【MEIKO】end of rivers【オリジナル】 > 作品つながり

リバーズ・エンド(出版:電撃文庫 著:橋本紡)というライトノベルを基に歌詞を書きました。




風になびく黒髪   テトラポットの上で
赤く染まるる身体  細い肩を震わせて
全てが仕組まれた運命
何も知らぬ子猫は運命に流されるだけ
彼女は気づいてた 機械仕掛けの出会い
されどこの気持ちは偽り(つくりもの)じゃないと

穏やかで幸せそうな 微笑みを残したまま
全ては1通のメールから
逃げることのできぬ運命の針が回るとき
強く抱きしめたら 壊れてしまうような
命の温もりを胸に抱いて
川はいつまでも 河口へと流れゆく
そこは川の終わり海の始まり

運命の先に 待つものは悲劇
唯一つの救いはこの気持ち
川はいつまでも 河口へと流れゆく
そこは川の終わり海の始まり

_________________________________________________
04/12追記 mp3を置き換えました。

投稿日時 : 2011/04/12 23:53    投稿者 :Ar-gon

■4/13はうちのMEIKOさん1周年記念!です!!新作うpまでにかなり時間がかかってしまいました、Ar-go...

この動画の関連作品

【MEIKO】end of rivers【オリジナル】
▲TOP