投稿作品

Classic
Modern
  • 睡眠と夜更け 閲覧数:16
    2021/02/14
    15:08

    睡眠と夜更け
    A
    独りで夜をまた生きている。

  • 言葉 歌詞 閲覧数:37
    2020/08/26
    19:17

    酷い朝なんだ
    君は居ないし何故か泣いてる
    窓を過ぎる風を

  • 止められない時間について。 閲覧数:53
    2020/02/08
    20:13

    A
    眠れなくて君を呼んで、
    散々駄々をこねて抱きしめた。

  • 埋められない感情について。 閲覧数:96
    2019/11/09
    13:03

    A
    知らない話の途中で、
    微かに笑う君の頬。

  • 哀哭 閲覧数:72
    2019/08/15
    20:16

    哀哭
    A
    他人の関係がどうだとか

  • トルビオン 閲覧数:84
    2019/05/02
    21:29

    A
    乾いた足音立てて
    知らぬ道の背を踏んでいく

  • リリー 閲覧数:70
    2018/11/24
    01:13

    最低な夜から逃れて
    いつも吐いていた 嘘の黄色さを嘆く
    咲き乱れて 散っていっても

  • 過去吸 閲覧数:52
    2018/06/23
    18:34

    A
    錆びた 手のひらの傷
    透明な 背の色に

  • 追い風を追う 閲覧数:55
    2017/09/28
    22:03


    あぁ、もう
    何もしたくない

  • 歩道橋の上は雨 閲覧数:79
    2017/07/18
    14:26

    環状線に沿って
    今日は端までいく
    降りた乗り換えて

  • 遊泳気球隊 閲覧数:61
    2017/02/20
    21:18

    A
    小さな森にある
    古びた小屋でぼくらは

  • ミズタマ 閲覧数:53
    2017/01/23
    18:19

    ミズタマ
    A
    夕に溶ける 後悔と

  • ラジオ街に哀を 閲覧数:87
    2016/12/18
    20:23

    A
    流れ出したブリッジ
    また日が変わっていく

  • paradise改定案 閲覧数:59
    2016/12/28
    19:43

    A

    僕ら  今銃を 構えて

    明日の 扉を叩くんだ

▲TOP