覧数:71
    2009/04/26
    01:59

    円を描きましょう
    くるり くるり
    まだ おわらないし

  • 巡れる恋の子女 閲覧数:82
    2009/04/26
    01:42

    一目会えれば満足と
    その言葉はただ
    何よりも本当だった筈

  • winter sleep 閲覧数:116
    2009/01/08
    15:32


    白いマフラー 木枯らしになびいて
    また遠ざかるよ 肩と肩

  • painted girl regret 閲覧数:49
    2008/12/24
    04:44

    他人事(ひとごと)だった悲恋歌(lovesong)が
    私を唄う鏡になった。
    あなたに映る私が

  • (non title) 閲覧数:95
    2008/08/01
    03:55

    オレンジジュースなんか
    プラスチックのコップ
    そう決めたのは、いつからかなあ

  • no gravity 閲覧数:103
    2008/07/29
    23:00

    空(くう)を切るこの手の上
    空(そら)を仰ぐこの目の先
    鋼の天使は舞う

  • 四番目の指を 閲覧数:50
    2008/06/24
    01:36

    ―そろそろ電源を切ると
          言われたのはさっき。
     なごりおしむように

  • ミッドナイトジャーニー sweet starry sky 閲覧数:41
    2008/04/02
    00:51

    ハロー ミルキィウェイ
    今夜も会えたね
    お出迎えありがとう

  • others 閲覧数:43
    2008/03/28
    23:58

    喫茶店のストロー
    交わらないしましま
    赤と青の直線は

  • coffee 閲覧数:95
    2008/03/20
    02:37

    コーヒーをブラックで飲めたら きっと大人になれる
      そう信じて一気飲みしたら
      苦くて涙が出た。

  • have been 閲覧数:64
    2008/03/20
    02:27

    いつからか 恋が 愛になって
    いつからか 貴女は 君になって
    でも僕は 僕のままだと思ったよ。

  • 閲覧数:125
    2008/03/20
    02:22

    風が吹いて、
    貴方が笑った
     命の謳歌

  • the garden of imaging 閲覧数:40
    2008/03/20
    02:14

    おぼろげに
    おもいださせてほしい
    ゆめまくらのあなた

  • 魚(Ⅱ)もしくは城の王女の独白とエゴ 閲覧数:54
    2008/03/20
    02:03

    およいでいて。
    そのままどこまでへも。
    必ず見つけるわ。

  • なくしもの 閲覧数:59
    2008/03/20
    01:57

    なにかうしなうときひとは
    ぜつぼうのふちにあしをそえて
    なにかなくなるもののさだめを

  • パンプキンパンチパース 閲覧数:51
    2008/03/20
    01:49

    ココロの中のナニかがはじけた音がして
    振り上げたコブシは中を空振(スカ)る
    あなたを見つけたオレ

  • スカイサイトクリアヴュー 閲覧数:49
    2008/03/20
    01:42

    大好きな青空のように
    どこまでも澄みわたっていたい
    振り返るとそこにいつも

  • 柔雨(やわあめ) 閲覧数:80
    2008/03/20
    01:36

    あたたかな雨にふられて
    やんわりと服が濡れ髪が濡れて
    歩く

  • last call 閲覧数:45
    2008/03/20
    01:29

    今すぐ携帯を鳴らせばいいね
    そのシンドウはコドウのように
    僕の指先から全身へくまなく伝わって

  • テディ 閲覧数:61
    2008/03/20
    01:23

    雨はまだやまないで
    まどのそとをぬらすばかり。
    ぼくらの中の胆石を

  • collapse 閲覧数:49
    2008/03/20
    01:16

    大好きでした
    ずっと大好きでした
    とけてしまいたいくらい。

  • 無題 閲覧数:44
    2008/03/20
    01:12

    陽が昇らない場所。
    黒い砂漠。
    砂の粒子は牙をむいて

  • black coffee 閲覧数:60
    2008/03/20
    00:58

    大人と子供の中間に生きてるなんて
    格好付けた様な台詞当てはめて
    単にどっち扱いもされたくないお年頃らしい

  • sonata no.8 op.13 閲覧数:56
    2008/03/20
    00:06

    打ちのめされて
    立てなくなって
    座りこんで

▲TOP