少年少女カメレオンシンプトム(Instrumental) > ツイート

少年少女カメレオンシンプトム

埃を被った薇に 如雨露で水を注ぎましょう
素敵な花芽吹くかな ハローハローハロー
どれだけ自分を愛せても どれだけ他人を愛せても
同じ天秤に掛けるのは ダメなのだろう

ヘッドフォンを レンジでチンしてる
彼の顔が 見えないんだ

ぶつかって 転んで 膝を擦り剥いて
君達は僕を笑うんだろ 笑うんだろ
欲しがって 奪って それでも足りなくて
僕ら 手と手汚し合ったの

助走もつけずに三歩前 そんな急に何処へ行く
変わったのはどちらなの ハローハローハロー
ある日突然思い耽る 例えば明日死のうとして
どれほどの人が涙して くれるのだろう

焦げた音に 彼は聴き入っていて
こんな詩じゃ 伝わらない

いつだって 不安で 震えてるせいで
錆び付いた手首も見ない振り 見ない振り
そうやって 腐って この犬小屋で
僕ら 笑顔を盗り合うんだろう ねえ

色んな痣を隠してまで得たものは、
誰一人だって欲しがりはしないような暗闇でした。

偽って 騙して まだまだ足りなくて
君の顔踏み捻るんだろう あぁ、そうだよ
どうすんだい これじゃ 何も変わらないぞ
彼に 伝えたいことがあるのに ねえ

投稿日時 : 2012/04/25 00:10     投稿者 : Neru

▲TOP