チューハイPさん

◆ 音楽知識はゼロ。感覚だけを頼りにVOCALOIDの面々と高性能ソフトウェアを相棒に制作にいそしんでます。

投稿作品

Classic
Modern
  • 【本好きの下剋上】土の女神ゲドゥルリーヒに捧げる歌 閲覧数:107
    2017/11/16
    05:24

    出会い初めて知り得た生きる喜び
    たとえ神々が我ら分かつとも
    何が其方の幸せ

  • 北へ。その先の未知へ。 閲覧数:135
    2016/09/10
    08:33

    1.
    網走、興部、上湧別(あばしり、おこっぺ、かみゆうべつ)
    多峰古峰、茨戸、藻岩、美幌(たっぷこっぷ、ばらと、もいわ、びほろ)

  • 心肺停止の猫と胡蝶の夢 閲覧数:52
    2016/05/27
    07:45

    おとぎ話はハッピーエンド
    現実はいつだって
    その先に横たわる心肺停止の猫

  • 知床風歌 -地の涯の風の歌- 閲覧数:75
    2015/05/08
    20:17

    地の涯 風は歌い 氷は去り 海が明ける
    クナウ(福寿草)咲く丘 登り望む 遥かな空 国後  
    神代の昔より 絶えることなく 春夏秋冬 くり返す いとなみ

  • いつか誰かからもらった 閲覧数:82
    2014/06/27
    15:23

    優しくなりたい
    こんな気持ち どこから来たんだろう
    いつの間にか 心に芽生えていた

  • 幾億の空色の 閲覧数:111
    2014/04/09
    03:40

    冷たい海の冷たい風が雪を運ぶ
    渡り鳥はひらかれた空の水際に
    ひととき翼を休め ふたたび飛び立つ

  • Song Of The Care Center NISHINA 閲覧数:82
    2013/09/04
    07:38

    おはよう こんにちは おやすみなさい
    泣いても笑っても同じ一日なら
    明るく楽しいほうがいい

  • ナヴォイ劇場 閲覧数:49
    2013/06/29
    23:41

     鉄の味がするバイオリンの音色
     レンガを積みレリーフを刻んだ囚人たち
     失われた命と残された仕事の結晶

  • WORLD OF PAIN 閲覧数:129
    2012/01/27
    03:21

    1A
     ここでは珍しく雪のちらついた季節 とても寒い夕方のこと場所は階段
     真っ白な顔で隅っこにうずくまる 震えもしていない君を見つけた

  • 大八島 閲覧数:161
    2013/02/12
    01:42

    数多の潮路 八潮路を
    辿る旅路に 身を尽くし
    かおりかぐわし その島は

  • 大海原へ(精華学園校歌応募作品) 閲覧数:352
    2009/10/15
    16:30

    どこへ行こう 何をめざそう 
    海はあまりにも広く 深く
    宝の数は 星の数ほど 

  • 削除しちゃった「天津祝詞」に付いてたコメント 閲覧数:541
    2009/01/13
    08:35

    ◆2007/12/28 22:23 投稿者:alisato
    ひふみ祝詞、聞きましたよー。凄い凄い。
    無国籍RPGの挿入歌にできそうだと思いました。

  • 【がくぽ作品に対する削除勧告事件の顛末】 閲覧数:1,137
    2008/08/11
    00:31

    チューハイです。
    つい先日(2008/08/07)「がくっぽいど」使用作品(&「神威がくぽ」イラスト)が解禁されたわけですが、そこに至る過程(というか裏話というか)をここでさせていただきます。というのも、どうやらそのきっかけとなったのが、私が当事者となった事件のようだからです。ピアプロ利用者の皆様に対し、その詳細を報告する義務が私にあるように思えますので。
    事件のあらましは、ざっと以下のとおり。

  • コンドルは飛んで行く(オリジナル日本語詩) 閲覧数:1,693
    2009/09/19
    20:02

    在りし日の耀きを
    ながる血潮の深く秘め
    滅びし国の跡に 独りたたずむ

  • 巨石 -Like A Giant Stone- 閲覧数:152
    2011/04/27
    07:39

    花は枯れて 音もなく朽ちた
    やせた土も かつては緑
    みのりの時を 見るはあたわぬ

  • わたしはあなたの声 閲覧数:118
    2017/02/16
    10:18

     出逢いは
     まさしく奇跡
     こどものように

  • 天地初めて発けし時 閲覧数:157
    2008/05/04
    23:07

    火が産び
    膨らみて
    御名知れぬ

  • 斑駒とうとうと 閲覧数:95
    2010/01/09
    07:20

    緑の草原 馳せゆかん
    山降る風 切り裂き
    ふちこま 疾う疾うと

  • 深き森 嶮し山 閲覧数:73
    2008/05/04
    22:36

    いと深き森に 忘られし むかしは
    歌わば目覚む
    月の出 むかえ

  • 0の限界 閲覧数:65
    2008/05/04
    22:31

    こんなはずではなかったのに
    がんじがらめに しばられて 身動きとれない
    ヒマが くさるほどあった むかし

  • Call -ほしのこえ- 閲覧数:70
    2008/05/04
    22:26

    ぼくはもう子猫じゃない
    りっぱなひげをたてて
    腕のなか すりぬけた

  • おやすみ かなしみ 閲覧数:45
    2008/05/04
    22:20

    添い寝をする母がうたった
    歌をふとくちずさんでた
    忘れられぬ歌をつくった

  • 薫る風に 閲覧数:129
    2010/02/24
    18:28

    かおる風 つらなる山 いくつも越え
    祈りを乗せて たかく たかく 飛ぶ
    かぐわし名も無き花の香をその身に宿し

  • 風の音色 閲覧数:83
    2014/10/13
    10:35

    青空の向こうから
    とどいた風の音色は
    言葉にならぬ哀しみ

  • コダマ撃って雨染みいる 閲覧数:42
    2008/05/04
    22:04

    きみに言った言葉が そのまま はね返って
    からん、かわらん、かわいた音をたてた
    いびつな心で 言い放った声の うつろなコダマに撃たれた

  • シンデレラ・ストーリーの終わりに 閲覧数:41
    2008/05/04
    21:53

    突然の雨に似ていた
    一瞬で恋がめざめた
    日毎につのる 想いのたけを

  • 素晴らしき人生 閲覧数:64
    2008/05/04
    21:44

    なんどもまちがいくりかえした
    あしたを自分を変えたくて
    いつでも生きてゆくことは

  • たがいの瞳で 閲覧数:31
    2008/05/04
    21:38

    こずえを渡る風のあわいに
    かすかな命の あらたな芽吹きを
    たがいのひとみが ひとしく見い出し

  • ふりあおげば星空 閲覧数:40
    2008/05/04
    21:35

    かぎりない星がひろがる湖の上に
    小舟ですべりだした あの夏の日
    水面に揺られただよい 身をゆだねるうちに

  • 虹の手紙 閲覧数:73
    2012/09/07
    04:27

    とどかぬ手紙 待ちつづけてる
    銀のポストの雨粒かぞえ
    とどかないわけ 探すのにあき

  • 夏追い 閲覧数:106
    2008/05/04
    20:59

    人と比べることで 幸せを確認したり
    誰かの物語を まにうけてたまるか
    傲慢だとしても まちがえる権利がある

  • 自動人形 閲覧数:48
    2008/05/04
    20:53

    山づみの本はくずれ落ち
    CDが棚からあふれだす
    ビデオを数えたら15本

  • 閲覧数:28
    2008/05/04
    20:44

    おひさまから 隠れていても
    涙こらえるほど かなしくもない
    汗のにおいは するものの

  • 風の旅人 閲覧数:35
    2008/05/04
    20:37

    頬うつ風は今日も強く
    旅する人の歩み あざ笑う
    希望は見えない

  • 本音 閲覧数:39
    2008/05/04
    20:29

    根気のないモンキー
    やりきれないノンキ
    飛んでみないチキン

▲TOP