投稿作品

Classic
Modern
  • 夏秋 閲覧数:62
    2015/10/27
    20:00

    高架下の電線 平行に伸びる雲
    斜め上を見上げる 別に不安なんかありもしない
    境界線みたいだ ぼんやりと思うだけ

  • 閲覧数:61
    2015/10/09
    15:18

    曇り空にうんざりしながら
    君の鼻歌を聴いてたんだ
    「雲一つない空」なんて

  • 夏夜 閲覧数:113
    2015/08/11
    22:55

    今宵 舞い散る夏桜
    寂しげな僕らを隠す
    薄紅 夕闇 愛焦がれ

  • stay 閲覧数:69
    2014/12/05
    21:34

    駅前高架下ベンチ上 信号機は点滅待ち
    ヘッドライトは真横を掠めてく
    戸惑う梟は右往左往 思い出せば返事はまだ

  • drop 閲覧数:54
    2014/11/08
    17:41

    今日の夜明けを5分ほど過ぎた
    真横から昇る太陽の下で
    変わり始めたのは気付いていた

  • ただ過ぎるだけ 閲覧数:108
    2014/09/16
    20:53

    夏の匂いが雨に乗って
    地面から巻き上がってく風
    坂道下る僕を見つけ

  • いつも不思議と 閲覧数:103
    2013/06/19
    22:32

    おはようっておどけて笑う君で、時間はとっくに昼を過ぎて
    寝癖が踊る頭を少し 、恥ずかしそうにさわるように
    朝ごはんは軽くていいかなって、それより先に顔を洗えば?

  • 雨の思考回路 閲覧数:101
    2013/05/03
    22:04

    青白い光 射し込む月光 ホワイトグレーの壁
    流れてる時間 なおも動かない ユラユラ揺れる針
    キラキラとネオン 涙も共鳴 光れば何よりねぇ

  • 日々 閲覧数:87
    2013/04/10
    22:21

    チョコレートを食べた コーヒーを飲んだ
    いつもより強く苦味を感じた
    良い事があった 嫌な事あった

  • ふわふわ 閲覧数:87
    2013/04/10
    22:17

    久しぶりに見た朝焼けに視線が泳ぎ始めて
    軽く笑い涙目になるいつもの朝6時過ぎ
    いつも君が淹れてくれてたコーヒー自然と探し

  • 君を想ふ 閲覧数:47
    2013/04/10
    19:51

    君を想ふ事が唯一の楽しみになり
    ある意味の孤独になりにけり
    それを知ってか知らずか君は

  • インク 閲覧数:67
    2013/04/03
    10:24

    あの日もこんな夜だった 眠気で痛む目を無理やり開けて
    開けっ放しの窓に そこを塞ぐように詰まる空気に
    嫌気を隠さず舌打ちをしてたんだ

  • Your light 閲覧数:72
    2013/03/23
    16:00

    こんな世界はいらないなんて
    いつから口癖になったんだろう
    いつもそばにいたはずの君が

  • 君と、僕と。 閲覧数:70
    2013/03/17
    22:48

    外の空気はまだ冷たくて
    身を縮めて体を揺する君を見てる
    朝の太陽はもう眩しくて

  • 甘月 閲覧数:43
    2013/02/20
    11:24

    寒空に月を見れば ああ、やっぱそうだ夜みたいだ
    当たり前のことだけど 現実的なデジャヴは消えない
    さっき会ったばかりなのに 会いたくなるのは君のせいか

  • slow walk 閲覧数:67
    2013/02/08
    17:04

    いつもの帰り道をいく
    気分はそんなに悪くないかな
    単調なんて笑うけど

  • process 閲覧数:62
    2013/01/31
    21:14

    思えば 今日まで いつもの僕で
    しょうがない ずっと ずっと
    何も 変われは しないだろ

  • 飾り咲き 閲覧数:73
    2013/01/18
    20:25

    ぐしゃぐしゃな緩衝の音
    この後の衝突は回避不能
    じゃじゃ馬が暴れだす頃には

  • 夢焼け空 閲覧数:100
    2013/01/10
    22:22

    呼ばれた気がしたと
    君が目覚めたから
    夕焼けは静かに

  • word thanks 閲覧数:32
    2013/01/01
    03:05

    思い描いていた以上にキミの夢のスケールは大きかったね
    僕はそれに届くように頑張っていきたいと思うんだ
    何を基準に幸せってやつを決めるんだい?

  • それでも 閲覧数:43
    2012/12/01
    20:24

    駅前の交差点 良かった、思ったより憂鬱じゃないな
    点々と散らばった 傘には、パラパラ落ちていった雨音
    混乱が重なって 僕らは、どうして別れることになった?

  • 夜の夢には空を描いて 閲覧数:39
    2012/11/25
    21:28

    窓の外の夜は暗さを増しているようだ
    そろそろどうにかしないといけないな
    「準備はできたかい?」 普段は無機質な

  • 笑咲 閲覧数:30
    2012/10/20
    14:39

    レンガで作ったハイカラな道を伝って
    誰が歩くかわからぬふざけた道の先
    僕はその写真を三葉見たことは一度もないけど

  • way 閲覧数:37
    2012/09/29
    21:16

    決まれば決まるほど奥の方へ!
    迷路のような直線のsong!
    ほらあと一歩が踏み出せないからやっぱ

  • 月影 閲覧数:84
    2012/09/23
    18:39

    大地に注ぐ月光の光線は
    終わりを知らないまま続いていく
    そこから何か生まれれば少しだけ

  • focus 閲覧数:40
    2012/08/26
    14:42

    星の異様なほどの輝きに
    ふいに目を閉じた3秒間
    そこが世界の果てと偽られ

  • 嘘吐き 閲覧数:42
    2012/07/29
    21:26

    どうにもならないなんて諦めてばかりでさ
    きっと君も辟易してる
    誰かが誰かの顔色を窺うたびにさ

  • 「    」 閲覧数:37
    2012/06/09
    14:51

    笑っていてほしい ありふれた言葉で
    僕はまた今日も曖昧な態度で
    愛してるなんて言っちゃって

  • 揺れ愛 閲覧数:31
    2012/06/03
    21:46

    夜の灯りが窓から差し込み
    君の輪郭をぼんやりさせる
    ひどく曖昧空虚なようでさ

  • 想愛 閲覧数:20
    2012/06/03
    16:45

    子どもの頃はずっと君といた
    夕焼けの公園 喧嘩して
    涙をぎゅっとこらえてた

  • 始まりはいつでも悲しみから 閲覧数:33
    2012/05/19
    12:14

    「この世界は悲しみに満ちてる」なんて
    なに当たり前のこと言ってんの?
    この視界は悲しみの涙を通し

  • Voice 閲覧数:87
    2012/05/14
    22:04

    画面越しの またこの場所 届きはしない
    響く音は 声に変わる 抑揚つけて
    描く旋律 少し不自然 キツい抑揚 割と普通ね

  • レトロアウト 閲覧数:52
    2012/05/01
    22:57

    いつからか錆びれた この街の銀色、空の色
    そこかしこ溢れた 少しだけ欲しいの、愛の色
    複雑に入り組む 貪欲思考から今僕は

  • サンキュー 閲覧数:31
    2012/04/17
    22:02

    小石を蹴飛ばす 風を受けて歩く
    些細な日常が 色とりどりに輝いてる
    僕らが歩いた この道に何が

  • Theory of imagination 閲覧数:33
    2012/04/05
    15:27

    大事な一瞬を簡単に見逃して
    失意の元に負の連鎖を起こした
    悪循環の容態は悪化する

▲TOP